2016年11月

2016年11月29日

最近減ってしまった息子の読書時間 息子に嫌がられずにどう増やしていくか?

息子の読書時間が最近減っている。
学童にあるゾロリは知らぬ間に結構読んでおり、後五冊くらいでコンプリートみたいだが、家では本をあまり読んでいない。
コロコロコミックを毎月全漫画読んでいるくらいか?

夏あたりから私も色々疲れてしまい、読書に対して放置してしまった。
繰り下がりの引き算や漢字が夏休み明けから始まったので読書どころではなかったし、息子のゲームをもっとやりたいという気持ちも強く、下手にストレスをためさせない方が良いよなと思ったからだ。

だから、読書に関しては学校の読書の時間にお任せして、放置した。

最近、ようやく生活スタイルが定着して来て、良い感じに文武両道ならぬ、文遊両道といった感じになってきた。

又、学童で宿題を終わらせ、留守番中にやる事を終わらせ、タスク消化の効率化が進んだ事もあり、ゲーム時間が少し増えすぎた気がしている。

習い事のない日は結構ゲームもできているので、夕食後はゾロリレベルの簡単な本を毎日読ませようかなと思うようになった。

というのも、先日の週末、洗濯物とまだ読んでいない頂き物のゾロリの本を一冊読んだらゲームをやって良いよということにしたのだが、洗濯物より先にゾロリが読みたいと積極的に読み始めていた。

薄い巻だったので、15分もかからなかったが、細かい字も隅々まで楽しんで読んでいた。

「あのレベルの本なら嫌がらずにむしろ、楽しんで読むんだな」
と、改めて思った。

最近は自分も息子のために本を積極的に借りたりしていなかったので、以前のように図書館のウェブサイトから予約する事にした。

とりあえず、ゾロリレベルの本で良いから毎日一冊は読ませたいなと。
やはり、読書というか、文を読む事に慣れている方が色んな面でよい。

本の内容がどうのより、とにかく活字に抵抗がないようにするのが目的なので、本は適度に読ませたい。

ただ、やはり、どうすれば難しい文体でも抵抗なく読むようになるのか?は課題だ。これもやはり慣れかもしれない。

これに関して自分だったらどうだろうと考えてみると、毎日少しずつ、読ませるのがよいかもしれないと考える。毎日少しずつ読ませる事でその文体にも慣れてくるはず。

難しい文体の物は一度にたくさんの量を読ませてはいけないと思う。ゾロリレベルなら一冊以上でも構わないが、文体が硬いものなら量を減らしてあげる。内容が難しかったり、知らない言葉が多いものも親が読んであげ、解説も都度してあげる。

そうするしかない。

ここで大事なのは、
・内容
・文体
・語彙

この3つのレベルによって、本の与え方を変える必要があるという事だ。

内容がわかりやすい、且つ文体が読みやすく、語彙レベルも普通なら、量が多少多くても読み切れる。読み切る事で自信をつけてあげられる本だ。

文体の難易度が高く、内容がわかりやすく、語彙レベルが低ければ、少しずつ一人で読ませる。

語彙レベルが高く、その他の難易度が低い本の場合、親が言葉を説明しながら読んであげるのが良さそうだ。

内容が難しく、その他の難易度が低い場合も親が解説しながら読んであげるのが良さそうだ。

この辺のレベル調整をせずにストレスのかかるような本を与えてもやはりマイナスにしかならない気がしている。

さて、うちも文体が難しい本は少しずつ読ませる計画を立てて行かねばな。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 17:25|PermalinkComments(0)本を読む子に読める子に | 7歳

2016年11月28日

息子は聞いて来た。「何でアンパンマンの時いつもこのCM(ムーニー)流れてるの?」 こう言う疑問、良い疑問。どんどん答えてあげたいもの。

アンパンマンの途中に流れるムーニーのCMを見て息子は聞いて来た。

「何でアンパンマンの時いつもこのCM流れてるの?」と。


何て良い質問をしてくれたんだ!息子よ!


