2017年06月

2017年06月29日

先生によるピアノの練習方法 息子のピアノ教室に久々に見学に行って学んだ事

ピアノの練習方法を久々に直接先生から聞けました。
久々にレッスン見学に行っての事です。
(発表会の連弾の合わせ練のために行きました。) 

先生がいつもやらせている事は2つ。

  • とにかくメトロノームに合わせる
  • 弾かずに音名を歌う 

これってピアノができる子にはあまりやらせないのかな?もしかしたら。
私やった記憶ないんです。あんまり。
メトロノームも家にあったし使った時期はあるのだろうけど、覚えていないというとはその域を超えていたからあまり使った記憶がないのでしょうか?2回の引越しがあり、先生は3人にお世話になっていますが、記憶に残っている2人目の先生のところで何度もメトロノームを使わさせられた記憶がありません。
本当は使わなきゃだめだったのに、親が使うよう促さなかったから使わなかっただけかもしれませんが。(笑)

だから、あまりメトロノームを使う必要性なんて感じていなかったのですが、息子のレベルだとすごく必要だと感じています

弾けないくせにどんどん早まっていくので。
勢いで転がるように弾いちゃうんです。一番ダメなパターンだとは思うのですが。
しっかり、ゆっくりから着実にだと思いますが、それが出来ない子にはメトロノームはやはり必要だなと改めて思いました。


また、音名を歌えとも私自身言われませんでした。
小学校低学年の頃、もしかしたら言われたかもしれないけど記憶にまったくないのでほぼ不要だったのだと思います。
正直息子がピアノでうまくできないところというのは私からすると「?」って思えてしまうようなところばかりなのです。
1小節の最後の1拍が右手が休み、左手は伸ばしたままだからと飛ばしてしまったり。(「それじゃあ、3/4拍子だろ!」とか突っ込みたくなりますが、そこは我慢。微笑みながら「あれ?今の所足りなくない?」と軽く言うくらいにします。)

あと、まちがっている場合は簡単な方を弾かせて、難しい側を私一緒に弾きます。するとずれていたことに自ずと気づくわけです。

左手が後打ちなのにもかかわらず途中から前うちになってしまうことがあります。
これも、左手だけに集中してもらって右手は私が弾くことで、自分がやっていたことがおかしかったことに気づきます。何度か一緒に合わせるうちに正しい位置がわかってくるので一人でできるようになります。

 
やはり、こういうピアノのセンスのない子には歌う事やメトロノームに合わせるといった事がすごく大事になるのかな?と思いました。今更ですが。

ただ、今まではメトロノームに合わせるのも大変で本人も使うと怒っていたので使えませんでしたが、小2になり精神的な成長も見られ、メトロノームに合わせながら練習するという事が出来るようになってきたのでそこは昔とは違います。

先生は「メトロノーム練習などをしっかりやっている子は伸びている」とお話ししてくださいました。
私もピアノ以上にフルートで指が転がってしまうのを矯正する練習をしてきただけに今になるとすごくわかる気がします。 

息子はピアノのセンスがないと言い切ってしまっておりますが、だからと言って上手くならないと言っているわけではありません。
ピアノに限らずなんでもそうですが、 センスがない人はセンスがないなりの良いやり方を続ける事である程度までは成長ができます。プロになるとか、そういうレベルを考えるとやはりセンスは重要なポイントだと思いますが、そうでもない限りセンスは努力で補えると思っています。

その際、いかに適切なやり方を提示できるか?が大事になるかと思います。
センスのある子と同じやり方ではうまくなりません。
それどころか嫌いになってしまう危険性もあります。

ですので、センスがない事をやらせる場合、もしくはやらせないといけない場合、「どういうやり方をさせるか?」が大きな鍵となります。スモールステップで少しずつ少しずつやらせないとですね。

又、一概にセンスがないと言っても意識の高さで又それは変わります。
「ここまで上手に弾きたい!」という想いがある子の場合、時間はかかりますが徐々にそこへ近づいていけます。
ピアノ以外でも同じです。

「お友達はこれだけの練習でこんなに上手になっているのになんでうちの子は上手くならないの?」
という場合、そのお友達にはセンスがありお子様にはセンスがないというだけの話です。
人は生まれながらにして向き不向きがあります。

そこで落ち込むのではなく、センスがなくてもやり続けるのであればそれなりに理由があると思いますので、向いていないからと止める必要など全くなく、センスのない子に合わせた練習を考えてやっていく事が大事になります。



 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 05:19|PermalinkComments(0)ピアノの練習 

