2011年11月19日

「新しい知識を得る際は簡単な本を沢山読む事」をすすめる事について

私は新しい知識を得る際はまずは簡単な本を沢山読む事をすすめています。

「この分野ならこの本」という良書は勿論最終的には読みたいですが、最初からそのような本を無理して読む必要は無いと思っています。

勉強をする時間の沢山ある人や難しい本を何時間もかけて読むのが好きな人はそれでいいでしょう。
自由な時間がない人が知識を得ようとする場合(何かをする場合)、一度に使える時間は限られているので長期戦となるのは間違いない訳です。
つまり、「続ける事が1番大事と考える場合、続けられなくなる要因はできるだけ取り払った方が良い。続けられなくなったら元も子もない。」と言う事です。

そのためには簡単なものやわかりやすく書かれているもの、又面白いものがおすすめです。

勿論、簡単なもので理解できるレベルに来たら少し難しい物を読んでみるのもいいと思います。
でも、難しくて読み切れなかったら、簡単なものに戻して沢山読む事をお勧めします。

私は1年半前、0~2くらいの経済の知識くらいから勉強をし始めましたが徐々に読める本が増えてきました。そして、経済に関しては知識が増えれば増えただけ次に読む本が早く読めるようになります。
基礎的な部分はどの本を読むにも必要なものだからです。基礎的な部分が増えれば、さらっと読んだだけで理解できたりする箇所が増えてきます。するとその本の全く知らなかった内容部分が半分くらい
になっています。

簡単な本を色んな著者の書いた物で沢山読めば、自ずと知らない事が少しずつ埋まって行き基礎的な部分が押さえられるものです。記憶というのは何度も繰り返して行くうちに定着するものです。
一度に頑張って覚えても忘れてしまいます。
簡単な本を沢山読む事で、大事な基礎的な知識を定着させるのが遠回りに見えて近道だと私は考えています。

特に経済の本は専門用語が沢山出てきますので、最初から難しい用語が沢山ある本は理解するのに時間がかかってしまいます。
理解するのに多くの時間がかかったからといって記憶に定着ものではありません。
一度にわからないものが沢山でてきてしまうと覚えてもすぐ記憶がぐちゃぐちゃになってしまいます。

そういう意味でも知らない事がほとんどの本は記憶が定着しにくいのでおすすめしません。
さらに大人になると記憶する方法も自分の記憶や経験と絡めてさらに記憶していく手段をとりますので一度にたくさんの新しい物を吸収しようとするのは非効率なのだと私は思います。

私が1年くらい前に、「そうだったのか!中国(池上彰)」を図書館で借りた時、知らない事だらけで正直読む気になれずそのまま読まずに返してしまいました。しかし、最近再び図書館で借りたら、内容がすんなり入ってきました。そもそも池上彰氏の本はどれもわかりやすいのですがやはり知らない単語や話がありすぎると読むのに時間と労力がかかってしまう訳です。でも、この1年で中国の知識は増えていました。特に共産主義と資本主義の事を読んで理解していたのと、中国の経済の事も読んでいました。国民党と共産党の対立の話も読んでました。このあたりの知識が増えていた事で読むのに労力もかからず、むしろ楽しんで読めました。そして、読みながら色んな他の知識と結びつけてあれこれ考える事もできました。1度読んだだけですが、前知識がある程度あったので内容はかなり定着しております。

このような事が最近多くあり、自分にとってこのやり方は合っているのだと確信しております。
そういう訳でこの方法を勧めるわけです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 18:44│Comments(0)大人が勉強をする 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文