私「良い質問だね!オムツを沢山買ってもらうためだよ。アンパンマンの見ている子はオムツ履いてるでしょ?」


息子「うん」


私「その子のお母さんに見て欲しいから、オムツを履いている子がお母さんと一緒に観ていそうな番組にCMは流しているんだよ!

おじいさんが見る番組にオムツのCM流して意味あると思う?」


息子「いや、ない。」


そうだよね。と、他にもテレビのCMに流してもらうには凄いお金がかかる事や、テレビのCMに流して貰えば、みんなが良さそうと思うものなら凄い沢山買ってもらえると言う話をした。


大人にとってみたら当たり前の事だけど、私も子供の頃アニメを見ていていつも「〜の提供でお送りいたします」とかそう言う言葉が何なのか?気になってはいた。


息子と違って何でも親に聞くタイプじゃなかったから聞かなかった。


普段から親に何でも聞けると言うのはやはり良い事だなと思う。


私は親にわからないことを質問しても面倒臭そうにされたり、あまり歓迎された感じがなかったから、あまり聞く気になれなかった。

「株って何?」と子供の頃に聞いた時に親は「難しくて教えられない」と言っていた。


「難しくて教えられない」とか困られると、困らせても仕方ないから聞くのやめようと思うもの。


やはり、親はわからなくても「わからないから後で調べておくね!」と伝えたり、前向きに答えておいた方が、子供はよく質問が出てくるようになる気がしている。


ただ、子供がどんな事にも口を挟んでくるようになると面倒くさいこともある。


夫婦で、楽しい話ではなく、どちらかと言うと口論みたいな事になっている時に息子は土足で踏み込んでくる。

本当、そう言うところはかなりKYで迷惑なのだが、親が使っている固有名詞が何のことかわからなくて、両親は深刻に話し合っているのに「〇〇ってなに?」と聞いて来て、そのまま無視していたら、再度怒鳴り口調で「〇〇ってなに?」と聞いて来て大変うざかった。


本当はそこでブチギレたかったが、大人な私はさらりと一言それについて説明した。


物でも投げつけてやりたかったな〜と正直思う。(笑)

「〇〇ってなに?」は良いことだが、まだ空気をそこまで読めない幼い子の場合、こんな事が起こりうるので聞かれる側としては嬉しいことばかりではない。


ただ、これからの時代は自分で物事に疑問を持つ事や知らない事を知ろうとする意欲関心がとても大事だと思うので、やはり前向きに答えてあげる親の方が子供の為には良いことだと思う。


又、こういった社会の仕組みについては普段からどんどん教えていきたい事だ。

一度説明してもらって納得しても又忘れるのが人間。

何度もなんども、初めて話すと思って説明してあげる事で定着してくる。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 17:29|PermalinkComments(0)身近なものから考える | 7歳

2016年11月25日

習い事の費用対効果なんて長く続けなければわからない 何を目的にするかを明確にすべし!

習い事にかけられるお金は大概の家では限られている。限られた金額の中で何をやらせるか?何を続けるか?悩ましい。

その習い事は費用対効果がいいか?悪いか?
かなり難しい。
安くて良い先生や良い教室に当たればそれはラッキーだが、良い先生や良い教室は多くない。大概が「普通」のお教室だ。

勉強メインの塾だとかは別にしておき、ピアノやプール、英会話と言った習い事の場合、基本的には近場で安い教室がよい。
なぜか?

それは長く続ける事を前提とした習い事だからだ。
高い教室だからと質が良いとも限らない。特別なシステムやオプションがあって高いのであれば又それは別問題だが。

ただし、子供にかなりの才能があり、親のコミット量が多いのであれば単に高い教室ではなく、金額は問わず、質を追求して通える範囲で広範囲に「良い」と言われる教室を探すのが良いと思う。やはり良い先生というのはいる。その先生に教えてもらえば更に上達するだろう。

又、逆に、苦手を克服する為、嫌いを克服する為の場合も、先生を選んだ方が良い。

だが、子供のレベルや親のコミット量がそこまでなく、特に苦手意識もないのであれば、近くて安くて長く続けられる教室がよい。向いていなくても長く続ければそれなりになるのでとにかく長く続けられる事が大事だ。

