2017年04月

2017年04月26日

勉強のスケジュール管理にはこれを使う!特にチャレンジタッチの管理に最適!

チャレンジタッチの管理を親ができず、最終日ギリギリ滑り込み終了が数ヶ月続いた事に対しての反省と対策。

閃いたのはこれです!


日が入っているホワイトボードとマグネットを活用しました!

昔は手帳に書いたりしていたけど、

・書くのが面倒。

・手帳を開かないと進捗がわからない。

・変更するのが大変なので、更新したくなくなる。


こうなると続きません。(泣)


それから、
・なるべくなら子供に主体的にスケジュール管理をさせたい!

・やらされている感を減らしたい!
と言う気持ちがあります。


それで、この形に行き着きました。

チャレンジタッチは
・バッチリ問題
・がんばり問題1
・がんばり問題2
の3つがあり、それぞれ国語と算数が14回分ずつあります。つまり、全部で14回✖️3の42回分ずつです。
1回分は3分から10分程度。
問題数や難易度で変わります。


25日に配信、翌月24日が期限です。
なので、25日始まりになるよう暦日マグネットも買いました。


二年生になり、学校の宿題ボリュームが上がり、チャレンジタッチを沢山やらせると文句もでるので、あまり負荷をかけないようにしました。

その結果、土日などやりそびれるとどんどん日数が足りなくなる事に今回気づきました。

自分が仕事が忙しいからと子供のペース配分の管理ができていません

ただ、早くやらないと終わらないとか、一日もう少し多くやらないと最後に大変になると言うのは聞くより見た方がわかりやすいかと。

だから、親が口を出すのではなく、自分でこのままのペースだとまずいなと気づいて実感して、主体的に少し多めに取り組もうと思えるスタイル言うのが理想的でした。

それをやらせるためには

・納期や進捗がわかるようにする。

・計画倒れの日があったらすぐに自分で予定変更できる簡単さが必要。

・見えるところに置く


が大事だなと思います。
そこで、このホワイトボードマグネット管理が閃いたわけです。

うちは
バッチリ問題→青
がんばり問題1→赤
がんばり問題→黄

とマグネットを用意しました。

これの良いところは、自分で
1日の量✖️日数がどんな塩梅になるのかわかるところです。

例えば1日3回ペースだとこんな感じです。(習いこどなどのある日は調整してます)

1日の量が多すぎると息子からクレームも出そうだったので、次のようにして見せてみました。

1日2回ペースです。
これは土日使っても期限ギリギリになりますね。何かアクシデントでできない日が出ると、終わらないリスクが出てきます。


これを見せると息子も納得したようで、1日3回ペースを基本で良いとしてくれました。

そこから、習い事で帰宅時刻が遅い日は少なめにして、早く帰れる日はその分多めに調整していました。

また、土日は朝起きてすぐにゲームではなく、その日のチャレンジタッチをやってからにしようと決めました。

そう言うことも含め、見える化したのは我ながら良案だったと思っています。

今後はこれを見ながら調整して終わりたいところです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月24日

反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。

漢字、計算といえば公文式を思い浮かべますが、自分自身が年中から小3まで公文式をやっており、よくない面ばかりが思い浮かぶので公文式はお任せするなら推奨しません。(主体的に活用できるなら悪くないと思います)

理由は
 どんどん進んでいくので学校の授業と乖離する。
ということです。

・計算だけ進みすぎてもいいことがない。
・学校の進度プラスαくらいを保てるならやるのは良い。
・桁の多い数同士の計算などが1枚にぎっしり。多すぎる。計算ミスが増え、計算が嫌いになる。

難しくなると時間も結構かかります。
今の公文式はどうなのか?正直わかりませんが、私の時代の話をします。
だいたい最初は毎日10枚とか(それ以上)だと思いますが、難しくなって5枚に減らされます。それでも多いです。
小3の時、中1の正の数負の数をやり始めた時はすごい簡単で嬉しかったですが(簡単な計算しかなかったので)、それまでの地獄のような大きな桁同士の計算は勉強嫌いを作る事まちがいないです。

