2016年08月10日

バカにしていた算数セットの計算カード意外と便利 これを使って戦いゴッコをやる

繰り上がり、繰り下がりの計算が覚えられない息子。
もう数やるしか覚えるようにならないとは思っているので、やらせる為に色々試してみた。

できない事をやるのが苦痛の完璧主義タイプの息子はこの苦手を克服する練習が大嫌い。親も大変。いかに嫌がらずできるかを模索し続けている。

小学校の夏休みの宿題で、計算カード(繰り上がり、繰り下がりなし)を毎日やるというのがあるのだが、繰り上がり繰り下がりのカードも一緒に入っていたし、なんか意外と使い勝手が良いので(混ぜこぜにできるし)夏休みを利用してこれを徹底的にやろうと考えた。

とはいえ、結構時間がかかる。
そして、何より集中力がすぐに切れる。なので、1人でやらせるのはやめた。

ところで、昨日楽しいやり方を思いついた。うちにはポケモンや妖怪ウォッチのぬいぐるみが沢山あるのだが、それらを戦わせる事にした。



息子が計算正解したら私のメガ進化ポケモンがダメージを食らう。実際、ぬいぐるみ同士で攻撃をする。逆に息子が間違えたら私のメガ進化ポケモンに攻撃される。適当なところでやられたら新たなメガ進化ポケモンにチェンジする。ポケモンリーグみたい。

細かいルールは決めていない。
細かいルールがあった方が夢中になるタイプだったら、例えばおはじきを分けて、それをHPとする。1回正解で1ダメージ。HP分のおはじきがなくなったらポケモンチェンジとか。細かいルールは色々考えてやればいい。

何より小学校低学年の男の子といえばこういう戦いが大好きなので、そんな細かいルールなくても喜んでくれる。

中には遊び要素が強いと更に集中できなくなる子もいるだろう。だから、みんながこのやり方に向くとは思えないけど、うちの子みたいには向いている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 19:24│Comments(0)計算 | 楽しく学ぶ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文