2017年06月28日

子供の宿題の管理に アラームアプリ リマインダーU -スヌーズ付きアラーム

週末の宿題をやる時間の管理に「リマインダーU」と言うリマインダーアプリを活用する事にしました。

FullSizeRender 53


と言うのも、週末の宿題は元々金曜日の夜のに終わらせていたんです。
でも、宿題の量が最近多くて、
「金曜日だけでは大変なので土日にも分けてやりたい
と息子が言い出しました。 

土日にやるとなると親の管理が面倒です。
平日の場合は帰ってきたらやるとか決まっていますが、土日はどのタイミングでやればいいのか?忘れてしまいそうだし、管理するのが面倒臭いのでできるだけ金曜日にやってほしいと思っておりました。
でも、量が多くて金曜日だけでは終わらないとのことです。

そこで、金曜日の時点で「土日の何時に宿題をやるのか?」決めてほしいとお願いしました。
決めた時間はこのリマインダーUに登録し、その時間がきたらアラームがなります。

息子の場合、お休みの日の自由時間はipadかゲームが多いので、ipadにこのリマインダーUをセットしておきます。
息子と決めた時間になるとリマインダーが鳴ります。


このアプリの良いところ

  • 日時を指定できる
  • 作りが単純
  • 登録が簡単
FullSizeRender 52


更に
  • スヌーズ機能あり
  • 音にチャイム音を選べる(わかりやすくびっくりしない音な為)
  • youtubeを見ていても鳴る
FullSizeRender 54


というところがポイントです。
評価も高いアプリです。
使いやすいからだと思います。

これのおかげで安心して土日に宿題をやらせる事が出来るようになりました。
私もアプリさえセットしてしまえば、あとは本人の自己責任だから「もう私は知らないからね」というスタンスでいけます。

土日に何度も
「宿題やった?」
「まだ宿題やらないの?」

なんて言いたくないですからね。

息子は管理してほしいという気持ちがまだあるのですが、この音が鳴ったら始めるというアラームがあることで安心です。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 16:10|PermalinkComments(0)子供の自己管理 

2017年06月27日

プールの更衣室ロッカーの鍵 友達に度々隠される息子 どうすればいい?

スイミングスクールの更衣室ではしょっちゅうお友達にロッカーの鍵を隠される息子。
隠すのは割と仲の良いお友達ですが、それも1名でなく、毎回いろんなお友達にです。
 
おふざけなのだろうけど、本人はすごく嫌みたいです。
でも、だからと言ってその子に注意するわけにもいかず。。。

子供の世界というのは本当に大変です。
男の子は幼稚な子が多いので、息子のようなタイプはやられてばかりで本当に嫌な気持ちになる事が多いのです。(息子はやり返しもしないのでやられやすい そして生真面目で堅物。)

そんな時、どうすればいいか?
学校だったら先生あてに連絡帳に書いて相談します。
そうすれば話し合いがあり、大概相手の子が注意されて終わるからです。
でも、習い事の場合、他の学校のお友達だったりするのでそれはできません。

こうなったら、相手を変えるのではなく自分側が変わるしかないのです。
なので、息子に説明してあげました。

息子は鍵を取られて嫌なのは
「鍵がないと着替えられなくて、出てこれないから」
不安なのです。
なので、私はこう伝えました。

「もし、お友達に鍵を隠されて本当に出てこなかったら、プールに戻って先生に言いなさい。
必ずロッカーの鍵はもう一個スイミングスクールに保管されているから
先生に言えば開けられる鍵で開けてくれる。だから、開かなくても心配しなくていいんだよ。
一度プールに戻って、一人いつも全体を見ている先生がいるからその先生に言えば受付に言って何とかしてくれるはずなので、説明しなさい。そうすればロッカーの鍵は空くから大丈夫!」


これを話して息子は安心したようでした。
マスターキーのようなものがある事を息子は知りません。
なので、そういうもので開けられるんだという事を知って安心していました。

子供は知らないことが多いため、「これをしたらどうなってしまうんだろう?」という恐怖と戦うことが多いです。あまり先のことを考えずやらかして怒られる子も半数くらいいますが、うちの子のように慎重なタイプの場合、心配なのは「失敗したら終わる」と思っているからなのです。

でも、失敗しても「こうすればいいんだよ」と分かっていれば怖くありません。

例えば、「迷子になったらこうするんだよ」とか「無くしちゃったらこうするんだよ」とか。
警戒心の強いタイプの子には必ず「こう言う時には何をする」という話をしておくと安心です。





   ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年06月26日

新聞を置いておけば「ついつい」見てしまう子供の状態とは?

