2016年09月

2016年09月26日

TVゲームの通信プレイの負けを他のプレイヤーのせいにする息子を叱咤し、本気で助言する親

スプラトゥーンというwiiUのゲームがある。インクを打って、敵を倒したりしながら、塗る面積を競い合うゲームがある。


任天堂が出した久々の人気ゲームで息子はハマっている。
https://www.nintendo.co.jp/wiiu/agmj/ 

通信プレイで4対4で戦う「ガチマッチ」という戦いは、同じチームの人と言葉も交わせないので、空気を読んである程度「自分が積極的にゴールまでつれていく!」というスタンスで戦わないと勝てない。

息子はこのゲームで自分のチームが負け続けると文句を言い、挙げ句の果てには泣く。親からすると最悪だ。なんで好きなゲームをやっているのに泣くのか?ふざけるな!と。
「勝ちたいなら自分一人でゴールをねらうくらいの気持ちでやらないと勝てないよ!」と言っているが息子は同じチームのプレイヤーのせいにばかりする。聞いていて憤りを覚える。
人のせいにするな。自分がやれ!と思うのだが、いつも人のせい。

それで、先日たまたま息子のプレイを夫と見ることがあったので二人で見ていた。
夫も私も多少このゲームはプレイしていて、ルールは熟知している。

やり始めた直後、私と夫は切れ始めた。
「何やってんの!?」

上を向けて銃を撃ったりして遊んでいる。
「本気でやれ!」
「え、だって打ちたかったから」
「そんなんだから負けるんだよ」

更に息子はゴールに向かうやぐらの上に乗らず、寄らなくてもいい敵のいるところへ向かい敵を無意味に倒している。そしてやられて。。。。
「なんでそっちに行くの??敵を倒さないでいいからやぐらに乗れ!」
私と夫に攻めれまくる息子。笑

「えー。だって俺、敵を倒すのが好きだから」
「ねえ、勝ちたくないの?だったら負けても文句言ったり泣いたりしないでね!
あと、他のプレイヤーのせいにもしないでね。負けたのは全部自分のせいだからね!」
もう文句は言わせねーー!!と思った。

やぐらに乗っても、不要に敵を討つためにジャンプして穴に落ちたり、もう見てられなかった。
その都度私と夫は大声でアドバイスをして、そして大声で言い返されて。。。

でも、やはり私と夫がアドバイスすると勝てる率が上がる。
今まで0勝10敗だったのが、2勝8敗くらいになっていく。多分このまま私たちの言うようにやれば間違いなく勝率は上がる。

とやり方を伝授したのに、さっき再び一人でやったら負けが続き、息子は怒っていた。
文句ばかり言うので、
「じゃあ私と夫が今から見てアドバイスしてやるからそれで勝ったら今まで負けたのは自分が下手くそだったからなんだよ!」と伝えた。

そして、1回目はあっという間に勝てた。
チームメンバーが強かったこともあるだろうが、やはり息子の動きが変わったからだと思う。
もう一度だけ「大人の目線がこのゲームでは大事だ」という事を伝えるためにやらせた。
再び、私と夫は本気でゲームを見ながら助言する。
やはり勝てた。

本気で勝ちたいなら、勝てる方法をやれと。
ガチやぐらは5分の間に相手の陣地にやぐらに乗っていければ勝ち。
どちらのチームもやぐらを相手陣地に持って行けなかった場合、今まで進んだ距離が多い方が勝ち。

なので、基本的にはゴールまで持って行きたいけど、持って行けないくらい最後の箇所で敵にやられやすいステージなら先にカウントリード(相手チームより進んでおく)しておく必要がある。
そして相手チームにカウントリードを許さない。そこに絞る事が大事だと思う。
大人はそういう発想になるのだが、小1だとわからない。なので、そこは何度も説明してあげたり、他にもそのために何をするのがいいのか?は教えてあげた。