習い事にもよるが、勉強以外のものなら5000円以下が理想で毎週でなく、月3回とかでもよい。長く続ける事を考えたら1ヶ月にかかる金額が安い方が続けやすい。

うちもサッカースクールとスイミングスクールだけは5000円を気持ち超えてしまっているが1万円以下には抑えたいところだ。

以前通っていたピアノ教室は8000円くらいして、高いなと思っていたが更に設備費などで1万円を超えていた。そもそもピアノ教室は自分は5000円で通えていたらしいので、1万円は高いし、1万円も出すと「ちゃんと練習しないならやめなさい!」とか、「なんでうまくならないんだろう」という気持ちも出てきてしまうだろう。(まだ子供が小さかったから私は思わなかったが)

ピアノは長く続ければ、素質がなくともエリーゼのためにくらいはいずれ弾けるようになるし、流行りの曲くらいは楽譜を買えば弾けるようになる。それをピアノ嫌いで未だに楽譜もろくに読めない妹を見て知っているので、長く続ける意味はあるなと思っている。

だから、息子の練習量も1日5分以内、1回ずつとめちゃ少ないのだが、それでも毎日嫌がらずやれている事に価値を見出している。毎日やる事が大事だ。週1回集中してやるより意味があると思う。

毎日ではなく、週1回だと何が問題なのかといえば本人にかかるストレスだ。
ピアノがもっと嫌いになる。
やりたくないから渋々週一の練習。
週一だと、まとめてたくさん練習する必要があるし、全くできないものを一気にやらないといけない。これはストレス以外の何ものでもない。

毎日1回ずつなら(本当は2回くらいやると丁度よいのだが)昨日できなくても今日できるところが増える。ストレスがやはり少ない。ストレスが少ないと本人が練習する事にあまり抵抗がないので「練習しなさい!」とガミガミ言う親側のストレスも少ないし、長く続ける事がしやすい。少しずつでも上達していれば親側としてもそれなりに満足はできる。例えお友達に比べ進度が遅すぎても。

月に1万円もかけると色々親側の気持ちも変わると思うので、安く続けられる教室が理想的だ。ちなみにうちは通いたかった近所の個人教室がなかなか空きが出なくて、でも、息子との約束の年中さんになってしまったので、そこに順番が回ってくるまでは他の教室に行く事にした。ちなみに近所の教室は良心的な月謝だ。

後は親が目的を持つ事。
「子供がやりたいと言ったから始めた」
と言うのであれば、どのレベルになるまでやるのか?それにはどのくらいの期間必要なのか?ある程度把握し、決める必要がある。ただ、目的なしであっても、成果を求めない、練習量を求めないのなら問題はない。

だが、あまり本人にやる気がなくて、進みが悪いのなら、先生に「進みが悪いことは気にしていない」と伝えて、そこは握っておいた方がお互い良いと思う。そうしないと、こちらが望む以上の宿題を出されたり、進みが悪い事を申し訳なく思われたりするかもしれないからだ。沢山練習してきて当然と思われている場合、「なんでこの子は練習してこないんだろう?」と疑問を持たれてしまうかもしれないからだ。

どんな習い事でも、一生懸命練習したものに関してはそれなりの成果がでる。
又、ゆっくり進めていても長く続ければ、それなりになる。

この2点が基本であり、それをどう進めるのかはそれぞれの親子が決めるところだと思う。

うちは習い事を6つも習っており、習わせすぎと言われもするが、それぞれ目的があり、やっている事なので、どれもある時期がくるまではやめられない。

もう少し目的が曖昧のものも含めたら後2、3個は習わせたいところだ。だが、時間もお金も限られているので、とりあえず現状維持だ。

その代わり、小学校のうちは普通の塾には通わせる予定もないし、中学も公立に行く予定なのでその分習い事にお金をかけると言ったところだ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2016年11月23日

