2016年06月16日

ゲームの管理に関してと、やらせることのメリットデメリット


3DS、wiiU、他ゲームをやらせるかどうか?
やらせるとしたらどう管理するか?

ネットでいろんな意見を見てみると面白いもの。
ネット上では、1日30分とか1日1時間とか制限する事というのが一般的なようだ。
あとはピアノの練習をした時間だけゲームをやっていいというルールにするなど。様々だ。

うちは、元々は制限していなかったが、小学校に入学してからというもの時間が取れないので、ゲームに何時間も使うと勉強ができなくなったりするという事に気付いた。

元々勉強には一定量の時間を割いており、さらにチャレンジタッチと宿題が増えて多少自由時間が少なくなった。その事を説得するために、「平日ゲームは1時間」というセリフを多少使うようになった。
「今日はゲームちょっとしかできなかった」と言われても「1時間やったでしょ!」と言い返せるように。

ただ、「ゲームってそこまで中毒性あるのか?」と聞かれると微妙なところだと思う。
新しいゲームを与えれば楽しくてやる。でも、だんだん進んでくると飽きてきたり、ボスを倒したらあまりやらなくなったり、逆に途中で止まってしまってやらなくなったゲームもある。
そう考えると、ゲームソフトを新しく買い与えなければあまりゲームをやらなくなるのだ。

同じ保育園のよくゲームをやっていたお友達も最近はゲームをほとんどやっていないという。
彼は結構お父さんにやってもらっていたこともあり、自分でやっていなかったため、新しいソフトが増えない限りやらなくなったというのは納得だ。

うちはご褒美にゲームソフトを買い与えすぎた事もあり、ゲームが楽しい時期が多い。だが、それでも停滞期というのがあるわけで、超ゲーム好きの息子もゲームよりもアニメを見たいという日もあるし、ゲームより動画が見たいという日もある。「ゲームより」というよりはゲームを忘れて本を読む日もあるし、様々だ。 ゲームは割と飽きがくるものだ。

ゲームを与えて一切管理しないというのであれば、あまりソフトを買い与えなければ良い。そのうち飽きてやらなくなるので、それでもいいかと思う。

ただ、皆が必ず買うソフトというのが1年に1、2回は発売されるのでその時は管理が必要になるだろう。
最近うちでは「今日本を30分読んだら(少し難しい本)、明日学童から1時間早く帰してもらって、その留守番時間にゲームをやらせてあげる」などしている。
(最近学童で本をあまり読まなくなってきたのでそういう対策をしている)


やるべき事ばかりやらせていては、人生つまらないだろうし、勉強や読書が嫌いになっても困るからだ。「勉強時間のせいでゲーム時間が減った」とか「読書の時間のせいでゲーム時間が減った」などと言われ、「勉強」や「読書」を悪にされたくはないので。

そうするためにはどうにか両方をこなすための時間を作らないといけない。
すると、学童からの帰宅時間を早めて、一人で留守番中に好きなことをしていてもらうのが一番効率が良い。


また、ゲームのメリットは以前にも書いたが、RPGなどをやると漢字を覚えたり、語彙量を増やせたりするのが良い。ただ、アクションゲームとなると使い方を工夫しなければメリットは中々見出しにくいところはある。

詳細は 
 「読み」「語彙力」がつく!幼児にRPGはおすすめ
という記事に書いている。

それからゲームは集中するので、集中力を上げるためにはいいかもしれない。
好きなことをやり続ける力をつけることができる気がする。
また、携帯ゲームを持っていると何かと便利なことは間違いない。

うちは、2年前、当時0歳だった娘が嘔吐し、緑色になるまで吐いてしまった事があった。救急車を呼ぶかどうかの相談窓口に電話して救急車を呼ぶ事になった。
その土曜日の朝、夫は出張で家におらず一人で準備し、当時5歳になってちょっとの息子も連れて行かないといけなかった。

その時、3DSを持って行った。
こっちは下の子の事で必死なので、上には構ってられない。
だが、息子は当時発売されたばかりの妖怪ウォッチ2を夢中になってやり続け、まるで存在感はなかった。