とにかく、相手チームからやぐらが自分の陣地に向かってくる場合、早く奪い返してやる必要がある。
そのためには、もし、一度死んでしまいスタート地点に戻された場合、その後に直ぐ様やぐらの近くへ行き、奪いかえす必要がある。息子はそれをやれていなかった。スタート地点に戻された後、ちんたらちんたらやぐらの方へ向かっている。他味方3人のいるところへはワープできるので、そのワープ機能を使えば近くへ直ぐに行ける。それをなんで使わないんだ?と。

そういうところをとことん注意してあげたら、2回連続で勝てたわけだ。
やはり、大人の視点が必要で、いかに勝つために必要なことをして無駄なことをしないかが問われる。

息子には何がダメだったのか?自分で答えさせて叩き込んだ。

自分の負けを人のせいにするのは正直許せない。
ただ、もう息子には他の仲間が弱すぎると思い込んでいるので他人のせいにするばかりだ。
このままでは自分の負けを人のせいにする癖がついてしまう。
そう思って、私達は何が負けの原因なのか?真剣に見つけ、指摘した。

親のアドバイスにより、勝率が上がり、ようやく自分がダメだった事に気付き始めた息子。

どんなゲームでも、スポーツでも自分から勝ち取りに行かないといけない。
それをゲームでも伝える事はできる。
なんでもかんでも人のせいにするような人間にはなって欲しくない。

なので、例えゲームであってもこう言った勝負事は厳しくいく。



因みにスプラトゥーンのガチマッチについて。
ガチマッチは「ウデマエ」というランクがある。一定回数勝つとウデマエが上がるが、同じウデマエの人達とのバトルになるので、どんどん周りも強い人になり、強いもの同士の戦いとなる。ある程度勝ち続かないと上に上がれないし、負け続けると「ウデマエ」は下がるゲームなのだ。だから、C-(マイナス)、C、C+(プラス)、B-と上がっていき、A+の上はS(−、+)となるのだが、そこまで上がるにはある程度勝ち続けないといけない。
小1の息子にとってはとにかく大変。 B+まで行ったことはあるが、だいたい、B止まり。そこから落ちて、また這い上がっての繰り返し。

このゲームには多少のコツがあり、それは子供より大人の方が頭がいいので理解してプレイできるというものだ。
なので、大人がやると勝てる確率は上がる。
ただ、操作はやり込まないと上手くならないし、子供の方が飲み込みが早いので子供の方が上手い場合が多い。よって、やり込んだ大人が一番有利だ。(操作がマリオなどの昔ながらのゲームと全然違う)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年09月22日

息子から「温帯低気圧」という言葉を聞いて。私も調べてみる。

息子に
「台風なくなったんだよ。知ってる?」と聞いたら、
「うん。知ってる。温帯低気圧になったんでしょ?」と。

温帯低気圧なんて、どこで覚えたんだ?
私はその言葉最近知ったんだがな。
どこで覚えたのか聞いたら、週一で通っているサッカースクールの先生が話してくれたそうだ。台風が温帯低気圧に変わることが多いと。

ちゃんとそういう話は聞いて覚えてくるんだなと感心したので、私も調べてみた。
参考
http://agora.ex.nii.ac.jp/digital-typhoon/help/life.html.ja

温帯低気圧とは何か?
そもそも、リンクのサイトによると台風の定義は、「熱帯低気圧」かつ、「風速34ノット以上」のようだ。

熱帯低気圧は熱帯という名の通り、中心部が温かい空気のみでできていると。

で、温帯低気圧は中心部に冷たい空気が混ざっている状態らしい。一度冷たくなってしまうと戻る事はないので、台風に戻る事はないようだ。

ただ、熱帯低気圧のまま、風速が落ちた場合は、また風速が上がることもあるようで、すると台風に戻ったりするそうだ。

日本は北と南で冷たい空気と暖かい空気が混ざり合うので大気が不安定。
台風が春秋に発生しやすいのがようやくわかった気がした。

理科の天気の分野はあまり興味なかったが、深いところまで知ろうとするとやはりとても面白い。

息子にこの話を帰ったらしてあげようと思う。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 09:45|PermalinkComments(0)理科 