あんなにケタ数の多い計算は1日10問ですら多いです。3枚はやっていたと思うので、1日何十題やっていたのだろうと思うと昔の私が可哀想です。

それから、計算が普通よりできてもあまり意味がないです。
息子の小1の学校の算数プリントを一年間見ていて思ったのが、計算だけの問題というのが少ない事。
半分以上が文章問題、その他でした。

計算は普通レベルで、計算があまり好きじゃないから算数に苦手意識さえ持っていた息子ですが、読むのが得意で文章問題が得意な息子は通知表の算数の成績がすごく良かったのです。正直これには驚きました。
「計算だけできても意味ないんじゃん!」と。

そういう事から考えても、計算は「普通にできるレベルまでやる」でいいと確信しました。
時間がもったいないです。
公文式で進みすぎて、難しい計算問題を毎日何十問も解いて時間を何十分も使うのであれば、他の楽しい勉強に時間を充てた方が間違いなく勉強好きになります。

計算は最低限レベルのものを着実に定着させればそれ以上やる必要はありません。
そういう事を頭に入れて、公文式を活用するならそれはいいと思います。
先生からこのくらいやってくださいと宿題を出されても、親が子供の様子を見ながら少なめに調整したりする事ができるならいいと思います。
進度に関しても進みすぎているのをストップさせるくらいの意思があればいいと思います。
公文の先生は人それぞれの考え方があると聞くので、受け入れてもらえるかはわかりませんが。。。
公文式自体にも自分の学年より幾つ以上進む事が目標みたいのがあるようですし。

「どんどん進んで欲しい」と親なら思うと思いますが、本当に進む事が本人にとっていいことなのか?きちんと判断しないと勉強嫌いをあっという間に作り出します。
我慢強い子だった場合、嫌だとか言わないでやるかもしれませんが、それにかかる時間や直しの量がはんぱなくなってきたらまずいと思ってください。
私は小2の頃、進みすぎているが為、直しが大量にあり、みんなと同じ時間に公文式に行っているのに、帰るのは18時の閉まる時間でした。当然私以外誰も残っていません。
暗い道を一人寂しく帰る火曜日と金曜日はとても憂鬱な日でした。

また、それによって得たものは正直あまりありませんでした。
小4まではまだ恩恵はあったと思います。
でも、小5くらいからは割合など頭を使うものが算数に入ってきて、一気に自信をなくしました。
中2の秋、進学塾に通うまでは数学は好きにはなれませんでしたし。(何とか学校では良い成績を出してましたが、本質的に理解できずもどかしかったです)
 計算だけできても意味ないなとすごく感じました。

中2の秋から進学塾に通うようになってからは数学が一気にわかるようになりました。
そしたら面白い事。
あのまま数学苦手にならず良かったです。

中学の数学も計算はあるし、できないと確かに困りますので最低限はできた方がいいです。
でも、周りより進みすぎている事はあまり優位にならないので だったら私は陰山先生の考え方を推奨します。陰山先生は基本的な事を定着させるために、計算をやらせています。土台を作るという意味での計算なのです。考え方は公文式と違うなと感じます。子供が小学生になる前は正直陰山先生も公文式も計算だからと100マス計算も意味ないなと思っていましたが、そこは同じ計算でもずいぶん違うという事を子供が小学生になってわかりました。

陰山先生の場合、実際どうかわかりませんが、どちらかというと苦手をなくす為に基礎を克服するイメージです。陰山先生の前倒し学習は公文式の先取りとは違います。陰山先生の場合の前倒し学習は1、2歩先、さらに目的は反復回数を増やすためだそうです。だから効果的だと思います。

一言に計算と言っても、やる量や進度、難易度そういったものを鑑みないと本人にとって一番良い結果をもたらせるかは変わってきます。


(最近、陰山先生のツイートを読んで、多々共感してます!)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 22:10|PermalinkComments(0)計算 

