2017年03月

2017年03月29日

1L=10dl=1000mlの関係 実物のイメージを持つこと

という記事で紹介したが、上の子は年長の頃からお風呂でmlやLについて遊びながら体感してきた。

今は1Lは 1000mlということを理解しており、
「2Lのペットボトルは何ml?」
と聞くと
「2000ml」
と答える。

mlとLの関係や変換はできるようになっているので、学校で出てくる普段使うことのないdl(デシリットル)をそろそろ教えようかなと思った。
確か、2年生でこれをやるのでもうそろそろ学んでもいいかなと、そんな感じだ。

息子には
「1Lさんには10人弟子(デシ)がいる。つまり1Lには1dlが10個入っているということね。」
という教え方をした。

すると、息子は
「あ、じゃあ1dlは100mlってこと?」
と、質問もしていないし、教えてもいないのに計算して出してきた。
これには関心した。

「では、2Lさんにはデシは何人いるの?」
と聞いてみたり。
「20人!」
正解!!


息子は頭の中にイメージが出来上がっているのだろう。
dlという名前は初めて聞いたけど、
「1L=10dl=1000ml」という内容を数字上だけでなく、実物としてイメージしているのだろう。
だから容易に変換できたのだ。

「1L=10dl=1000ml」を数字だけで理解できる子もいると思うが(私はそうだった)、冷静に考えるとこの関係を実物を見ずにイメージして変換するのは、苦手な子には難しいということだ。

Lやml、dlの関係を学ぶのにももちろん良いが、子供というのは器の底の大きさを考慮せず、入っている水位だけで量を判断しようとするので、実際量を計ってみての驚きは大事だと思う。

また、桶に何L入るか?入れて計ってみたところ、意外な展開だった。
2L入れた時、後500mlくらいしか入らないだろうなと私も息子も思っていた。
ところが1L入ってしまったのだ。これにはとても驚いた。全部で3Lも入った事が衝撃的だった。
実際入れていないとわからないもの。

こういった実体験も楽しいし、子供が興味を持ってくれるのでとてもおすすめ。

また、
1Lが牛乳パック1本
2Lが大きな水のペットボトル
500mlはジュース等のペットボトル
350mlはビールの缶

こんな風にいつも具体例を出したりしている。

親野智可等さんの本で以前見た気がするのだが、
牛乳パックの底を1dl分に切って、それを使って水を入れさせたりすることで
1dlをつかむというのが良いとのこと。

100均などで、100mLのカップを買うのもいいかもしれないなと思う。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 07:34|PermalinkComments(0)算数 | 楽しく学ぶ!

2017年03月25日

「ちょっと難しい1000ことば マンガでクイズ」はやっぱりいい!

「ちょっと難しい1000ことば マンガでクイズ」という本を持っていた事をふと思い出す。
年中の頃、息子に与えて結構はまっていたが、あくまで直感で選択していたくらいだった。
もうすぐ2年生なので、これは結構息子も確信を持って選択できるくらいになったかなと思うので久々に渡した。



これはとにかく表裏の2コマ漫画になっているので、楽しい楽しい。
しかも2コマ目にはオチも用意されている。 
いつもなら夕食後、動画を見ている息子もこの本に夢中になり1冊最後まで問題を解いていた。
こういう楽しい勉強はいいよね♪と思う。

それから、これを一緒にやっていると息子のわからない言葉がわかったり、こういう言葉を普段から使っていればいいのか?というのがわかる。本当にちょっとした言葉で「ありきたりの」とかそういうのがわからなかったりしたことも収穫だった。

ただ、間違えても2択なので、その際に覚えられるメリットがある。
 読みながら覚えていけばそれでいいじゃないか!と思える1冊だ。

一般的に、インプットするのにはアウトプットが一番効率的と言われているけれども、最初から無味乾燥な問題集をやるのは気持ちが乗らないのでその方法は推奨したくない。
本当に時間がなくて、その時間内で覚えなきゃいけない時だけ問題集から取り組むスタイルを取る。
時間に余裕がある時は楽しい読み物から知る方が定着する。
楽しい読み物から得た知識は後々覚えた後忘れにくい。
だからこの本はとても良い作りになっていると思う。