2016年09月13日

今日やらせる事は毎日紙に書いてあげる

やりたくない事をやらされる場合、なんだかんだ言いがかりをつける息子。

毎日やってる事だからわかっているはずなのに忘れたとか、わからないとかいう事も多い。

こんなところに時間と気力を消耗させられていては、時間も気力も勿体無いので、紙に書いて毎回渡す事にした。
 面倒な作業だけど、これをやるだけで一望できるからか息子も納得する。

勉強したくなくてグダグダ言うのもあると思うが、全体像が見えないと気持ち悪くて進めないタイプなのかもしれないな。

この紙はそういう事でとてもあると良いのだが、なくすとそれ又大変だったりする。

この間、マンションの目の前の道で息子にあったので、やる事リストを渡して先に帰って貰った。私は保育園へ下の子を迎えに行った。 

ところが、保育園で電話がなる。
「もしや、息子?」と思って電話に出てみると、大泣きしながら話している。
「紙なくしてやる事がわからない」
何にそんなに切れているのか?という状態で唖然。

結局ランドセルの中から見つかった。
多分鍵を出したときに無意識に入れたんだろう。

紙にやる事を書いていないと気持ちよくやれないような子は、やはり紙をなくしたりすると大騒ぎなわけだ。

大人になってからも、紙に羅列して潰しこむというのは大事な事だったりするので、これは習慣にし、ゆくゆくは自分でリストを作れるようにしたいものだ。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年09月10日

表も裏も教える事。運動会の踊りがキモくてやりたくないという息子に。

息子が「今日先生に怒られた。」
突然言い始めたので、何があったか聞いてみると、
「運動会のダンスの練習で怒られた。」
と。
「疲れてダラダラしてたから怒られてんじゃないの?」
「うん。そうなんだけど、キモくて。」
「え?キモいって、暑くて具合悪くなったの?」
「いや、違う。ダンス自体がキモいんだよ」
「見た目がって事?」
「そう、キモくてあんなの踊れないよ」

息子らしいな。
私も幼稚園の頃の女の子がお遊戯しているのを遠くから見て、あんなダサい事なんでやってるんだろう。
と一切お遊戯しないレア幼児だったのでとても気持ちがわかる。

ダサくてやりたくないのか、そりゃ仕方ないよな。
まぁ、息子は真面目だし怒られるの嫌だがらある程度は我慢してやっていたんだろうけど、それが態度に出てしまったんだろうな。


因みに息子をダンススクールに1年生になってから通わせている。なので、息子に聞いてみた。
「習っているダンススクールでのダンスはさ、ヒップホップとかで大人も踊るようなダンスだから嫌じゃないんでしょ!」
息子「うん。まあ、全然マシかな。(こういう表現しかできないタイプ)
運動会のはキモすぎるんだよ。」

やっぱそうなんだよね。

それから先日学校の保護者会で、先生が
「運動会のダンスもうお家で踊ってる子がいるようです。お父さんお母さんに内緒だよと言っていたんですけどね。でも、『本番はもっと上手になってやるからいいんだー』と言っており凄いなと思いました。」
と、そんな話を聞いたので、そのダンスをキモいと思っている子は少数なんだろうなと思う。

うちの子はかなり堅物で真面目なタイプだから、「やらなくていいんだ」とサボるタイプではないので、ここで真面目なこと言う必要もないなと思った。

私は
「運動会のダンスがキモいと思う自分の気持ちは大事にしな。キモいと思う気持ちは嘘じゃないし。無理して頑張ってやる必要はないけど、先生に怒られたくなければ怒られない程度に適当にやればいいよ。」
と言っておいた。

