2016年07月03日

チャレンジイングリッシュ 変な生き物「フレディ」の動画コンテンツにはまる!

チャレンジイングリッシュはチャレンジタッチをやり始めた時、やるつもりはなかった。
だが、いろいろ考えてやることにし、タッチから1ヶ月で開始した。
(理由は チャレンジイングリッシュ オンライントーク(フィリピン人英会話)に書いている)

息子(7歳 1年生)にはゲームか、何かで忘れたが餌で釣ってやらせることに。始める時、当然のことならが嫌がっていた。 
 始めてみると、そこまで嫌そうでもない。意外と楽しそうではないか?
 
 タブレットやパソコンを使ったオンライン学習は英語にはとても向いているように思える。
というのも、特に小学校低学年の間は、リーディングよりリスニングや発音重視だと思う。 
紙の教材だとリーディングやライティングが中心となる。

英語のリスニング力は小さいうちから英会話を習っていた方が身につく!?」で書いが、リスニングや発音はリーディングやライティングよりも先にやっていた方がいいと私は考えている。
なので、チャレンジイングリッシュはリスニングや発音することに重おきを置いているのでとてもいいなと思っている。もしかしたらレベルがもっと上がると読み書き、聞く言うの比率が変わってくるのかもしれないが。(うちはレベルチェックで出たレベル3から1下げてレベル2です)

問題も子供の好きな3択。
英文が流れて、正しい絵を選べという問題があったりもする。
意外にポイントポイントの単語を掴むと答えがわかるようになっており、正解するとモチベーションが上がる。
うちの子は私についての自己紹介ページ(educa MaMa(エデュケママ)sayaの探求について)に書いたように完璧主義がすごいので間違えるとキレる。
なので、間違えそうな問題は私が張り付いて、先に答えをえらばせて間違っていたら指摘し、正解をタッチさせるようにしている。そうすることで完璧主義の息子はストレスを溜めずに済んでいる。
(だが、私がリスニングが苦手なので、リスニング中心の問題になると間違えたりし、それでミスってキレられたこともあった。)



それから「フレディ」という変な生き物の動画があるのだが(どうやら実はアルパカらしい)、これが面白すぎる。ピクニックに行って、飲み物をみんなで飲んでいる時に納豆を勧めてくる少年がいたり、ピクニックに持って行ったリュックにサッカーボール並みのおにぎりが入っている子がいたり。
それから、お友達の家に遊びに行ったフレディが「おかしたべたい」言うとお菓子をもらうのだが、その食べ方の品の無さといったら、、、大爆笑。フレディがトランプでババ抜きをする話も面白い。これは最後の2枚(うち一枚はババ)になったフレディが、お友達にカードを取ってもらうシーンで、お友達がババじゃない方を取ろうとしたら「そっちは嫌だ」と言わんばかりにそのカードを取らせないというオチで終わる。

 とにかく子供の気をひくよう内容がギャグ漫画のようでとても良い。
息子は最初は「つまんなそう」という目で見ていたが、このフレディの動画は親子で毎回楽しみだ。

ただ、チャレンジイングリッシュのデメリットが1つある。
音声認識の精度だ。
全然違うことを言っても丸になる確率が高い。
英文を言わないといけないのに、その訳の日本語を読んでも丸になるのだ。
うちとしては完璧主義の息子なのでその方がいいのだが、たまに、あっているのにバツになることもある。そういう時は息子もとてもキレる。
精度が低い事で丸にしてくれるのは完璧主義の子にはとても良いのだが。

まあ、タブレットに全てお任せではやはり良くないので、そこは親が補ってあげて発音に関しては言えるようにしてあげるのでも良いと思う。
発音等をしっかりやりたいなら親が手伝ってあげるのがいいだろう。

オンライントークについては先日別の記事に書いているので、そちらを見ていただきたい。
チャレンジイングリッシュ オンライントーク(フィリピン人英会話)


●2017年から始めたオンライン家庭教師(skypeやzoomで授業をします)の生徒さん募集を久々にやっております!
こちらに書いております!


★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!

 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文