2017年04月23日

「早く宿題しなさい」と言わずにどうやって勉強をさせるのか? 普段の子供への接し方が子供の勉強のやる気に影響する

普段の子供への接し方が子供の勉強のやる気に影響するのだなと最近よく思います。

親子というのは本当難しくて、勉強を教えるということがうまくいかない事も多いのではないでしょうか。

それは「素直になれない」からだと思います。
例えばいつも親から注意されてばかりいたりすると、その人の話は聞きたくないなとなりますよね。
いつも「早く勉強しなさい」って言われていたら「今からやろうと思っていたのに」となってしまいますよね。

自分が子供の頃どうだったか?考えてみるとわかります。 
だから、なるべく「早く勉強しなさい」だとか「なんでこんなの間違えたの?」とか私は言わないようにしています。


では、「早く宿題しなさい」と言わずにどうやって勉強をさせるのか?
うちの場合は、今日やるべき事は決めてあり、to doリストにしています。
それを何からやってもOKなのですが、宿題や時間割を揃えることや鉛筆を削るといった絶対にやらないといけない事は「なるべく先にやる」と書いておきます。

「終わったらゲームをやっていいよ」としております。
学校から帰ってきて、まずやる事をやる。
習慣です。

最初に遊んでしまうと、気持ちが切り替わらなくてなかなか宿題に取り組めなくなります。

また、早く終わらせてやりたい事というのはインセンティブになります。
ゲームを始め、一人でやれる楽しい事というのはインセンティブになるので上手に利用すれば効果的です。

ただ、宿題に関して言うと「その子がどれだけ宿題に時間がかかるか?」というところもポイントになります。宿題は親が出しているものではないので、その子のレベルに合わせられていないからです。
簡単ですぐに終わるならいいと思います。難しい場合どうか? やはり、難しいとその分時間がかかってしまうので手伝ってあげる必要があります。

宿題に限らずですが、自分でできる問題は自分でやらせて、「わからなかったら飛ばしていいよ」とうちではしています。
一人でわからない問題までやり切るのは小学生だと大変です。
できない問題は私が見てあげます。

その時に、親子の普段の関係性だとかがネックになります。
気をつけていることは下記です。

・できない事に対して否定的な言葉は使わない。
・最初からできる子なんていないんだよと伝える。
・どこにつまづいているか?確認する。

さらに、親が見てあげてうまくいかない場合
→ 学校の先生なり塾の先生なりに相談してその方に教えてもらう。

教えるのが得意不得意というのは人間なのであると思います。
ですから、すべてお母さんが教える必要はありません。
専門家にやって貰えばいいと思います。

親子で宿題をする時間が嫌な時間になってしまうと宿題をやる気持ちは失せていきます。
さっさと終わらないから先送りしたくなります。
「さっさと終わるなら今やってしまおう!」という気持ちにさせるのが重要です。

なので、親が子供に教えることで子供がその時間を嫌な時間と感じるようなら、宿題でできないところは空欄にしておき、学校の先生にこの部分の理解が足りなくてうまく私も教えられなくてと相談して学校でやってもらう。

学校の先生って意外と相談すると丁寧に対応してくれます。
勉強に関しては相談したことがないのですが(宿題の件ではありますが…)、その他の件での相談に関しては子供にきちんと話を聞いてくれたり、問題があった子との話し合いの場を設けてくれたり、とても丁寧です。
保育園と違って、小学校に上がったら先生にあまり何も聞けないんじゃないか?と思っていましたが、先生方も「どんなことでも連絡帳に書いて聞いてください!」と言ってくれます。


それから、小学生の勉強に関して言うと、特に計算と漢字に関しては繰り返し反復演習するしかありません。そこが原因で宿題が進まなかったり、間違いが多いのであれば、家で宿題以外に積極的にその部分は学習させる必要があると思います。
その時に気をつけたいのが、「覚えてもいないのに演習させない」という事です。

足し算99など覚えていないのに問題集を与えても解けるわけもなく、本人は辛いものです。
漢字も何回も練習するより、形を覚える事に集中させて、覚えたら見ないで書くテストをやらせる方が効率的です。当然こちらも「覚える」というプロセスを踏まずに練習だけしてテストというのは酷なのでやめた方がいいと思います。