初めての学校での漢字テストの結果に「なんでこれ書けてないの?」と思ったが…よくよく見て見るとわかる事がある

初めて小学校で漢字テストみたいなものをやってきた。

いつも、帰ってくるプリントはほぼ全問正解なだけに、少しだけショックというか、漢字の書きはあまり得意じゃないから「やっぱそうだよね」という感じだった。

ただ、よくよく見て見ると「男」も「九」も書ける漢字だ。なので、息子に聞いてみたら、
「俺は書いたはずなんだけど」
と言い張る。つまり、見落としてしまったという事だろう。ケアレスミスだ。
「八」は形が指摘されているので、寧ろ指摘してくれてありがとうございますという感じだ。

「四」をなぜか「九」と書いているのにも驚いた。「四」は書けるはず…。なので、
「これは?わからなかったの?」
と聞いたら、わかっていたんだけど何故か勘違いして書いてしまったと。

確かにそういう事あるよな。
私も中学の理科のテストで、土星の写真を「木星」と間違えて書いてしまったことがある。
土星だなんて5歳の時から知っていたし、間違ったことなどないのだが。
テストが終わって、
「あれ?なんか私、木星って書いた気がする」と不安になっていたら、実際木星と書いて×が付いている答案用紙が返ってきた。しかも、テストでは見直したんだけど、見直している最中も頭の中で土星が木星に入れ替わっており気づかなかったと言う…。

だから、息子がやってしまったことは理解できる。

こうして間違えた箇所に関しては、漢字を覚えているかにあまり関わらないものだったので一安心した。
ケアレスミスは良くないが、息子の性格から考えると今から見直す事を教えれば間違いなくケアレスミスを減らすタイプだとわかるからだ。(慎重な私の妹に性格が似ている為)

と言うのも、息子は漢字の書きが得意ではなく、チャレンジタッチの国語で一つの文字につき数カ所間違えては直している。更に息子が間違うたびに泣いて切れていたのだが、実際のところ全く覚えられていないものでもない事が最近わかってきたからだ。

間違えた問題を直す時に、どこを間違えたのを本人がわかっていて直している。
「ここをはねなかったから×だった」とか、「ここを突き抜けたから×だった」と。漢字がチャレンジタッチに出てきた最初の頃に比べて随分漢字に対して慣れてきたんだと最近わかった。

自分は2年生の時には公文式で5、6年生の漢字をやっていて、学校の授業で漢字を身につけた覚えがない。正直勉強が嫌いになる程あそこまで漢字は何度も繰り返しやりこまないとダメなものかな?と懐疑的になっていたが、息子の漢字の習得を見て思うことは、あそこまで無意味にやりこむ意味はなかったなと言う結論だ。

息子は漢字の書きに関してはチャレンジタッチと学校、それから一冊だけ市販の問題集を少しずつやらせているだけだ。

市販の問題集も、1漢字につき12マスあるところを4マスずつしか書かなくて良いとしている。1周を早く終わらせ、何周かやらせようと思っているので。

又、できる日はその日に学習した漢字はその日のうちにテストさせたりもしている。脳に定着させようとするならやった後1時間後に再びやるのが良いと記憶力の本に書いてあったからだ。

一度覚えるまでに沢山練習するやり方は非効率で、沢山書いた割には身につかないと私は思うので、一度覚えてから、定着の為に手で覚えさせると言う反復演習をさせようと思っている。

学校でも、漢字ドリルみたいのはやっているので、そこでも反復演習している事になる。息子に関してはこれだけの量をやれば意外と覚えるのだなと言う感覚が掴めた。
(人それぞれ必要な練習量は違う)

私は公文式が進んでいたので小学校で、漢字と計算は学校で会得した覚えがない。だから学校の勉強とプラスαくらいで大丈夫なのか不安だったが、家での予習と学校での復習と、ちょっとのプラスα(漢字の問題集)家庭学習で覚えられるのだなと気づき、正直驚いている。
「学校使えるじゃん!」って最近思ったところだ。ひらがなの形を都度赤ペンで指摘してくれるし。計算も授業と宿題が反復演習になっているし。

