2016年08月07日

「うちは女の子だから、そこまで(勉強とか学歴とか)しなくていいかなーと思う。」冷静に考えたらその発想だとその子の将来危なくない?

「うちは女の子だから、そこまで(勉強とか学歴とか)しなくていいかなーと思う。」と、友人に言われた。
私もその時は「そうだよね」と言ったし、そう思っていたんだけど、これって実際には冷静に考えたらその子の将来ヤバくないか?と。

因みにうちは下の子は女の子で2歳半。
自分が仕事をしていて思うのは、女性こそ手に職をつけたり、育児しながらでも男性並みに稼げたりできないとこれからは更にやっていけないなと思うもの。
だから、女の子なだけに、上の子(男の子)以上にシビアに考えているところがある。

「自分は結構変わっているから、そう思うのかもな」と思っていたけど、冷静に考えたらやはり
「女の子だからと悠長にしていて良いのか?」「いや、よくないだろう」と思えてきたのだった。 


①男性の収入の伸び
すでにそうなってきているが、昔に比べたら男性の収入が上がりにくい。なので、奥さんの収入が必要なのは目に見えてわかる事であり、専業主婦になれる人は更に減ると思われる。

それだけの収入を稼いでくれる男性と結婚できる確率は更に低くなるだろうし、仮にそのような収入の方と結婚できたとしても、稼いでくる方に主導権を握られ自由を失うかもしれない。最悪離婚した後生活できるだけ稼げるのか?


②女性は子供を望むと仕事から離れる時期が必ずあり、そこで男性社員との差がかなり広がる
又、普通に就職していても女性は出産育児があるので、結婚相手にもよるが基本的には会社で出世は難しい。

仮に同じ能力の男性がいたとしよう。その場合、その男性は出世できるが、育児をメインでやらざるを得ない女性は子どもが大きくなるまで出世は難しい。

どんどん差が広がるのは誰が見てもわかる。

更には収入。
育児をする為に残業できないので収入は同じステータスの男性より低くなる。
そう考えると、男性は頑張れば何とかなるが、女性は頑張るタイミングに頑張れない状況がある。

国が労働時間に関して、かなり厳しく取り締まるような社会にならない限り、女性が子供を持った上で平等に戦う事は難しい。

短い時間で効率よく働ける人が評価されるべきだという議論は良くあるが、会社側から見たら利益をもたらしてくれれば結果的には効率なんて極端な話どうでも良いところだと思う。
企業は利益をあげ続けないと存続できない。成長できない。成長しないと社員への給与を上げることもできない。

そういう事を考えると、企業単位で残業を完全になくし、すべての社員が同じ時間しか働かせないという事は出来ないだろうし、すると育児をする(介護もそうだが)社員、すなわち労働時間が短い社員にとって不利になる状況は変わらないだろう。

それ以外に「効率」だけが良いとされない職業もある。クリエイティブな職業には余分と思われるような時間も大事な時間だ。面白いものを生み出すためには効率効率といって無駄を排除しすぎても生まれない。きっとそういう職業の労働時間を必要以上に短くすることはできないだろう。


予め不利になる事が分かっているのだから、女の子はそれを想定した上で、男の子以上に何かスキルなどを身につけておく事が大事だと思う。保守的な子なら尚更、子供のうちに親が将来希少価値が高くなるだろうスキルを予測してそれを身につけさせておく必要があるかもしれない。
女性は子供を望むのであれば、がむしゃらに働けなくなる時期が必ず来る。(育てるのは男ができても産むのは女性だし。)そこを見越して何か続けられる事を考えておく必要があると思うのだ。

「女の子だから、家政科でいいや」とか「女の子だから短大でいいや」とか、そういう安直な考えでいると将来お子さんが大変な思いをするだろう。そんな時代にどんどんなりつつある。
もちろん、「家政科」だって、「短大」だって、将来を考えた戦略や目的があって行くのならそれは良いと思う。ただ、昔みたいに「女の子だから」という理由でそういう道を選んでその先の道はあるとは思えない。

その代わり、逆に昔は「子供の頃の夢なんて叶わないよ」って言われていたような「お菓子屋さん」だとか「お花屋さん」とかでも魅力的なもので多くの人が欲しがっているサービスだったりすればお客さんは全世界の人となるので実現できないものでもない。(お花屋さんは生物を扱うので、全世界と言うより日本全国といったところか)
なんとなく、「女の子だから」といった理由で適当な大学や学科に行かせるのはお金の無駄だ。ならば、子供夢見たいな夢でも、プロフェッショナルとして目指したいものを目指して、それをいかにビジネスとしてやっていくかを学べる場へ進むのが良いのではないか?と思う。
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文