2016年06月27日

チャレンジイングリッシュ オンライントーク(フィリピン人英会話)

チャレンジイングリッシュ。結構すごい!

今回は月1回のペースで受けられる「オンライントーク
というものについて書く。期限切れギリギリになんとか受けられた感じだ。
(チャレンジタッチのウェブカメラを買うか悩んだりしていたら時間が経ってしまった。結局ipadで受講)

これは所謂「フィリピン人講師とのオンライン英会話」だ。
チャレンジイングリッシュではないフィリピン人オンライン英会話を私自身が使ったことはあるのでどんなものなのか?はだいたい想像できていた。

だが、チャレンジイングリッシュのすごいところはとにかく子供でもわかりやすいように考えて作られている。こちらはチャレンジイングリッシュのおまけとして付いているようでもあるのだが(むしろ目玉?)、月2,040円(税込)とかなり格安で、電子教材とこのオンライントークが1回分付いている。(オンライントークは追加も可能)

オンライントーク以外の部分に関しては又別の機会に書こうと思うが、オンライントークはすごい。
普通のフィリピン人英会話だと、これだけ子供向けに特化してくれてやってはくれない。
そして、マニュアル化されているので先生のレベルに依存しないというのもメリットだと思う。(まだ1人しか先生知らないのでどうなのか?わからないが)

正解したら下記の写真のようにかわいい絵付きの棒を動かしてくれたりする。しかも何種類もある。

39


そして、画面がipadだと2等分されていて、片側にカメラ画面もう片側に図や日本語の説明が出てくる。ここが素晴らしいのだ。大人でも、言葉の通じない外国人といきなり話をするのは大変だが、子供の場合、尚更わかるわけがない。そこで、右ページには今何をするべきなのか?や、先生が何を説明してくれているのか?図解してくれたりしている。これは大人向けのフィリピン人オンライン英会話ではできないだろう。

16

32


また、良かったのが、終わったあと2週間はPCからログインして、授業の動画を確認できるというもの。
子供の顔も先生の顔も動画で流れて、説明画面も同時に流れて。ヘッドホンをつけられてしまうと何を話されているのか?わからないので後から確認できるこれはとても良い。

それから、初めて英会話をやる子にはどういう感じなのか?はわからないが、月3回英会話教室に通っている息子の場合、英語を聞いたり話したりを普通にはできないが、それでも今回のレッスンはスムーズにやっていたし、「Excuse me」や「I'm●●(名前)」などは普段から英語教室でよく出てくる文章なので、やりやすかった。小さい頃から英会話教室に通っているからか?恥ずかしがり屋の、小心者の息子が動じず親の手も借りずやっていたのはびっくりした。

チャレンジイングリッシュだけで英語力をどこまでアップさせられるかは未知数だが、月に数回、英会話教室に通っていて、サブでチャレンジイングリッシュをやるのはとても良い気がしている。
(ちなみにうちが通っている英会話教室は月5,000円なのでチャレンジイングリッシュと合わせると、英語には月7,000円ほど費用がかかっている)


それから、英会話教室に通っていながらチャレンジイングリッシュをやり始めたのには理由がある。
息子の通う英会話教室は紙に書いたり、スペルを覚えたり、読んだりしない英会話教室なのだ。
その方が右脳を刺激して伸びると言われているところもあり、それが本当かはわからないけれども否定はしていない。だが、息子が小4くらいになった時に、お友達はだいたい英語教室に通っていると思うので、お友達は英語の読み書きができ、一般的な単語を結構知っていると予想される。負けず嫌いの息子は「自分だけできない」と凹み自虐的になるのが目に見えていた。

なので、チャレンジイングリッシュで適当に英語に触れておいてくれれば、読み書きは人並みにはできるようになって、単語も普通に知っている状態になれるかなと。そうすれば息子も自虐的にならずに済むだろう。そこを狙って始めた。
だから、レベルもレベルチェックのレベルより1下げて始めることにし、息子に負担がかからないように気楽にできればなと始めたものだった。

そういう意味では、うちの英会話教室のように、読み書きをせず、単語もかしこまってやったりしないような教室と併用する事で結構効果を発揮しそうな気がしている。


また、うちは0歳(6か月)から英語教室に通っているが、
英語の早期教育について思う事」という過去記事にその理由等を書いているので良かったらこちらも読んでいただけると嬉しい。
 

こちらの記事も参考していただければと。


●2017年から始めたオンライン家庭教師(skypeやzoomで授業をします)の生徒さん募集を久々にやっております!
こちらに書いております!


★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!

 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文