2016年03月17日

漫画は多読の訓練に使える

大人もそうだが、子供が読むのに慣れるには沢山読む事が必要だと思っている。
又、読むのを苦にしないためには毎日それなりの量の文章を読む必要がある。

息子(6歳)は元々読むのが割と好きで得意だったが、それを伸ばす為には多読が必要と考えて、 まずは楽しい読み物を沢山読ませようと考えた。

つまらない読書は続けるのが苦になる。
幼児くらいの子に自力で読ませるには真面目な絵本などは適さない。
(真面目な絵本は読み聞かせてあげればいい)

息子にはコロコロコミックを毎日少しずつ、読ませるように促した。
まずは、内容が簡単で、下品なギャグ漫画から。幼児男子はこの手の下ネタが大好きだ。
(女の子向けのこのくらいの年齢対象漫画は「ちゃお」等になると思うが、最近の内容はませた内容なようなので中身をチェックするのが良さそうだ)

具体的には
・星のカービィ
・スーパーマリオくん
・ポケモン
・デンジャラスじーさん邪
・ケシカス
・ゾンビくん

最初は読んであげたりもした。
次に、文字数は多少増えるが内容あり面白いもの

・妖怪ウォッチ
・パスカル先生
・ウソツキゴクオー君
・怪盗ジョーカー
・ドラえもん

最後に、カードゲーム等のルールがあり、毎回読み切りの話ではない話が続いている漫画

・デュエルマスターズ
・ベイブレードバースト
・バディファイト
・メットマン

これらのルールがある系は最初は親が説明しながら読んであげたものもある。

3、4ヶ月経った頃には毎月全ページ漫画を読むようになり、今では読み始めると止まらなくなり勝手に読むようになった。


元々コロコロコミックは5歳の頃、妖怪メダルなどの付録目当てで1年くらい買っていたが読まなくなったので買わなくなった。

6歳の夏、飛行機に乗る機会があり、ゲームができないので妖怪ウォッチの漫画単行本を1冊与えてみたら1時間ちょっとで全部読んでしまった。
その時に、これだけ読めるならコロコロコミックを再び読ませてもいいかもしれないと思って買ってみたら読める漫画がちらほらあり、面白さがわかれば自分から読むようになるなと踏んで再び継続して買い始めるようになった。


又、漫画が読めるようになると、情報収集手段が格段に増える。
歴史漫画等、お勉強系の漫画も読めるようになる。
歴史漫画に関しては言葉や概念が難しいのでまだまだ一緒に読んであげると言う感じだが、ほか学習漫画は置いておくとどんどん読む。


しかし、漫画は読めても文章だけになると読めないという人もいるので、小学校低学年のうちに活字のみの本に慣れさせてあげる必要はあるだろう。

息子には音読も真面目な文章で毎日少しだけやらせているからか、漫画だけにとどまらず、最近はライトノベルも読めるようになった。面白いものであれば楽しく読み進めている。

私自身、活字が苦手な子だった為、子供が読む事に関してつっかえる場所が大体予測できる。そこをフォローすることで、子供が活字に抵抗を持たなくする事ができると考えている。

具体的には、
A.言葉の意味がわからないので文章を読むのが辛い
B.読むのに慣れていなくて辛い

この二つだと思う。
私自身はBよりもAがネックになっていたと感じている。 言葉の意味がわからないと読むのは辛い。すると読まなくなり、ますます読めなくなる。普段読んでないとBの方にまで及んでしまう。という悪循環が起こる。 なので、「うちの子は文章を読もうとしない」と言う場合は、まずは子供が興味のあるものを一緒に読んであげる。難しい言葉の意味は子供がわかりやすいように噛み砕いて教えてあげる。 というのがよいのではないかと思う。

それを繰り返しているうちに少しずつ読む事に抵抗がなくなるので、抵抗がなくなったあたりからは毎日少しずつで良いので、本人が興味のあるものを読ませるようにし、活字へのストレスをなくしていってあげる。

これを続けていると、自分は読むのが苦手だという意識がなくなるので、例えばコロコロコミックに入っているギャグ漫画1本を読むという事が可能になる。 そして、この分量をこなしていくうちに読む事に慣れるのと、読む事に対して自信がついてくる。 自信がつくと、活字への移行もスムーズになる。うちの場合、ライトノベル(星のカービィの小説)を最近与えて読ませ始めたが、読む事に対する自信がある為、 「俺、カービィ好きだし読めると思う」 と買うことを伝えた時に言っていた。

息子は基本的に慎重派で自分に自信を持っていないタイプだ。しかし、そのような性格の子が言うのだから、確固とした自信があったんだろうと思う。 読ませてみたところ、内容がギャグ部分も多いので、笑って楽しんでいる。 内容についても話してくれるので、理解もしている。

と、真面目な絵本などでなくとも漫画でも、多読のトレーニングにはなる。最初のうちは音読させて、間違って読んでいないかは横で聞いてあげる必要は当然あるが、楽しい読み物にしてあげる事で読む事が好きになるのは間違いない。 道具は使いようだとつくづく思う。

そして、読む力というのは短期間に一気に上げられるものだとも思えないので、もしお子さんが読むのが苦手という場合は、半年〜1年くらいのスパンでのんびりと考えるのがよいかと思う。無理して忙してもストレスがかかり、一時的にレベルが上がっても読む習慣がつかなくなるかもしれないからだ。読む習慣をつけることが何より大事なので、無理のない量、期間で続けるのが大事だと思う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 02:30│Comments(0)本を読む子に読める子に | 6歳

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文