土曜日だし、小児科の先生もいたかいなかったか、と言うくらい待たされたりしたけれど、息子はおとなしくゲームをしていたので助かった。

こういう場で携帯ゲームは役にたつ。
下の子の病院へ息子を連れて行かざるをえない事も多々あったが、やはりゲーム持参だとおとなしく静かだ。

また、お友達の親子数組と一緒にファミレス等でご飯を食べたりするとき、お母さんたちがおしゃべりしている間、子供達はゲームをやっていると周りに迷惑をかけることもなく静かな事。ゲームを禁止にしているところの子供に限って割と静かにせず、ファミレス内で騒いだりと周りに迷惑をかける事も多々あるそうだ。(友人談)

何を取るかだと思うが、ゲームをあからさまに禁止にする必要はないのかなと思ったりしてしまう。

使い方だし、3DSで子供のゲームをやる分には廃人になるほどゲーム中毒にはならない。もっと大きくなってインターネットでゲームをするようになると廃人化すると言うが、ゲーム以外で楽しい事が出てくる年齢なので心配しすぎる必要はないかと思う。

自分の話になるが、私も小学生の頃はかなりのゲーマーで、妹と交代しながらではあるが長時間ゲームを毎日していた。けれども、ゲームのできるテレビは限られていたので、夜は布団を敷くためにゲームはやめざるをえない環境だった。ゲームが大好きで寝ても覚めてもゲームだった。

ただ、自分が買ってゲームソフトを買ってもらえるタイミングは決まっていたので、年に2つか3つくらいをそれなりにやり込む。でも、男子と違い、クリアするまでが楽しく、コンプリートには興味がなかった。

そんな私もゲームをやりまくっていたからか、中学生になるとそこまでやらなくなってしまった。飽きたのだ。

大好きだったファイナルファンタジーやドラクエは中々ソフトが出なかったので、中学生の頃はやるゲームがなかった事もあり、あまりやらなかった。

FF7は任天堂からではなく、プレステで出てしまったので、本体を親の知人に借りるまではやれなかった。ただ、その頃は高校生になっておりゲーム以外に現実世界の方が楽しくて、FF7を最後にほぼゲームはやらなくなった。


逆にゲームをやらせてもらえなくて、大人になってからどっぷりはまる人もいるので、必ずしも禁止が良いとは思えない。

禁止していてもゲーム目当てでお友達の家に行く話もよく聞くし。

本人が欲しがっていても与えない、又、やらせる時間を制限しすぎると反動が出るという現実があるので、それを覚悟した上で禁止にするしかない。

新しいソフトをあまり買い与えない、手伝わないを徹底すればゲームを持たせてもやらなくなる確率は上がるだろう。

うちの場合はゲームの面白さは伝えたいし、クリアまではさせたいのでそういう事はしないし、やる事をやれば、わからないところは調べるのを手伝ってあげたり、攻略本を何かのご褒美であげたりするが。
 
ただ、やはりそれができるのは親がゲームよく知っているからとも言える。 
私はRPGの基本をドラクエやFFから学んでいる。

妖怪ウォッチやポケモンはシステムは違えど根底は同じRPGだ。

5歳の息子が一人でポケモンをやる為に分厚い攻略本は買い与え、攻略本の使い方は簡単教えた。辞書を引くように、全体のフローチャートから詳細を調べる形式で、慣れないものだったが。
息子は進めたいから何とかその攻略本を使って調べる。そして読む。
5歳、6歳の頃は本は読ませなかったが攻略本はかなり読んでいただろう。

と、いい面もある。

だが、やはり、家にいる自由時間はゲームになってしまい、ゲームができない日は切れたりする事もあるので、そういう負の面も知っておく必要があるだろう。

例えば、お勉強系の遊びをしようとしても、ゲームがやりたいとなってしまうのもデメリット。
「もし、ゲームがなかったら、それ楽しそう!」ってなってくれただろうなと思う事に関してはいつも残念に思う。

この面に関しては、我が家では徐々にシフトしていければなと思っている。
(やはりゲームによる刺激は強すぎるが) 

 

小学校教育 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文