この、学校の授業が復習になるレベルの予習が丁度良いなと思う。それ以上はやり過ぎ進み過ぎで授業がつまらなくなる危険性があるのでは?と。

そもそも私は小学校時代、学校では計算漢字以外に関しては家で勉強してないから理解度が上がらず、あまり楽しめなかった。特に理科社会と漢字以外の国語、計算以外の算数。
落ちこぼれはしなかったけど、あんまりよくわからないからつまらなかった。(テストの点はそんなに悪くなかった)
勿体無かったなと思う。

家で、そこそこの予習をしていれば授業が楽しくなると言うことを知らなかった自分は損したなと思う。
学校を復習の場にできるんだとも知らなかった。

ポピーとかはなんかやらされていた気もするけど、殆ど記憶にない。
チャレンジは小4になって始めたけど(今考えると公文やめたからチャレンジ始めたのかな?)、全く管理されなかったからあまりやらなかった。

少し脱線するが、小学校のうちはある程度親が管理しないとやらないよねと私は思う。
厳しい人は小学校高学年なら自分でやれと言うかもしれないが、それは1年生から一人でやる習慣を少しずつ身につけさせてもらった子だけにできること。

公文式だって毎日親に「やれ」と言われて嫌々やっていた私がチャレンジになったらいきなり一人でできるわけない。
そりゃ最初のうちは張り切って、スケジュールシールとか貼ったりしたけど。
自分は怠け者だから怠け者の気持ちがよくわかる。
自分からやる子なんて一握りだ。

だから、私を始め、ある一定数の子は親が管理しないと小学生のうちは勉強を自主的にはやれないのではないか?と思う。(私は中学になってからは自分である程度管理した。中学以降はテスト期間が決まっているので本人が管理する事が割としやすいのかもしれない)それは私が計算と漢字の基礎はあったとはいえ、真ん中よりは上にいたのでそれより下にいた人達は基本勉強は私よりしていないか、勉強が結果に結びつかないやり方をしていると言うことから思うのだ。

そう言うわけで、話が少し飛んでしまったが、予習しすぎは授業つまらなくなる人もいるみたいだが、そこそこの予習は授業を楽しくするのは間違いないだろうと思う。

で、息子の漢字の話に戻すと、このプリントをよく見ると、結構うまく書けている漢字が意外とあって、それが嬉しかった。
と言うのも、息子は見ながら書くとうまいが、見ないで書くと端っこによっていたりバランス悪かったり下手くそなので。「見ないでこんなに綺麗にかけたんだねー!」と褒めてあげた!

ついこの間まで、ますの中のすごい位置に書いていたりしたので、こんなにうまくなったのかと感慨深かった。
そう言う意味で、チャレンジタッチの漢字は書きにくさとかを考えなければ意外と細かく指摘してくれる事が息子には響く教材なのだと思えた。

最初のうちはチャレンジタッチに間違いを指摘されるたびに切れたり泣いたりしていた完璧主義な息子なだけに、適当な字でも丸にしてほしいと思っていたくらいだ。

だが、指摘される事で、こんなにポイントを押さえられるならこれはこれで良いなと思えた。
息子もだいぶコンピュータからの厳しい指摘に慣れてきたようだし。

とまあ、子供のテストの返ってきた答案用紙は見るといろんな発見や対策の参考にできると言うわけだ。

当たり前といえば当たり前なのだけど、本人任せではなく、親のように身近で客観的に見れる人が見てあげる方が良いだろうと実感した。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 22:05|PermalinkComments(0)漢字 | 7歳

2016年11月22日

すべての子に言えることではないが、その子に任せた方がいい場合もある

子供の性格や成熟度などによって異なるので一概には言えないが、本人に任せた方がいい子と言うのがいる。最近気づいたのだが、うちの息子が割とそのタイプだということ。

ただ、最初からすべて本人任せというわけではなかったし、それをやったらすべてうまくいかないから嫌になってしまっていただろうと思う。
「これなら自分でできる」と本人が思えるようになっただろう部分は本人に任せるというのが適当かもしれない。

