2016年08月09日

酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)の母の手記を読んで思った事 繊細な子には「勉強でもなんでも良いので自信をつけさせるべき!」

酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)の母の手記「『少年A』この子を産んで…」を妹が貸してくれたので読んだ。(こちらは相当昔の本。「 絶歌」は読んでいない)

これを読んでびっくりしたのは「前兆」と思われる事件などが、何度も何度も行われていた事。そして、それは小学校5年生の頃から目に見える形で始まっていたという事。

この手記にはいろんな批判があり、実際は母親のおかしな言動なども様々取り上げられているので、この本1冊読んだだけで全てを結論づける事はできない。

ただ、読んでいて思った事。
大きくなればなるほど、軌道修正は難しいという事。
それは、親子の関係だったり、少年の自分に対するイメージだったり。

大きくなってから何とかしようと相当努力すれば人は変われる。それは嘘ではないけれど、素直な心が生きている小学校3、4年の間に、心の歪みは、心の傷は癒し始めてあげないと後々大変な事になっていくのは間違いないと思えた。

私が個人的に思ったのは、まずこの少年Aは非常に繊細な性格に生まれた。ここはうちの息子とも被るのですごくよくわかるのだ。かなり、丁寧に育ててあげないと歪む可能性のある部類の子だ。ある意味凄くまっすぐで、まっすぐすぎて周りがついていけないくらい。

少年Aはかわいそうな事に、自分とは真逆の非常に鈍感な母の元に生まれ、更に年子の弟、更に2個下の弟がいる。
お父さんは仕事が忙しく家にはいない事も多く、子供には無関心だったという情報もネットにはある。
仮にお母さんの性格が鈍感でなくとも、お母さん1人で歳のかなり近い三人の息子を育てるというのは想像を絶する程の大変さだ。
上の子を放置せざるを得なくなるのは目に見える。厳しくなるのも仕方ない。

上の子ほど、ケアしないといけないという話は最近よく聞く。
上の子はどんどん奪われていく側の人間だから、「我慢しろ」というのはあまりに酷な話だと思うし。
まずそこはかなり少年Aに与えた影響は大きい。


そして、このフォローのない状況でお母さんはこの繊細な少年Aに対して、「勉強なんかできなくてもいい。社会に適応できる、世間に出して恥ずかしくない人間になってくれさえすれば、それでいいではないか。」と思って育てたそうだ。

ここも、問題は大きいなと私は考えている。
この少年Aのような繊細な子の場合、何か勉強でも、スポーツでも、絵や音楽でも一つでも自分はこれができるという自信を持たせてあげないといけないと思っている。

繊細である事は他の人とは違うということ。他の人より感じ易いという事は疎外感を感じやすいのだ。疎外感を感じていくと自分を守る為に「自分は特別な人間だ」とかある種の「選民意識」みたいのを持ち始める。

こういうタイプであっても、もし何か得意なことや好きな事などうち込めるものがあれば、そこに向かって人と違う自分を受け入れられた。でも、彼には打ち込むものがないから、「自分にはこれ」と言うのがないから、だから、この疎外感を攻撃的な物として表現するしかなかったのだろう。

そして、こういう繊細な子が勉強をやらされて良い成績だったり、音楽やスポーツをやらされて期待されて辛かった時、少年Aのように情緒不安定になる事はよくある事だと思うのだが、もし仮に何か得意な事があったとしよう。それが親にやらされていたとすると尚更反抗心が生まれる訳なのだが、その時もし得意な事があったら、「それを止めてやる!」と言う大きな反抗ができる訳だ。犯行にならずに。

少年Aの場合、Aのお母さんが 「社会に適応できる、世間に出して恥ずかしくない人間になってくれさえすれば、それでいいではないか」と言っていたので、それに対しての反抗とも言えるかもしれない。(社会に適応できる、世間に出して恥ずかしくない人間になってくれさえすれば、それでいいではないかなんて、ある意味勉強できる子になってほしいより求められている事のレベルが高いかもしれない)

疎外感を感じている者ならやはり自分が実は普通じゃない事をどこかカミングアウトしてやりたい気持ちに苛まれている。その表現方法として、「ドロップアウト」と言うカードが使えるのだ。

そしてそのカードは「誰かから期待されている」からこそ使う事ができるのだ。
誰からも期待されていない者が使っても見向きもされない。すると、振り向いてもらう為にとんでもない事をし始めるようになる。

そういう意味で、子供に対して「期待してるんだよ」と表現する事は大事であり、何か一つでも得意な事などを見つけて自信をつけさせてあげる事。これは非常に大事だと思う。


ちなみに私がこう、繊細な人の気持ちが想像できるのは自分自身がある時期突然この繊細な人間になり始めたからだ。
私の場合、2面性というか、繊細だったのは乳児の時期と中学生以降で、高校生くらいからは繊細な自分とずぼらな私が統合されてきた感じだ。

私が高校生の頃この事件は起こった。その時思った事は
「一歩間違えたら、自分も同じような事をしていたかもしれない」
と言う事だ。その時は寒気がした。息苦しくなった。

私だけでなく、多分こう思った子は他にも沢山いるだろう。それくらい、酒鬼薔薇聖斗予備軍はその辺にいるのであり、何も特別な事ではないと思う。

ある最悪な条件が揃いに揃ってしまったから酒鬼薔薇聖斗は生まれた。

その最悪な条件の一つに、
「親から人格面以外、期待されなかった事」と
「自信を持てる事や打ち込める事がなかった事」
があるのだろうと私は考えている。

母親が鈍感な性格から繊細な性格に変わる事はほぼ不可能。
歳の近い兄弟が沢山いて幼児期から自立を求められ厳しくされるというのは簡単には変えられない。

歳がくっついているなら下の子の年齢もあっという間に上がるので、手がかからなくなるのも早い。
もし、歳の近い下がいてフォローできなかったとしたら小学校半ばまでにはフォローしてあげたほうが良いだろう。

まだ、純粋な心を持って大人の話を聞けるうちに。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文