2016年04月

2016年04月23日

子供が自主的に勉強する為にしてあげる事 量 難易度編

自主的に勉強すると言う事はやはり大事だなと思う。
ただ、子供が自主的に勉強をしたくなるというのは敷居が低くないとできないよなと思う。

難し過ぎるとやる気もでなくなる。
自主的にやりたくなくなる。

息子は朝やる勉強が決まっているが、起きたらまずそれをやる。
眠くなくて起きれたら自主的に割とやる。それは息子がすごいからではなく難易度と量と組み合わせがうまくいっているからだと思っている。(ちゃんとやっている息子も勿論偉いのだけど、凄いわけではない。)

基本的にどれも、一人で割とサクサクできる内容にしている。やはり、少し難しいと文句を言う。文句を言うレベルに対しては隣で見てあげている。

うちの場合、朝は
・一言日記(適当で良い)
・数字のパズル問題 1問
・音読
・計算問題

一つにつき5分もかからない。
やればすぐ終わると本人も理解している。

数ヶ月間、問題集を変えたりしても基本はこの4つなのでやる内容について息子も慣れてきた。

わたしの経験から言うと、この小さいうちから難易度の高いものを一人でやらせるのはあまり勧めない。

一人でできているようでも結構ストレスがかかっている。すると、自主的に勉強をしたくなくなる子になってしまう危険性があるからだ。

後量だ。これも自分の経験から同じ種類のものを一度に沢山やらせるのも良くない。ストレスがかかる。

私は何度も書いているが、公文式をやらされてきた。
あれは難易度と量がまず適切ではない。
最初のうちは簡単だからとどんどん進んで、気づいたら一気に難しくなってくる。一気に難しくなったら量を思い切り減らすべきだと思う。そうなると1枚でも量が多いのだ。3問くらいで良い。面倒と本人が感じるものは自主的にやらない。強制では伸びるものも伸びない。(強制しないといけないものもある。学校の授業についていけていないのなら強制も必要な事もあるが進みすぎているなら強制しなくても良い)

更にそれだけ進んでるならきめ細かく間違いのチェック等してあげる必要がある。何を間違えたのか?なんで間違えるのか?永遠にミスは減らなくなるから。

難しすぎて、大量のミスの直しプリントを直すだけで日が暮れる。火曜と金曜は地獄だったな。

だからこなすことばかりに目がいって、丸をもらおうというモチベーションは全くなかったし。

とまあ、ケアレスミスの多い子だったのも、性格もあるけどこのあたりのずさんな管理でそうなったんじゃないか?と思う。仕事をしていても致命的なミスはあまりなくてもケアレスミスによるヒヤリハットは多々ある。マニュアルを見ながら必ずやるとか、チェックリストをつくるとか、エクセルの関数やマクロを利用してチェックさせるとかそういう工夫と努力で補っているが、そういうのがなければミスが続出しているだろう。

間違っていないか?しっかり確認するとか、丸を貰うためにチェックするとか、そういう概念がなかったのは公文式で進みすぎた弊害だなと思う。

とまあ、自分の身の丈に合わない問題を丁寧に見てくれる人もいない状態でやらせるのは子供を自主的に勉強しない子にしてしまうので注意が必要。

みんなより遅れているなら遅れているところから丁寧にスタート。ちょっと慣れてきたら一人でやらせる。マスターしたら、又慣れるまではしっかりみてあげる。その繰り返し。

そして、慣れるまでは一度にやる量を減らす。そうしないとストレス。
もし、徹底的に演習させたいなら、ご褒美でも用意して特別な日を何日か作る。
毎日普通にやるのは酷で、そうやっているうちに子供が勉強したくなくなっていく。

なので、無理は基本はさせない。
どうしても無理させる必要がある時は特別なご褒美や期間を設ける。

まずは自分一人で簡単に終わらせられるものからやらせて、習慣化してしまうのが一番かと思う。難易度を上げるのはその後で良い。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 08:02|PermalinkComments(0)子供の勉強法 | 6歳

2016年04月22日

苦手な繰り下がり引き算対策

繰り上がり足し算は慣れてきた。それで、繰り下がり引き算をやらせてみると、苦手なものがはっきりとわかった。

とりあえず、答えを覚えていない。
考えようとしてしまう。
計算をスムーズにやれるようにする為に、悪い癖を取ることを考えて、できなかった問題だけを集めた問題を作ってあげた。

