2017年02月

2017年02月09日

伸ばせるタイミングをじっと待つ。淡々と続けさせつつ、辛抱強く待つ。

子供の能力は無理やり引っ張れば伸びるけど、本人が嫌々で無理やりだと千切れてしまう事もある。
だからこそ、やはりタイミングというのが大事だ。 
「ここぞ!」というタイミングがあったりする。
そういうタイミングにやらせるのが効果的だ。

数ヶ月前から、
「なんか最近息子の字が汚いな」
「このまま放っておいてもうまくならないな」 

と思う事が多々あった。

だが、きっと字の練習させられたらもっと嫌になるかもしれないなとも同時に思った。
そこで
「絵を練習させよう!」
と閃いた。

元々息子は字を書くのも絵を描くのも下手くそで、人の倍練習させても上手な子に至らなかった。
当時年中、年長時で、それが手の筋肉が出来上がっていない影響かもしれなかったのでまずは字を綺麗に書けるようにする事を徹底した。

と言っても、「綺麗に」というよりは「苦手意識がなくなり、本人が満足できるレベル」に書けるようになってもらうのが目的だった。元々センスがないので上手になるのには時間はまだまだかかる。

息子は完璧主義で目指しているレベルが高いので自分の字がうまく書けない事で凄くイライラしていた。そのあたりは過去の字の練習の記事を読んでいただきたい。


その時は絵もうまく描けないから好きじゃなくて、絵を描こうとしなかった。
絵は難しいのでまずは字を上手にして、鉛筆に慣れてからだなと思った。
だから先に字を練習させた。
その甲斐あって、それなりに本人が満足出来る字が書けるようになった。
決してうまくないけど、下手すぎるわけでもない。

今回はその時とは状況が違った。
鉛筆に自信がないわけではない。本人のやる気がないのと、思ったような線が引けない事にある。
だから、まずは思ったような線が自由自在に引けるようにしてあげたい。でも、本人のやる気がないので字を書かせるのはあまり良案ではないなと。

そこで、絵を描かせる事にした。大好きなポケモンの絵を。

息子は最近は絵をポケモンなどの描くことが嫌いではない。機会があれば書きたいと思っているのが、なんとなくだが伝わっていた。だから、
「ポケモンの絵を練習してみない?うまくかけるようにしてあげるよ!」
と提案してみた。

すると、
「俺、絵描くの好き!ポケモン描きたい!やりたい!」
と言った。
お!吊れた!と。

やっぱり、本人がやりたいと思っていることはやる気がある。
人の話もしっかり聞く。

私が、ポケモンの攻略本に載っている絵を白い紙に書き写しながら、描く順序や形がどうなっているか?などのポイントを伝える。
そして、それを見ながら息子が描く。

それにより、息子は描きたい線を描く練習を結果としてしている。
毎日のように書いていればきっとそのポケモンを描くのはうまくなるだろうし、同じ線を描こうとするスキルが上がるはずだ。

さすがに毎日はやれていないが、これは息子も喜んでやっているのでこの調子で続けてあげられれば、絵も字もうまくしてあげられる可能性がある。(字は他にも問題があるのでそちらも解決しないといけないが。)

数日やった後に、息子は
「今日学童で書いてきたんだ〜!俺が考えたポケモン!」
と、書いてきてくれた。

上手いか下手かは別として純粋に嬉しかった。
やはり、「描ける」という自信がつけば書くようになるものなんだなと。
そしてそれは、どんなタイミングでもできるようになるわけではないなと。
本人がやる気を持っているタイミングにやるのが非常に大事だと思う。

赤枠内息子


上が母親
下が息子


上が母  下がや息子 


息子の絵や字についてはどうなって行くか?まだわからないけど、字が綺麗にかけた方が書写の時間は楽しいだろうし、絵がうまくかけた方が図工を始め、授業が楽しいだろう。

楽しい事を増やしてあげるのは大事だなと思っている。

その為に、上手にさせてあげて自信をつけさせようと思っているので、本人がやる気がないのに無理強いするのは良案ではないと思うのだ。

絵が下手くそだって、字が下手くそだって、正直将来困らない。だから、そんなに大事な事ではないが、生きて行く上で書くことは非常に多いだけに、書く事が苦なのか?楽しいのか?で又、勉強が楽しい、楽しくないも変わってくるだろう。

