2016年07月25日

親のエゴではなく、子供の将来のためにも子供におしゃれをさせよ!

子供のビジュアル、つまり見た目、服装髪型色々。
これって気にする親と気にしない親がいる。私はバッチリ決めすぎたり、やり過ぎは好きじゃないけど、カッコよく見える、可愛く見えるように髪型や服装を多少コントロールしてあげるのは大事かなと思っている。

服に関しては、子供たちの中でダサくないものを着てればよい。あとは似合う色を着せたりとか。
女の子なら今風のものを着させれば良い。

■そして、大事なのはやっぱり髪型かな?と思う。
それは、髪型って、大人もそうだけど、髪型が変わるだけで3割り増しに見える事が多いからだ。

2歳くらいの子はまあ良いとして、幼児くらいになったら前髪パッツンも大人から見たら可愛いけど、少しすいたりして大人っぽくしてみたら?とか、丸坊主や角刈りはもう少し伸ばしてみたら?坊ちゃん刈りはもう少しすいたら?と思ったりする。

自分が小1の頃、マルコメやスポーツ刈りの子は結構いたけどかっこいいと思わなかった。笑
(イケメン君はスポーツ刈りでもモテたけど   あと、本当のスポーツマンは髪型関係なくモテた。私はスポーツマン好きじゃなかったが。)

これはあくまで私の趣味かもしれないけど、たぶん同一人物の髪型が違う写真を並べてみたら一目瞭然だと思う。


■どうして、私が「親のエゴではなく、子供の将来のためにも子供におしゃれをさせよ!」と思うのか。

それは、かわいい方が、かっこいい方が自信が持てるからだ。
 そして、可愛く見える、かっこよく見える容姿はやはりモテるモテないに多かれ少なかれ影響する。

人間誰しも人から好かれると嬉しいし何より自信に繋がる。
逆に、小さいうちから全く恋愛と無縁すぎる場合、或る日突然得意になる事は稀だ。 

モテる子は恋愛に積極的になれる。逆にモテない子は「恋愛に無縁な状態」だ。それを親が作っておきながら、「なんであんたこの歳になっても結婚しないの?」なんて言えるだろうか?いや言えないだろう。 だけど、学力アップの為に必死に教えるけど、モテ力アップの為に何かを教える親は少ない。
 
元々性格的に放っておいてもモテるタイプや積極的なタイプは容姿に気を配らなくても良いと思うけど、そうじゃない場合、少しでも見た目をよくしておいたほうがモテるわけで、モテるとやはり自信に繋がる。この「自信」が大事だと思う。「自信」は「勇気」にもなるし、「挑戦」にも繋がる。

そして、恋愛をすると1人の相手としっかり向き合えるから自分以外の人間というものをじっくり理解できるわけで、それは生きる上であるに越したことのない能力だと思う。相手のことを思ったり、考えたり、これって仕事でもなんでも必要な力だと思うのだ。 
だから恋愛から程遠くならないように、容姿はそれなりにしてあげた方がいいよね!と思う。 

特に内向的な子の場合、恋愛がほど遠い。容姿が良かったり、雰囲気があったり、スポーツが得意だったり、面白かったりと小学生のうちはそういうのでモテるモテないが決まる。勉強できてもモテるわけではないのが現実だ。

だから、そういうモテポイントがないお子さんの親御さんはお子さんの見た目をよくしてあげると、それだけでかっこよく可愛く見え、それでもし、告白されでもしたらその子に自信をつけさせてあげられるので是非髪型がだけでもかっこよく、可愛くしてあげたらいいのではないか?

小さいうちから自分はもモテないと言うセルフイメージを持ってしまうと、なかなか挽回が難しい。元が良ければ大学生くらいで、頭が良ければお金を稼げる職業についたらモテ期が来るかもしれないけど、そこまでは長すぎると私は思ってしまう。

後、今は2次元で疑似恋愛を楽しめるゲームなどもいろいろあるので、高校生くらいになって、そっちの道で満足しちゃうと、現実世界の方は面倒だからと更にリアルな恋愛などから遠のく人もいると聞く。

色々経験した上で生涯独身を選択するのは良いとして、結婚したくても結婚できないのはやはり親としてもなんとかしてあげたいと思うものだろう。
でも、それって恋愛結婚が一般的な社会では、大人になってから親が何かしてあげようと思っても、何も力にはなれない。できる事があるとしたら時代にそぐわないが、お見合いさせるなどするくらいだろう。


■私が早いうちからオシャレを進める理由がある。
中学生くらいになると、男の子も私服はオシャレをしているように見える。街を歩いているとそう思う。だけど、髪型がいけてない。よく思う。
そして、一部の子は変わりたいと、中高でイメチェンしたりするんだけど、かれこれずーっと見た目を気にせずにいた子はその姿を変える勇気がない。かっこよくしている子に憧れてもなかなかできない。