「こども新聞を読んだら頭が良くなる」とか、
「頭のいい子はこども新聞を読んでいる」とか、私はどうも胡散臭いなあと思ってしまいます。
こども新聞の広告には必ずと言っていいほど、こんな謳い文句が書いてありますよね。

こども新聞は取ったところで読まないと意味がないのと、無理やり読ませても新聞嫌いになるというものなので、親が考えて上手に与えていくのがいいなと考えています。

うちの場合、取り始めたのは年小の頃からで、 読まないでどんどん捨てる時期もあったし、毎週ちょっとは読んであげたりする時期もあり、新聞と関わる面ではムラがありました。
自分から読むような事はなく、とにかく親が意識的に興味を持たせるしかなかったのです。
(かといって、そこまで積極的に活用できていませんでした。)

でも、小2の息子は最近はソファーに置いておくと、「ついつい」読んでいます
この「ついつい」というものを作り出すためにきっと私は色々してきたと思います。

新聞を毎日読むように言った覚えはありませんし、気づいた時にしか読んであげたりしていません。 
でも、「ついつい」読んでいる光景をよく見ます。
この「ついつい」を広げていく事がすごく大事だなと思っています。

「ついつい」って、本能的なものだったり、興味があったり、夢中にならないと使えない言葉ですよね。 
「ついつい」おかしを食べてしまったとか、
「ついつい」居眠りしてしまったとかそういう感じです。

ですが、
「ついつい」勉強をしてしまっていた。
「ついつい」本を最後まで読み終わらせてしまった。
「ついつい」新聞読んでしまった。

これってすごくいいなと思っていて、私はこれを増やす事を大事にしています
 

勉強もなんでもそうですが、強制でやらせても、見張りがいなくなった時に間違いなくやらなくなります。
それは自分自身の体験からもよくわかっています。
もし、楽しい事だったら「やれ!」って言われなくても「ついつい」やってしまいますよね
私も大人になってから沢山本を読んだりするようになって
「ついつい」読んだり学んだりする時間が増えて、こういう事が起こるんだという事を実感しています。

これは子供でも同じです。



■子供が新聞を読むために大事なのは新聞を毎日読む事より先にこれをする!

子供がと書いてしまいましたが、大人にも言えるところだと思います。
新聞は内容がある程度理解できているからこそ読む意味があると思います。
こども新聞の中には楽しい記事もあるので、雑誌のように見るというのもあると思いますが、それは新聞を読む事とは違う気がします。

 新聞を取るという事に意義はありますが、それ以前に新聞に載っているような知識を得ること、理解することがとても大事だと思います。

例えば大人が新聞を読み始めようと考えた時、新聞は情報量も多いですし、毎日それを継続するのは大変です。それは時間が限られているからです。
仕事をしている人がほとんどですから、仕事をしていない時間の中で時間をやりくりしようと思ったら、あまり多くの時間を避けません。

ですので、基礎知識がない状態でいきなり新聞を毎日読むというのは順序があまり良くありません。
まずは新聞に書かれているような内容に関する基礎知識を自分の中に増やしていく事が大事です。
今は主要のニュースはネットに流れているのでその辺で簡単にチェックしつつ、いずれ新聞自体が読めるようになるために、別に時間を作ってその知識を増やす事をしていくのがいいと思います。

一番いいのは本を読むことです。
本を読む時間も取れないのなら、オーディオブックやpodcastで簡単な内容のものを聞いたり、TV番組を録画してみるのもいいと思います。(オンデマンドなど活用するのもいいと思います)

基礎知識がない状態で新聞を読んでも、文字面しか読んでいないので右から左です。
全く残らないし、意味があまりありません。
ところが、基礎知識がある状態で新聞を読むと「これはあの事か!」と繋がりが出てきます
繋がっていくとおのずと覚えます。どんどん知識の木が大きくなっていくのです。

これと同じように子供も「基礎知識」を増やすことが大事です。
新聞は新しい言葉や出来事との出会いのきっかけになるので、そういう活用をするのは良いと思いますが、そこに出てきたことや出てきそうな内容に関しては、テレビ番組や本、図鑑、イベントや博物館等で 基礎知識を1、2年かけて増やしてあげてください。親御さんとのおしゃべりからもかなり知識は増やせます。

ただ、予めどういうテーマがあるか?知るために子ども新聞を購読するのは良いと思います。
本人が面白いと思っていないのに難易度があっていないのに強制で読ませたりするのはいいことだとは思いません。
強制で読ませるのであれば、基礎知識をつけて本人が読めるレベルになってからにしてあげたほうがいいです。そうすれば、知識があるから内容を理解できます。理解すると実は新聞が面白いものだと気づけます。レベルがそこに到達しているのであれば強制でもいいのです。楽しさを知るきっかけになりますので。