だがやはり、たかが絵、たかが字である以上、ムキにならず、本人が
「うまくなりたい!」
と言うタイミングを感知し、そのタイミングに楽しく教える事が良い方法だと思っている。

音楽や美術は中学受験には関係ないが、公立高校受験には内申点の為にできた方が良いと思うので、こういった科目に関しては小学生のうちに嫌いにさせすぎない事、ついて行けなくしすぎない事に注力する。

中学に入って本人が高校受験を意識し始めた、そのタイミングの場合、本人のやる気が出る可能性も高いので、上手くなる方法を教え、練習させるという手もある。

何れにしても
・無理強いさせない。
・タイミングを見計らう。「ここぞ」というタイミングを狙う。
・タイミングまでは嫌いにならないレベルで淡々と待つ。
(ストレスのかからないレベルで継続的にやらせるのは◎)


ただし、これが算数や国語と言った毎日のようにある科目だと話はいくつか変わってくるので注意が必要だと思う。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年02月01日

子供がいちゃもんをつけてきたら、落書きするというのも有り!おふざけ、お下品なんでもありかと

「歌で覚える」というのをお風呂タイムにやっている。
(過去記事参照: 百人一首には学びのネタがいっぱい!
それで、歌だけだとわからない聞き取れないところもあるので、歌詞も一日一回ほど読ませている。
今、都道府県を覚える歌(ロックンロール県庁所在地)を読ませているのだが、5,6歳を超えると歌がキモいだとかでいちゃもんをつけてくるのだ。

この歌詞を読むだけでも気持ち悪くて嫌だという。
いつもは私が帰ってくる前に読み終えているので文句も言わないが、今日は私が帰ってきてからやることになり文句を色々と言われてしまった。

で、これに描かれている女の子の絵にまでいちゃもんをつけてきたので、

「これはチャンス!」


と思い、女の子に落書きをし始めた私。


「こんなの落書きしちゃえばいいじゃん!」
と、女の子の鼻を豚の鼻に変えた。
さらに、眉毛を太くして、目も大きくして。。。と色々楽しく落書きし始めたら、息子も笑い始めて勝手にどんどん書き足し始めた。

ツノに頭にうんち。そして手錠。(わけわからん)
私が「おならさせちゃいなよ」と言うとおならの音と絵を書き足した。

「名前もつけたら?」と提案し、「ぶたこ」と命名された。
それから、歌詞の余分なキモい部分を黒く塗りつぶし、さらにキモい部分(Wow! Hu!など)は私がぶたこになりきって言ってみる。「これはぶた子の台詞ね!」と。
それで、(ぶた子)と書き足した。

これで、息子にとってキモくて嫌だったものが、爆笑ものの勉強道具に変わった。


FullSizeRender 12


低学年の男の子なんて、こんなレベルで喜んでくれる。
嫌だった歌詞カードは面白歌詞カードに様変わり。

見るたびに笑えるおかしい楽しいものに変身した。
さすがに学校の先生はこんな事やれないと思うけど、親はこんな風に下品な事やふざけた事を駆使して
子供が嫌がらないような工夫をすればいいよな、といつも思う。

目的は毎日これを読ませる事。
だったら、子供が嫌いだといちゃもんをつけてくるところは消す。
消すだけじゃなく、いたずらがきまでもする。
それが下品であろうとふざけていようといいじゃないかと。

真面目にやる事が目的ではない。
なんでもそうだが、真面目な親御さんほど、「きちんとやらなきゃ」とか「ふざけちゃダメ」だとかと気を張って疲れてしまっている気がしている。

勉強を子供にやらせる時、勉強させる目的は成績を上げる事だとか勉強が楽しくなる事だと思うので、それに反する事は、たとえ一般論だろうがなんだろうがそれに沿ってやらなくていいと思う。
「育児書を鵜呑みにするな」というのと似ている気がする。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 22:40|PermalinkComments(0)子供の勉強法 実践編 | 7歳
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文