ところが12問もあると、毎日2回ずつやっても答えを覚えない。

なので、その半分の6問に絞って、1枚に2つずつ同じ問題が出てくるように設定した。

更に同じ問題が1枚に二つあるとわかると、悪知恵を働かせ、さっきやった答えを見ようとする。なので、印刷した問題用紙は半分に分かれるように切って利用。

決して特別なことはやっていないが、これは勉強の基本だと思う。

沢山勉強しているのに成果が出ない人と言うのはできないものを潰すための作業がないのだろう。

中学生のとき、成績の良くない女の子が、英語の単語の書き取りを沢山やってるのを見せてもらった。
その子は書いただけで満足してしまっていたのだ。

私は無駄な労力を使いたくないので、基本的にできないものしかやらない。
漢字の書き取りは中学生になってからは知らない漢字ばかりで、大変だったが、まずは答えを見ないで書く。かけた漢字はもうやらない。後はできなかったものを同様に繰り返して、できないものを潰す。

すごいことでもなく、単純なことだ。皆普通にやっていると思っていた。
でも、実際こうやって無駄なく訓練せず、ただ書いているだけで満足してしまう子というのがいるのだ。

こういった勉強法というのは大事だと思う。無駄にただひたすら練習しても結果が出ないし疲れてしまう。勉強嫌いになってしまう危険性もある。

できるようになったら確かに何度も演習する必要はあるとも思うが、できるようになる為にまずやる事は苦手なところ潰しだ。量が多かったら減らして少しずつ徹底的にやって覚える。

引き算繰り下がり問題も、問題数を減らして繰り返す回数を増やしたらあっという間に息子も覚えた。やはり、できるようになると本人も嬉しいようだ。そして、結果はできるだけ早く出してあげたいもの。

既製の問題集のよくないところは本人用にカスタマイズされていないところだと思う。
特に苦手分野がある場合、そこは既製の問題集ではまかないきれないところがある。問題集にお任せでは良くないなとお思う理由だ。

それから苦手探しにはベネッセのチャレンジ等の全般的な問題集は良いけれども、やはりパッケージ化されているものでは苦手克服は難しいと思う。苦手を発見したらそこは徹底的に他の分野別問題集か?カスタマイズ自作問題かで、克服するのが良いと考えている。

いずれにしても、得意不得意、どこでどうやってつまづいているのか?見てあげる必要はある。
計算や、ひらがなカタカナなど、基礎の基礎となるものに関しては、1から10まで全てチェックして、できないものを潰しこむのが理想的とも思う。

まだまだ放置してはいけない歳だと思う。 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 00:01|PermalinkComments(0)計算 | 6歳

2016年04月09日

本選びは重要!活字は好きなもの楽しいものから

RPGに漫画と多読が進んで読むのに慣れてきた息子に、小説を読ませる事にした。
選んだ本は

「星のカービィ あぶないグルメ屋敷! ?の巻 」
というライトノベル。


星のカービィ あぶないグルメ屋敷! ?の巻 (角川つばさ文庫)

角川つばさ文庫という小学生向けのシリーズだ。 
息子はゲーム好きっ子で、カービィも多少やっているので「読んでみたい」との事。

購入してみて、私がパラパラみたところ、小学校高学年で見るような言葉も多々使われていて
内心「大丈夫かな?」と思っていたが、意外にもうまく読み飛ばしているのか?読んでいた。
わからなそうな言葉に関しては私が後で確認しようと思っている。

テーブルの上に置いておいたら、食後にパラパラ見はじめ、そのまま登場人物紹介を見はじめ、読み始めた。一気に20ページくらい読んだ。初めてなので疲れていたが楽しかったとの事。

下の子の習い事があり、夫もいないので息子も一緒に連れて行き、廊下で待たせていた時もその本を読んでいた。漫画、ゲームなど他にも色々もたせていったのに。驚いた。
随分長い事読んでかなり進んだ。

その時、子供というのは、「ゲームだから楽しい!」「漫画だから楽しい!」「活字だけだとつまらない!」ではないのだという事を初めて知った。ゲームもクリアしたり、敵が強すぎたり、なかなか進めなかったりすると飽きてしまうわけで、何が何でもゲームが1番になるというわけではないようなのだ。活字に慣れていて、読む事にストレスさえなければ、要はコンテンツが面白いか?どうか?のみで比べられるわけで、「本だからつまらない」という事にはならないのだなと認識するようになった。

その本は、4月から小学生になるので、学校が始まるまでの朝から学童のお勉強の時間に読めればと思って買ったものだった。だが、その前の週末に、一日中本を読んでかなり進み、最終的には読み終えてしまった。
これには驚いた。

途中、読みすぎて疲れてしまったようで
「ママここから読んで〜」と一言言われたが、今これを一人で全部読み切る事こそ自身につながるわけなので、そこは「妹から目が離せないからごめんね。後でね」とわざと違う理由をつけて断ったりした。
それで、結局自分自身で1冊読み終える事ができた。やはりその自信というのは大きい。

「次のカービィの本も買ってね!」と息子に言われた。
「俺、本読むの好きじゃない!」とつい昨日くらいまで言っていたんだけどね。
別人に変わりつつある。本を読むのは好きじゃなかったとはいえ、読むのは嫌いじゃなかったし、割と得意な子だった。そういう子が楽しいと思える本を提供する事で、本がどんどん楽しく感じられるようになる。

