2016年03月17日

「読み」「語彙力」がつく!幼児にRPGはおすすめ

一般的にゲームはあまりさせたくないと言われることが多いが、私はRPG系なら早くからやってもメリットがあると思っている。

というのは、RPGはアクションゲームと違い、手が小さくても、手の力がなくても、指がうまく動かなくてもできるので幼児でもできるし、文字をたくさん読まないと進めないので文字を読むトレーニングになると思っている。

息子は5歳頃から妖怪ウォッチやポケモンのRPGゲームを始めた。
長い話はやはり飛ばしてしまう事も多かったが、肝腎な箇所は赤い字で書いてあったりするので、進めるのにはさほど困らない。又、このくらいの歳というのは「ひらがな」「カタカナ」が読めるようになってというレベルで、まだ長文を読むのは苦労する年齢だ。 RPGには敵がたくさん出てきたり、特に妖怪ウォッチやポケモンは敵を仲間にする要素があり、単語(キャラクターの名前)を読む機会が非常に多い。
そこで息子はかなり文字を読む事が鍛えられたと思っている。
(息子がひらがなが読めるようになったのは4歳。カタカナは4歳半。)
 
また、当然の事ながら頭も使う。

そして、お金を手に入れて、使うという行為をここで覚える。
そこで、安いものはたくさん買え、高いものはお金を貯めないと買えないという事を覚える。
10万くらいまでの桁の数ならすぐに読めるようになる。
4歳の終わりにチラシを使って、4桁、5桁の数を読めるようにしてあげたが、継続していなかったので覚えていたかは定かではない。ただ、RPGをやり始めてからは特にこちらは教えてもいないのに、大きな数もすらすら読めるようになっていた。
やはりゲーム内で覚えられる事は結構ある。

言葉に関してはこの間外を歩いている時に突然
「木を伐採している」というので見てみると、取り壊すアパートの横の植木を業者が切り倒していた。
そんな難しい言葉をどこで知ったのか?聞いてみたら
「電波人間だよ(3DSの無料でダウンロードできるPRG)」
たしかに、大木のボスみたいのがいた章があった気がする。
他のゲームでもRPGではたくさん言葉は覚えている。

それから、「攻略本」。
これは買ってあげると、自分から調べられるようになり、「調べる」という行為を覚えられるのが良い。
字もたくさんあるので読まないといけないし、攻略本の使い方はゲームによっても違うのだが、そこは親があらかじめ使い方を確認して教える事が大事だと思う。
使い方さえわかれば、自分でそのページを開いて、どうすればいいか?見つけられる。
大体はふりがながふってあるのでひらがなカタカナが読めれば困らない。

息子は5歳の間、続けて音読等をさせていないが、RPGをたくさんやる事で日本語をかなり読んだ。
それが、文章を読むのに必要なスタート地点に立てる事につながった。

6歳4ヶ月頃になってからは漫画の単行本が1冊1時間ほどで読めるようになっていた。
たくさん文字を読んでいたので、「読みたい!」と思った時に読めたのだろう。
その詳細に関しては
漫画は多読の訓練に使える
に書いてあるので合わせて読んでいただけると嬉しい。


最後に、ゲームについてはメリットだけではなく、デメリットもあるので
その辺については別の機会に話したいと思う。
それでも、私はメリットが大きいと思うのでやらせている。






 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 21:00│Comments(0)本を読む子に読める子に | 5歳

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文