特に、漢字に関しては1年生の漢字さえ覚えていれば後は組み合わせで成り立っているものがほとんどです。なので、基本のパーツはガムシャラに覚える必要があると思いますが、それ以外の組み合わせの感じは組み合わせを覚えるようなやり方が良いと思います。

とにかく「覚える時間を設ける事」これが大事だと思います。
要領の良い子は最初に覚えるという事をしてから取り組みます。
でも、そういう事を知らずにひたすら練習だけしていても知識は定着しないので、結果が出ず苦痛になります。頭の良い親御さんはこの「覚える」という作業を自然とやっているのでお子さんが当然これをやっていると考えています。なのにできないのはなんでだろう?という風にイライラしてしまう事があるのではないでしょうか。

要領の良くない子や勉強に慣れていない子はこの「覚える」という作業の仕方を知りません。
なんとなくで覚えようとしてしまうのでできなくて当然なのです。
対して努力していないのに覚えてしまう子もいると思いますが、そういう子は皆と違います。
なので、そういう子基準で考えてもいい事はありません。

息子も、漢字を覚えるのが得意ではなかったですが、2年生になって急にこの「覚える」という部分が強化されてきているのを感じます。覚えるタイミングをわかってきたという感じでしょうか。

例えば、うちはベネッセのチャレンジタッチを利用していますが、漢字はあまり練習する場がありません。一度練習、二回目は書き順チェック、三回目は見ないで書くといった感じで練習するチャンスがほとんどありません。それで息子は以前は「こんなにすぐに覚えられるわけない!」と怒っておりましたが(間違えるのが嫌いな子なので本当に怒り方が半端なく大変でした)、最近は1度目2度目に覚えてしまうというやり方を身につけたようで、短い期間で覚えてしまうようになりました。

覚えてしまうというやり方が身についたのは大きかったです。

さらにそれに対して「短い時間でよく覚えられるね!すごいね。」と褒めているので、益々この点に関しては自信がついて「自分ならこのくらい覚えられる!」という気持ちで挑戦ができるようになっています。


一度覚えたらそこから反復演習が大事になります。記憶を定着させるにはやはりこの反復させるが必要です。一度覚えていることなので、最初は少し大変ですがすぐに終わります。
こちらは淡々と毎日やらせることが重要になります。

1日3問〜10問くらいでいいと思います。
時間が3分くらいしかかからないならもっとたくさんでもいいと思います。

大事なのは、時間をかけないこと。
一瞬で終わるのがわかれば本人も苦を感じにくいものです。
淡々とやり続ける事で力となります。

漢字や計算ばかりやるのは私としてあまり推奨しておりませんので、先に進みすぎたりとか難しいことを早くからやらせる意味はないと思います。
ただ、定着させる事で、足かせにならないレベルまでは持っていかないと小学校の勉強につまづく機会が増え、勉強を嫌いにさせてしまいます。

漢字、計算といえば公文式を思い浮かべますが、自分自身が年中から小3まで公文式をやっており、よくない面ばかりが思い浮かぶので公文式はお任せするなら推奨しません。(主体的にうまく活用できるなら公文式も悪くないかと思います)
それに関しては、次回。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年04月11日

暗算が楽な子には筆算をやる意味を教えないと筆算をしてくれない!

あれだけ繰り上がり繰り下がりの計算が苦手だった息子は滅多に計算ミスをしなくなりました。

更に頭の中で2桁同士の計算は割とできるようです。

息子に合ったやり方で沢山練習できたからだと思っています。


ところが、暗算ができると筆算が始まった時に筆算をする意味が理解できないようなのです。
特にうちの息子のように、屁理屈っぽい子はやる意味を受け入れないとやろうとしません。

