2016年05月28日

ミスをしないようにする事は将来仕事をする時に役立つ

ミスをしないようにする、最後にチェックする、読み飛ばさない、早とちりしないと言うのは子供の勉強に於いて、一見軽く見られがちな部分だ。

チャレンジタッチをやらせていて思うのが、こういうアホなミスが意外とあるという事。わかっているのに間違える。
これは大問題で、わかっていないから間違えるよりも良くない事だ。

でも、自分は親からその点をあまり注意された事がない。親も意識してなかったんだろう。

仕事をすればこの詰めの甘さがいかにダメかがわかるもの。
キャラで許されるのは若い間だけ。

仕事は基本的にミスが許されない。
仕事をし始めてからでもある程度はなんとかなるけど、そういう小さい事を大事にしない大人になるとやはり仕事にも影響が出てくる。

そういう意味で、それは小さいうちから意識させていくしかないと思う。普段から勉強でも、できる問題を最初に挙げた様な理由で間違わない為に、日頃から親子で意識することが必要だと思う。

受験の世界では最終的に合格点とれる事が大事だから、それを補う事でなんとかすれば良いとかあるだろうけど、仕事の世界では一回のミスが致命的なものとなる事もありうる。

受験と仕事を分けてはいけない。

ただし勉強に於いては「間違えちゃいけない」ではない。間違えてもいい。
でも、「本当は正解できたはずの問題を間違えちゃいけない」のだ。

勉強だけできて、学歴だけで入社したり、学歴高いので運良く転職で管理職として入社したりという人がいるが、仕事は業種にもよるけれども、管理職になれば部下の仕事をチェックしたりするわけで、きちんとチェックするしないかでその人の評価が分かれる。上からは軽視されたりもする事もあるが、部下などからは信頼がなくなり、不満が続出し、結果として異動させられたりする事もある。

特別な才能があって、その道で行く様な人以外は間違えない事が出来るに越した事はない。
(発達障害などの場合も除く)

仕事をしていて思うのは、また、ミスが起こりにくい工夫をすることが大事だったりする。
ミスが起こらないようなフローにするとか色々あるわけだ。
だが、チェックする時間がしっかりとれるものととれないもの。 
チェックリストを用意するまでもないものでも大事なものはミスは出ないに越したことはない。
日頃から意識をする事が大事だと思う。

そういう意味で、子供の頃からドリルやテストを「成果物」だと思って凡ミスを日頃からなくすように意識させていくのは大事な事だと思うのだ。

ただし、子供が萎縮しないように凡ミスを叱るべきではないと思う。
一緒にチェックする時間を設けるとか、指差し確認を一緒にやって習慣化するとか、そんな感じにできたらいいなと思う。

チャレンジタッチはタッチしてどんどん進んでいくので、ついつい手が「次へ」のボタンへ行きがちだ。
自分の出した答えが誤ってタッチされてないか?(「8」を選んだつもりが「9」を押していた等)等確認してから「次へ」ボタンを押したい。 

メール宛先送信ミスとか、コピペしたものを書き換え忘れとか、色んなところでよく見るミス。これとチャレンジタッチの「次へ」ボタンをついすぐに押してしまうのは似ている気がしてならない。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文