2016年06月11日

「5ドルっていくら?」と聞かれ、為替相場の話も一緒に。更に需要と供給の知識から大きく興味を広げられる!

今朝息子に、「5ドルっていくら?」と聞かれ、「今なら1ドル100円くらいだから500円くらいだよ」と伝えた。

それから、「1ドルが何円かはいつも変わるから、今日は1ドル106円だけど明日は107円かもしれないし、5日後には110円かもしれないんだよ。」

「人気のあるお金の方が高くなるの。そっちを持っていた方が沢山お金を儲けられると思った人が沢山いる方が高くなるの」と需要と供給の話も混ぜて。(もちろんそれだけではなくいろんなケースがあるけれど、子供に教えるならとりあえず。)


とまあ、朝忙しかったので、それくらいしか話せなかったが。

でも、日経新聞の1ドル106円って書いてある箇所はしっかり見せてあげた。


次はもっと具体的に、ドルが高くなるとアメリカで売っているものを買う時に今までよりもより多く円を払わないといけないから損するんだよと話したいもの。

息子はパソコン版のマインクラフトを欲しがっていて、ドル決済なので、その話を新聞の円ドル欄を見ながら毎日一緒に見ていこうと思ったり。

でも、実はこの手の話は今日始めて話すことじゃない。
4歳頃から何度も何度も話しているし、都度理解しているだろうが、まあ、忘れている事の方が多いだろう。でも、4歳でも説明の仕方さえわかりやすくすれば概念は十分に理解できる。


需要と供給の関係も今の時代、教えるのに好材料が結構ある。
例えば「妖怪ウォッチ」
人気がありすぎて普通の値段では買えない時期があった。
「スプラトゥーン」のアミーボもそうだ。そういう例を用いてある時期説明を度々していた。
ほしいけど、買えないからその説明をせざるを得なかったと言うのもある。


その後、息子はある本に
「なんで、スーパーの方がデパートよりものを安く売っているのか?」
という質問があり、
大量生産の知識がなかったので
「人気がないから!」
と答えた。

間違ってはいたけれども、供給量が同じ場合、
「人気があると(ほしい人が多いと)ものが高くなる」
「人気がないと(ほしい人が少ないと)ものが安くなる」

と言う需要と供給の概念を覚えていた。
何ヶ月も前に話した事だが、何度か話している。

この手の話は早くから始めてもいい事だと思う。

よく、「日本ではお金に対する教育がない」と言われるが、まずは最低限お金の事を知ったら、次はここからなのではないかな?と思う。
これをわかっていれば為替相場の事も理解しやすいだろうし。

市場経済のなかにいる以上、全ては需要と供給をベースに考える習慣があった方が、何かを見た時にいろんな考えが浮かびやすい。

そして、ここを押さえると、ソビエトなどの計画経済国家の話から冷戦の話に入れる。

他にもソビエトの話を知ったら中国共産党の話にもつながるところがあり、どんどん広げられる。すると、社会の事を知る事がより楽しくなる。
今世の中で何が起こっていて何が問題なのか?知りたくなる、そして勉強する。
さらに若いうちに世界の矛盾を知ると使命感に駆られ、より勉学に励んでくれるかもしれない。(淡い期待)


こういうのが大事だなと思っている。
切り口は色々あるとおもうけど、これが私の切り口なのだと改めて思った。

そして、基本的な読み書きなどの勉強を落ちこぼれないようにやらせているのは、息子がこの使命感を抱いて次に進みたくなった時に、学習面が足かせにならないようにするためだ。
やりたい事をするために知識は必要で、その時点ですぐ動けるようにする為にも学習は必要なのだ。

使命感なんてなくてもいいと言う意見もあると思うけど、使命感を持って生きてる方が生き生きできると言うのも事実だ。

辛い受験勉強だとかは勉強が楽しいと言うレベルでは乗り越えられないものでもある。
そういうのを乗り越えるためにはやはり、「勉強する目的」があった方がいいわけで、それが〇〇大学に受かるためとかいう小さいものではなく、人に影響を及ぼせるような事を目指した方がやる気は出るだろう。それを見つけるためにはやはり社会を知る事が大事だと思うので、そこを伝えていきたいなと思うところだ。

  ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!

人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文