英語の早期教育について思う事」の記事でも書いたが、中学生になってからいきなり英語の発音をしなさいとなっても、英語の発音をする事がかっこ悪くて気持ち悪い。だから、そんな事を思わず、ふざけて英語の真似をできるくらいの幼少期から英語はやった方が、拒絶反応なく学んでいけると言うのと同じで、オシャレもある程度幼少期からした方が、恥ずかしいとかそういう抵抗なくできるんじゃないか?と思うのだ。

例えば今風の髪型にしたとしよう。
小さいうちならからかわれない。
周りも羨ましいとか思わないから、妬んでからかってくる子もいないだろう。

でも、ちょっと大きくなってから同じ事をやると、妬みなども混ざって、おちょくられる。それを見てる友達は皆おちょくられるのが嫌で、憧れても自分はやろうとしない。多分そうなるのが予想される。

だけど、実際はそこを突破した者や、くぐり抜けてきた者だけが女子にモテたりするのも事実だ。

そう考えると、小さいうちからそういう髪型にしておけば「裏切り者!」と足を引っ張られる事なく過ごせるのではないかと思う。
もちろん髪型だけではないが、中学校は制服だし、髪型をカッコよく可愛くしただけで3割り増しが実現できるのだからやった方がいいに決まっている。


■自分たちの子供の頃を思い出してみよう!
容姿に全く気を使わない、元もよくない、性格もパッとしない、女子と話したりもしないそんな男の子好きになったりしたか?
愛嬌もない、見た目も可愛くしていない、社交性もない、静かな女の子を好きになったりしたか?
ま、色んな趣味の人がいるから中にはこのようなマイナータイプを好きになる人もいたと思うけど、だいたい人気のある子というのはそれなりに見た目を良くしているor元が良い。(性格でめっちゃモテる子はそりゃいたけど。その人には並外れた能力があったわけだ。)

大人になれば、「人は見た目じゃない」と言える面もある。見た目以上に良いものがある人にはそれは言えるけど、性格的にパッとしない場合は見た目でなんとかするしかない。性格より見た目を変える方が簡単だ。でも、大きくなってからだと見た目を変えるのも簡単ではなくなる。そういう意味で幼いうちから大きな力を必要としないうちに見た目を良くしてあげる事ってある意味大事かなと思う。 


■そうそう、子供のヘアカタログまとめ等がweb上にある。
http://matome.naver.jp/odai/2134408856043012001 など。 
ちょっと行き過ぎの髪型も多いが、中にはちょいかっこいい感じのものもある。
もし美容院に行っているのなら、こういった髪型にしてもらうのは良いと思うし、家で親御さんがまねして切るのもありだと思う。
動画も色々出てくるし、子供が小さいうちなら多少の失敗も許されると思う。(笑)
お金をかける必要はないが、子供の見た目に気をかけてあげるというのは大事だ。

うちの場合、息子がお風呂で髪の毛をいじりながら鏡を良く見る時期が年中ごろあり、 そのタイミングでwebの男の子のヘアカタログを見せて、その中から気に入ったものを選んでもらい、いつも通っていた美容院(2000円前後で子供は美容院で切れる)でその髪型をお願いした。それからはずっとその髪型。(私は1000円カットで良いと思っているが、夫が「息子は髪の毛が柔らかいし少ないから美容院で切らないとカッコよくしてもらえない!」という理由で高いが美容院へ通わせている。)

それ以前とそれ以降で、あどけなさが違う。(笑)
それ以前は「可愛らしい」。つまり幼い感じだ。
それ以降は「生意気そう」な感じがある。(笑)

だが、友人知人から (大人)「かっこいい髪型、どこで切っているの?」と聞かれたことが数回ある。
客観的に見てもその髪型は割とよく見えるのかな?と思う。(伸びてきたり、切った直後などはコンディションの良し悪しあるけれども)
おばあちゃん(私の親)にも「あら、〇〇くん、なんか今風の髪型じゃない?」と言われたが、私は「これからの世の中厳しいから、まともにお金も稼げるようになれるかもわからないし、せめて見た目を良くしておかないと結婚してもらえないから」と言ったら、「そうだね(笑)」と納得してくれていた。 おばあちゃんが見たらやっぱり「今時の髪型を幼児がなぜ?」って思うだろうから。

実際の所、このお婆ちゃんに伝えた内容は強ち大袈裟でもなんでもないと思っている。

というわけで、子供にオシャレをさせる事は悪い事ではなく、寧ろメンタル面に良い影響をもたらすと言いたい。

人気ブログランキング
 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:00│Comments(0)子供の将来 | ブログ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文