2016年12月

2016年12月25日

2桁-2桁の繰り下がりを先に特訓していたら、2桁+2桁の繰り上がりの足し算は勘でやり方想像できるわ、計算は間違えないわとびっくり。



自作の繰り上がり足し算プリント。
エクセルの関数 rand() rank() vlookvp()を使用し、並び順はランダムにだせるようにした。(エクセル関数大好き)

これをやらせてみてわかったのは、タイトルのまんまだが、繰り下がりの2桁-2桁を先にとある事情でやっていたことで、繰り上がりの2桁+2桁の足し算が難なくスムーズにできたという事。

足し算と引き算には関係性があり、なぜだかよくわからないが、引き算をやっていると足し算にも影響するように感じた。

詳しくは ◆計算カテゴリ 一覧◆ を参照

ちなみに2桁-2桁の引き算はできるようになってからは毎日朝12問ほど解かせるようにしている。
(朝起きれない日など除く)

そもそも、息子は繰り上がりの足し算はそこまで苦労しなかったというのもあるかもしれない。
大人から言わせると、繰り上がりも繰り下がりもどちらも難易度は同じと思えてしまうのだが、息子は繰り上がりの足し算は苦労しなかったのに、繰り下がりの引き算はすごく手こずった。
そういう事を考えると、繰り上がりの足し算が苦労せずにできたのは納得できる。

ただ、解き方も想像できたのは2桁-2桁の繰り下がり引き算を先にやっていたからだろうと思う。
面白いものだ。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 02:11|PermalinkComments(0)計算 | 7歳

2016年12月14日

寒くなってきて布団から出られない息子に起きる為にさせた事は?!

最近寒くなってきて布団から出られないために、起きれずそのままギリギリまで眠ってしまう息子。
私はそれでもいいと思っているのだが、息子は早起きして、ゲームがしたいといつも怒っている。
ただし、ゲームはやる勉強やってからという約束付きではあるのだが。

で、「どうすれば息子が起きれるか?」を考えた。
まず、朝、手首につけているバイブアラームが鳴ったらすぐにゲームをするというのはどうだろう?と提案した。
(過去記事 早起きして朝からゲームをやりたい息子のために  バイブレーション機能つき腕時計を。オンオフの激しい子にはノルマ制を。を参照)
勿論、やめられないようなゲームじゃなくて、すぐに終わらせらるようなもの。
すぐに終わるゲームって何があるか?それも考えた。
そこで私が思いついた事は
「妖怪ウォッチの1日1回限定バトル妖怪を倒す!」 
という事だ。

1日1回妖怪というのは、割と強くて、レアで仲間になかなかできない妖怪なのだが、1日1回しか戦う事ができない妖怪。
仲間になるまで戦えるし。
で、息子にその提案をして、セーブポイントからすぐに行ける1日1回妖怪を頭の中で検索させたら、出てきた妖怪が1匹いた。(名前は忘れたがヘーゼルタイン邸にいるやつだったはず)
それを倒す事にさせた。

まだ、数日しか経っていないが一応うまくいっている。
だいたい目覚ましアラームが鳴ると私も目は覚めるので、起きなさいと叩いたりできるのだが、なんせ寝ている位置が下の子を挟んでなので、起き上がらない限りあまりしつこく起こせない。(私もギリギリまで寝ているので起きるつもりもない)
だから、一回叩くくらいで目が覚めたら速攻枕元に置いてある3DSをやらせる。
やはり、ゲームが始まってからは目がさめるようで、戦い終わったら速やかに部屋を出て行っている。

そして、用意されている朝の勉強をやり、今夢中のポケモン サンムーンをやり始めている。

サンムーンも、少し前まで途中で進めず止まってしまい、その間しばらく3DS朝起きてやりたい!というほどのゲームがなかったのだろう。だから起きれなかったのだ。
やはり、結局のところ、起きてからやりたい事がないと起きれない。
逆に、起きてからやりたい事があれば起きれるものなのだ。

先週あたり、私がネットで調べてあげたら進む方法がわかり、そこから又サンムーンに熱中している。
それをやりたいという動機も大きいのだろう。
だが、それだけでは起きれなかったのも事実。
「やりたいから起きれる!」と言い張っていたにも関わらず、やはり布団から出られなくてダメだった日があったのだ。

起きる為にはやはり仕組みづくりが大事だなと改めて思った。
そして、都度やり方は更新しないといけない。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:22|PermalinkComments(0)子供の自己管理 | 7歳

2016年12月07日

息子が「もし戦争に行かなきゃならなくなったら何歳からなの?」と怖がって聞いてきた事

最近息子は一人でお風呂に入っている時間に、
「日本がもし戦争する事になったらどうしよう?」
など考え、勝手に怖がっているようなのだ。

それで、
「もし戦争に行かなきゃならなくなったら何歳からなの?」
と聞かれた。
憲法9条の事や改憲の事など何かの度に話しているからか、恐怖を抱くようになってしまったようだ。

「たぶん行くことはないと思うけど、もし戦争に行けるとしたら高校生くらいからじゃない?」
 と答え、それについて色々話してあげた。

もし、日本人が戦争に行く必要が出てきた場合、自衛隊なのか軍隊なのか未来のことはわからないが、誰も行きたくはないので、アメリカ軍のように国からの手厚いサポートが出て、貧しい人が軍隊(or 自衛隊)に入って戦争に行くのではないかな?と伝えた。お金がなくて大学に行けない子が「軍に入ったら大学へ行くお金を出しますよ〜」とか言われたら「じゃあ行こうかな」ってなるかもしれないよね?と。

未来はどうなるかわからないから日本も戦争をするようになるのかはわからないけど、息子が中学高校へ行く頃には将来の夢を見つけられて、たくさん勉強してその夢を叶えて、お金を稼げるようになっていれば、軍隊(or 自衛隊)に入らなくて済むんじゃない?とか、職がなくて食べていけないとかじゃなければ進んで軍隊(or 自衛隊)に入らなくてもいいと思うから、その為に今から色々勉強して、どんな会社でも働かせて貰えるように頑張ればいいんじゃない?と伝えた。
息子も戦争に行きたくはないので勉強しようと思ったようだった。

戦争なんてあって欲しくないものだ。

それから、息子は戦争の戦闘について、昔の戦い方をイメージしているのだろうと思ったので、ゲームをするように遠隔地からミサイルを操作して落として人を殺す、そういう戦争が増えていくのだろうという話もした。

「戦争に行きたくないから勉強する」だなんて、
なんだか大変な時代に突入している感があるな。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:40|PermalinkComments(0)子供の将来 | 7歳
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文