まだ学校では始まっていないのですが、チャレンジタッチに出てくると言うので、一緒に見てあげました。

確かに暗算でいいよねと言う問題です。
でも、隣に筆算の式を書かせる欄があります。ここへの書き方と、計算の仕方はわたしが説明しました。

それから、やはり筆算をする意味がわからないとのことなので、
「今後3桁4桁5桁の計算をする事もでてくる。大きな数同士の計算は筆算の方がやりやすい。その時に筆算に慣れていると早く間違えずに計算ができるから、今のうちに書き方とやり方だけ慣らす為に練習すると考えるんだよ。」と伝えました。

本人も納得したようで、それでやると思えたようでした。
よくわからないけど、書かなきゃいけない事、やらなきゃならない作業。 

そこが腑に落ちないと気持ち悪い事、算数・数学ではいっぱいある。

線分図とかも、内容が難しくなるまでは必要性を感じないので「なんでこんなの書かなきゃいけないの?頭の中でわかるよね?」と私も昔思っていました。

でも、今は線分図があった方が早いのがわかります。それは、線分図を使わないとわかりにくい問題を解くようになった経験からがあるからです。

その為の練習と言っても中々子供は納得いかないかもしれません。

必要性に気づいてからでも遅くないとは思います。
ただ、遅れを取り戻すのが苦手なタイプならやはり先に納得しておく必要があるのかなと思います。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 09:39|PermalinkComments(0)計算 | 7歳

2017年04月10日

前から子供に教えたかった発電所の発電の仕組み 

数年前、発電の仕組みを初めて知った時衝撃を受けました。
皆さんは発電ってどのようにしているか?イメージできますか?

私は勝手なイメージですが、火力発電所とかは石油や石炭を燃やして、何か特別な装置で特別なことをすると、電気ができるって思っていました。
 原子力発電所では、ウランを使って化学反応を起こしてそこから電気みたいなものを作っていると想像していました。

それはそれである意味間違っているわけではないのですが、この「特別な事」というのはとても原始的な方法だったからです。
何が原始的なのか?って。

それは、皆さん想像できていたかわからないですが、実はざっくり言うと、火力発電所も原子力発電所も水力発電所も風力発電所も同じことをして電気を作っていたのです。

という事が、この本に載っていて「これだ!」と思ったわけです。



こういう事が書かれている本を探していました。
それを息子に見せたいなと思っていたからです。


その「同じ事」をするために、それぞれの発電所の特徴を利用しています。

その「同じ事」とは何か?

発電機を回転させているという事です。
そして、発電機の原理は基本的に私たちが中学生で習った電磁誘導が全てだという事です。
これには驚きました。



当たり前といえば当たり前ですが、何か化学変化のような特別な事を行って電気を生み出しているわけではなく、コイルか磁石のどちらかを回転させて電気を生み出すというすごくシンプルな事を大きなスケールで行っているだけなのです。

それを、この本を見ればわかります。
すごく薄っぺらくて、値段も2,500円(税抜き)と買うには微妙ですが、図書館にはあるかと思います。
(うちも借りました)

見る価値があります。

電気が生まれる仕組みも自転車の電気を見本に説明しています。
手回し発電機を使った実験もありますし、非常にわかりやすく端的に解説されてます。



まさに、こう言った電気を作るということは家でもキットを買えばできるようなのでやりたいなと思いました。


それから、原子力発電と火力発電は共通してタービンを回しておりますが、熱を生み出すことで水を蒸発させてその力でタービンを回すというものを更に理解させたいなと考えています。
やかんから出る水蒸気で風車を回すというのがweb上にありました。

はつめいキッズ
http://kids.jiii.or.jp/modules/pico/index.php?content_id=233


まさしく、これを見せることでイメージができるようになると思うので、家でも実験したいところです。

電気ができる仕組みというのが意外とこんなに身近だというのには改めて感動します。
中学校の時に初めて知って、「へえ〜」とくらいは思いましたが、今大人になってみて、いろんな技術溢れるこんな時代に中学生の時に習ったフレミングの法則がこんなところに使われている事にはやはり驚きます。

中学校の理科ってこういう内容が多いから本当好きです。
発電所の見学もできるところがあるっぽいので、これらの原理をキットなどで理解させたら是非行ってみたいです。 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:26|PermalinkComments(0)理科 | 楽しく学ぶ!
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文