今でも
「保育園の本は好きじゃない」と言っているので、
本が読める事と本が好きな事、そしてどんな本が好きかは別の話。
私は「推薦図書」とかそういう良いと言われる本を読ませるのには抵抗がある。
内容的には多分良いのだろうけど、子供が読んだ時「面白い」とは限らないからだ。

ただ、内容が良いのなら親が読んであげればいいと思う。
子供が退屈な推薦図書を子供自信に読ませるのは酷な事で、こういうのを無理やり読ませていると「本はつまらないもの」という人間になってしまう危険性がある。
今は色んな本があり、漫画が小説になっているものもある。
どんなにいい事が書いてある本を読ませたいと思っても、それを読めるレベルに到達していなければ読む事はできないし、本嫌いになってしまう危険性がある。
そう考えた時、まずは多読させて、活字に慣れさせる事が大事だと思う。そして、自信をつけさせつつ、語彙力を増やすのが良い。

そうしていくうちに、ちょっと難しい本でも言葉の意味がわかるので、読んでみても抵抗がなくなる。
徐々に徐々にレベルは上げて、ストレスをかけないようにしてあげたい。本を読む事がつまらなかったり
、辛い事にしてしまうのが一番良くない。

で、息子は私の作戦がうまく行っているようで、最近は学童で毎日100ページ〜170ページくらいカービィの小説を読んでいる。毎日のように読み終わってしまうので本を買い足し買い足しとお金もかかるし大変だ。

ここで、図書館の本を借りるという手もあるのだが、それは最初のうちは避けたい。
それは「図書館の本」という制約があるだけで、ストレスや何かしらの面倒くささがでてきたりするので本を読む事への負担が増える可能性があるからだ。とにかく煩わしいと子供が思う事は一切なしにしてあげるのだ大事だと思う。

このように、毎日毎日本を結構読む事ができても、まだまだどんな本でも読みたいと思えるわけではない。ここが肝心なのだが、「勝手に好きな本選んでいいよ!」とする事はやめる。まだまだ、何を選んでいいのか?わからないし、難易度も違うので難しすぎるものを与えると、本が嫌いになる可能性がある。それは避けるべき。子供の読むレベルと興味に合わせて親が選んできてあげる事が大事。
(もちろん本人が読みたいものがあるなら別に自分で選ばせても構わない)

そして、丸投げするのも良くない。「買ったから読みなさい」ではなく、自分から読まない子に対しては、登場人物紹介のページなどを一緒に読んであげる。最初の数ページは一緒に読んであげる。面白くなってきて先が気になるところで、「晩御飯作らないといけないから」などと言い立ち去る。すると、その続きが読みたくて、勝手に読み進めるものなのだ。これは数ヶ月前にかいけつゾロリレベルの本で起こった現象だ。途中まで一緒に読んであげたのだが、下の子のうんちが漏れて大変だったので、下の子の世話をするからと放置した。そしたら残りの半分くらいを一人で読んでしまっていた。
なんだか補助なし自転車の練習と似ている。

本を読むのは最初は辛い作業。私は子供のころ、活字が大の苦手だったので読めない人の気持ちが良く分かるのだ。字や漢字は読めた。なんせ小2くらいで公文式の国語が小5くらいまで進んでおり、漢字はそれくらい読み書きできた。でも、文章の内容が全然理解できなかった。語彙力がなかったので読めなかったのだ。意味が理解できない。漢字の意味もわからないものが多い。辛かった。まずは文章を理解できるように語彙力をつける事が大事かもしれない。

息子と私の大きな違いは息子は言葉たくみで饒舌。私は今はまさに饒舌な方だが、子供のころは言葉が頭の中に全く浮かばず、伝えたい事もなかったので言葉を使えなかった。頭の中では映像がメインで言語というものは全くない子供だった。それだけに活字が苦手だった。良く「本を読まないから語彙力が足りないんだ」と言ったりするのだけど、それは逆で「語彙力がないから本が読めない」という方が正しい気がしている。(自分の経験より)

なので、本が嫌いな子にはまず、本を読ませるよりも前に語彙力や文章表現になれる事などを鍛えていく方が良いと考えている。

学童が始まり、一週間経ち、学童には魅力的なおもちゃがあまりないようで、自由時間は読書ばかりしている息子。本は楽しいみたいで、1日何時間も読んでいるようだ。これには本当に驚くけど、今の所自分の戦略がうまくいっているという事で嬉しい限りだ。





 

参考に
角川つばさ文庫↓
http://www.tsubasabunko.jp/menu/
女の子向けの本も結構あり、娘にもそのうち読ませたいと考えている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 16:23|PermalinkComments(0)本を読む子に読める子に | 6歳
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文