この本はアウトプット型ではあるが、読み物として楽しめる。
無味乾燥なアウトプット型ではない。
そういう意味で非常に素晴らしいと思う。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 02:32|PermalinkComments(0)言葉の意味 | オススメの本

2017年03月23日

音譜読み練習アプリ「おんぷちゃん プラス」 ピアノは譜読みを別に練習しておくといい

息子は音譜を読むのが苦手だ。
ピアノは年中から3年やっているが 、1日一回ずつしか練習しなくていいとしているので上達は遅い。
だが、発表会の曲などをもらうと突然高音域の音が出てくるので、それだけで疲れてしまう。

確かに、譜読みと難しい指練習、両方一度にやるのは相当ストレスだろう。
しかも、1日一回しか練習してないがために次の日は又忘れてしまう。
覚えていないので苦しいこと。

楽譜は読めた方がピアノを練習するストレスがかなり軽減されるので、やはり楽譜だけでも読む練習が必要だなと思っていたところだ。

そこで、音譜読み練習アプリを使うことにした。
「おんぷちゃん プラス」というもの。




これは有料版で270円くらいしたのだが、無料のものと違って設定が細かく出来る。
難易度、シャープフラットの有無、ト音記号ヘ音記号の選択、 問題数。

難しいものばかり出てきてしまってもやるのが辛くなるのでこの難易度設定が細かく出来るアプリは素晴らしいと思う。

ちなみに、ピアノを何年やっていても楽譜が読めない人が沢山いる事が大人になってからわかった。
多分ピアノを習っていた人の半分くらいは読めない。どうやって弾いていたのか?聞くと、

「先生の指を見て覚えていた」
「先生に弾いてもらって音で覚えていた」

とのこと。

息子のピアノの先生も以前保護者会で音譜が読めない子が多いと言っていた。
元々楽譜に弱い子は意識的に別に読む練習をさせないといつまでも読めるようにならないのだなということがわかった。

息子も楽譜に強くない。
音譜を読み間違える。
音譜の得意不得意は生まれ持った素質のような気がする。
形を見て違いを判断できる力。

私は言語能力は劣っていたが、数字だけの世界や音譜だけの世界というのは瞬時に判断できる力があったので、楽譜が読めなくて困ったということがなかった。
言語能力とこれらの非言語能力は相反するもののような気がしている。
後から苦手を克服することは十分可能だが。


それで、息子にはこの音譜アプリを毎日20問やらせることにした。
20問だとストレスが少ない。
ストレスないレベルでコツコツ続けるのが良い。


それから、このアプリには音あてバージョンも付いている。
これは音感が鍛えられる。

息子にやらせたが、10問中8問くらいは当たる。
音感のある方なのか?3年くらいピアノをやると出来るようになるのか?は正直謎だ。

私も絶対音感は5歳からピアノを始めて1年生の時にはついていた。学校の運動会で踊った曲などを耳コピして教室のオルガンで弾いたら先生が驚いて、それを親が聞いたそうだ。つまり、2年くらいでモノになっていたということだ。妹はピアノはいつまでも下手だったし楽譜も読めなかったが、絶対音感はある。

これだけしかサンプルがないと、先天的なものなのか後天的なものなのか?わからないところだ。

ただ、よく幼少期に鍛えると出来上がると言われているのでこう言ったアプリで小さいうちから鍛えておけばそれなりに磨かれるのではないか?とも思う。

毎日やらせれば伸びると思われる。
鍛えつつ、毎日ピアノを弾いていれば相乗効果ではないだろうか。


とにかくコツコツ系はストレスなくが大事なので、ストレスないようにやらせる方法を用いるのが大事だと思う。













 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 08:05|PermalinkComments(0)音感 | ピアノの練習
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文