今息子に任せているのは、私が作ったTODOリストを終わらせる事。
終わらせれば好きな事(主にゲーム)をしても良いという事。
そして、その時間私は仕事で家にいない。

息子は学童があまり楽しくないようで、(楽しい子は楽しいのでうちの子の問題です)更に言うととにかくゲームがやりたくて仕方ない状態。(私も小2の時にファミコンを買ってもらって それから小学校時代は基本的にゲームのことばかり考えていたのでその気持ちはとてもよくわかる。)
なので、息子は1年生だが割としっかりしているので、ゲームをやるために学童から早めに帰ってきて
「やることを終わらせたら好きな事をしていいよ」
と約束をして、そのようにさせている。

何をやるかはまだ1年生なので、親が決めている。



このようなTODOリストだが、基本的に息子は真面目な性格なので約束は守ろうとする。
嘘をつくのも好きじゃない。だから基本的には信じている。
だが、音読やピアノ、英語は録音させている。
ipadの録音アプリで録音しておいてもらう。

それは、本人はちゃんとやったつもりでもうまくやれなかったりする事もあるので、できるだけ親が見てあげたいのだが、すべてつきっきりでやると夜時間がいろいろかかりすぎて寝るのが遅くなってしまうので、私がいない時間に早く終わらせていてほしいからだ。

こういった録音することも含め、息子は私に何から何まで指示されないで自分でやりたいタイプなのだと最近わかってきた。それは、私が介入するといちいち文句やおしゃべりが出てきて全然進まなくなってしまうのだが、一人で自分の裁量でやろうとすると早くやりたい事をやる為に、集中して終わらせるからだ。

それから、家に帰ってからやり忘れないように「やることやってから!」と紙を貼っている。

やはり、子供なので何かに気を取られていたら忘れるだろう。なので、この写真のように必ず見るところに紙を貼っておくことで、「忘れた」と言う言い訳もできなくなる。 

因みに宿題はプリントは学童で終わらせてきている。女の子は割と学童で終わらせている感じだが、息子はやっていなかった。だが、早く家に帰ってきて、やる事終わらせたら好きにして良いルールになった途端、家でのゲーム時間をできるだけ多くとれるよう学童で宿題は終わらせてくるようになった。やりたい事があるというパワーは本当に凄い。
 
これらはあくまでうちの場合だが、子供によってはうちのように一人でできるものは本人に任せてしまう方がうまくいくケースがある。
息子は私がいると甘えて愚痴ばかりなタイプな事もあるので、復習的なものや一人でできるものは私のいないところでやってもらう方が今の所はうまくいっているというところだ。

とはいえ成長とともに、本人の心の中も変われば、勉強内容も変わるので、都度修正が必要だ。でも、一人でやらせる事でこう息子とぶつかる事が減ったり、文句を言われたり八つ当たりをされる事も減ったので親としてはストレスが減り、その分更に息子に優しくなれると言う好循環が生まれているのがわかる。

次の山場は九九だとわかっているので、もう少ししたら九九に取り組もうと思う。苦手分野は早めに着手し、親子共々焦らずのんびり九九は定着させたいところだ。

九九を始めるまでは割とこんな感じで平和に過ごせる気がしている。

ちなみに息子は、自分から積極的に勉強をするタイプではない。
誰からも管理されなければ全くやらないだろう。だから、一人でやれている事は息子がそういうのが得意だからというわけではないだろう。
ただ、いろんなタイプの子がいるのと、一人一人成長のスピードは違うので、うちと同じように皆んながこのタイミングでできるようになるというものでもない。

だが、半分くらいの子は親が徐々に仕向けていけばやれるのではないか?と思う。だから特別なことではないと私は思っている。

それから、かならず宿題の確認と、録音物は息子の前で聴く事。
お手伝いに関してはうちの場合は私が帰って来てまず最初に褒める。そして助かると伝えるようにしている。

実際かなり助かっており、洗濯物畳が嫌いな私としては本当にそれだけでストレスが減る。早く娘も大きくなって、他の家事をやってほしいなと思っているくらいだ。笑


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 17:34|PermalinkComments(0)子供の自己管理 | 7歳
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文