大事なのは自分の感性を大事にする事。
学校の行事で集団生活だから合わせる必要はあるけど、そんなことわかっているし、できている。感情にまで蓋をする必要はないのだと。

そういう事って、特に子供の頃は誰も教えてくれないし、親や先生はいかにも正しい事か言わないのが一般的。
やっぱり、そういうのをそれが正しいと思い込んでしまうのが一番恐ろしいし、息苦しいし。

表も裏も正義も悪も、両方教えていくものかなと思う。

正しいとされる価値観を押し付けられると、心の病になってしまうかもしれないし。納得いかない事はとことん聞いていいと思うし。勿論理屈で説明できない事もあるから対応側は難しいんだけどね。

よく、「自分で考える子を育てる」とか陳腐に使われているし、中学受験算数とかで「考える力」とか言うけど、「考える力」というには視野が狭すぎるし、受験算数やっていたところで、算数や数学のレベルは高くなると思うけど、生きる上での考えるが育つとは思えない。

受験算数やったから生きる上での考える力が育つと思っている人なんていないかもしれないけど、どちらかというとそれを売る側はそういう謳い文句でつい突っ込みたくなるものだ。

なんか、恋人を見つけるために出会いを探すわけでもなく自分磨きに勤しむアラサー女性みたいで、目的と努力の方向性が違っているからおかしいのだ。

考える力を育てようと思って育てられるのはその子の周りの大人。
後は、自分自身が悩んで苦しんでしか得られないと思う。

私は息子に一つの事に対して色んな考え方があるんだと都度教えていきたいな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年09月08日

2桁-2桁の繰り下がり引き算



2桁-2桁の繰り下がり引き算、9日目にしてようやく全問正解。

とは言え、今まで間違えたのは全て、1の位。2桁-2桁のやり方は十分に理解していて、10の位は間違えないのに、基本的な暗記がしっかりできていないから1の位を間違える。

まあ、1の位を完璧にするためにこれをやらせているわけだから良いかなと思っているけど。

因みに15-8等の基本の繰り下がり引き算のみの問題はプライドが許さないようでやりたがらない。

朝、基本の繰り下がり引き算の式と答えを写させていたが、すごく嫌だったようで毎回怒り、やるのをやめることにした。

とは言え、朝晩繰り下がりの引き算はやらせたいのでどうしようかなと。
夜やっているこの2桁-2桁の計算プリントを少なめにやらせるのはどうか?と思い、本人に確認すると「いいよ」との事。

最初のうちはミスをするたびに自分が許せないようでかなり切れていたが、毎日やって随分慣れたようだ。
それもあり、そこまで嫌がりもせずやっていた。

本人が嫌がらずやれるものが一番良い。
多少背伸びしていたとしても、慣れてくればなんとかなる。とりあえず、毎日毎日これを当分は続けたいものだ。

四則計算は本人のやりたいやり方で沢山やらせるのが良い。
「嫌だ」と言われたら、やり方を変えてみる。
ただひたすら、無理やり覚えさせようとやらせても良い結果は出せるものではない。

覚えるためには何回も反復しなきゃならない。反復は大変な作業だから、本人が一番嫌がらないやり方を見つけるのが大事だなと思った。

ノートに写す。
暗記カードを使う。
音読する。
アプリでやる。
問題を解かせる。

パッと思い浮んだものだけでもこれだけ方法はある。

更にうちの子のように、プライドが高い場合は難易度をあげて、基本的な暗記ができるようなものを用意する。

簡単なものの方がやりやすい場合は簡単なものを出題する。
最終的に覚えればよい。

そう考えると、頭の柔らかい4歳、5歳くらいのうちに繰り上がり繰り下がりの基本の計算36パターンまではやっておいても良いかもしれない。

2桁-2桁以上は頭が論理的にならないと難しいので。

自分の子供に教えて初めていろんな事がわかり面白いものだ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文