それプラス読む力が必要ですね。
読むのが嫌いだと新聞は読めませんので。


ちなみに息子に対しては、新聞に出てくるような時事関連や科学のことなどを始め、幅広くいろんなことに興味をもたせてきました。本を読むのは得意だし好きだと自分でも認めています。

そういう状態の子が、家にこども新聞が置いてあった時に「なんだろう?」と思って、「ついつい」見てしまうのは納得いくものです。

今私が意識的にやっているのは、新聞を息子のよく座るソファーに置いておくということです。1面が面白そうだったらそっちを向けておきますし、最後のページの方が面白そうだったらそっちを向けておきます。それくらいです。

また、小2くらいになると、「新聞を読むことは結構すごいことなんだ!」という優越感も出てきます。そういう気持ちからも「読んでみよう!」となるのだと思います。

私が興味の有る内容の時は、「これ見て!」と声をかけることもあります。
一時期ちょっとだけ「1面2面は読んでおいてね」と指示していた事もあります。
この時に紙の新聞の読み方を覚えたのだと思います。

ちなみにうちでは読売KODOMO新聞を取っています。(過去記事:読売KODOMO新聞を取ることに! にも書いています)

これは週1回、月500円なのでいいなと思っています。
ある程度新聞を読む習慣がついているような子であれば毎朝届くものがいいと思いますが、そんな習慣もないのに毎日届くような新聞にしたらゴミが増えるだけです。

そういう意味で、週1回、月500円というのはちょうどいいなという感じがしています。
新聞を読むための基礎知識をつける段階ならば読売KODOMO新聞がオススメです。
小学館と協力しており、小学館のキャラクターが出てくるのも良いです。
(コナン、ポケモンなど)



 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 08:17|PermalinkComments(0)社会科 

2017年06月25日

音楽の授業が嫌いな息子 図工も嫌な日があるという...理由をいくと意外な事実が!

音楽の授業のある日、いつも
「今日も音楽があって嫌だった」
という小2息子。

それで、「何が嫌なのか?」聞いてみました。
歌を歌うのが好きじゃないのは知っているけど、「それだけなのか?」気になったので。

すると、
「音楽の授業中、象の真似とかライオンの真似とかやらされるんだよ。あんな幼稚な事、恥ずかしくてやりたくないし。

そういう事なのねと納得しました。 


以前も書かせていただきましたが(表も裏も教える事。運動会の踊りがキモくてやりたくないという息子に。)、小1の時の運動会のダンスも幼児がやるみたいで恥ずかしくてやりたくなかったとすごく嫌がって、練習の時、ちゃんと踊らないで 先生に怒られた事があったくらいです。
基本的に生真面目な息子が先生に怒られるほどやらないなんて事は珍しいので相当嫌だったのだと思います。でも、運動会で見てみると別にそんなに幼稚な踊りではなかったです。
確かに、大人びているわけでも迫力があるわけでもないですので、小学校の中では一番可愛らしいいダンスだったのには違いないと思います。

こういうところは私そっくりだなと思いますが、私以上に気にするんだなとも思いました。
私はダサいと思っても学校のことは我慢してやりましたし。


それから、図工の授業が嫌な理由は納得といえば納得でした。
絵の具で服が汚れないか?」心配だったからとのことです。
人一倍神経質な息子はそういうところを気にして大変なのです。

ですので、図工の日には絵の具がついても目立たない紺色のTシャツを着ていくように話しました。
本人もそれならいいとの事でした。

子供が何かを嫌がる理由って、そのもの自体が嫌いじゃない事が意外と多いなと思います。
ライオンの真似をする音楽の授業が嫌で音楽が嫌いになってしまってはもったいないです。

息子はピアノを年中から習っていて、やる気もあまりないのでうまくもないのですが、それでもピアニカの授業は苦にならないので嫌いじゃないとのことでした。
通知表にも、「リズムに合わせて楽しく演奏ができる」という項目が「よくできる(90点以上でつけてもらえる)に○があり、びっくりしました。
そういう意味で、やる気もなくダラダラ習っているピアノも意味があったなと思います。

図工の授業も、汚れても大丈夫な服を着ていく事で創作そのものを楽しめる余裕ができるわけです。
子供って意外とそんなものです。

なので、「嫌い」という言葉を鵜呑みにせず、「何が嫌なのか?」しっかり把握する事は大事だなと改めて思いました。



   ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文