2016年08月20日

絵日記、作文の「どう思ったか?」は「ポジティブな事を書かなくても良いんだよ」と教えたい!

息子の小一夏休みの宿題を見ていて思った。
宿題はドリル以外が7つもあり、そのうち半分くらいが文章を書かせるものだった。

A.絵日記(2枚)
B.お手伝いをやってどう思ったか?(道徳の教科書内)
C.朝顔の花、実の観察
D.読書カード 心に残る場面の絵と文を書く。(文章は本から抜き出す) 

AとBは出来事や事実だけでなく、思った事を書かなければならない。
宿題はさっさと終わらせたかったし、まだ1年生で管理能力もない息子なので、これらの宿題はつきっきりで見てあげた。

1年生から放置でできるならそうしたいが、こう言った内容を出されるとなかなか本人に任せるわけにもいかない。「どうやっていいのか?わからない」と言われてしまうものだ。
見るまでは結構嫌々だった私だが、やはり見てみると色々思わさせられることもあった。
夏休みの宿題は学校で教えて貰えない事を家で教えられる絶好の機会だとある意味思えたのだ。

ただし、親がきちんと見れる場合に限ってだが。

で、私は作文の書けない子でとても苦労したから子供にはそういう思いをさせたくないと思っている。
とはいえ、作文が苦手だったのは小学生の間だけで、中学校に入ってから一気に文章を書けるようになった経験があるので、自分なら子供にどうしたら作文が書けるようになれるか?幾つか伝えられる事がある。

作文がかけない理由
1.文章を書く力が足りない(語彙力含める)
2.何を書いていいのか?わからない。

大きくはこの二つに尽きるだろう。
私の場合、後からわかったが2だった。
文章を書く力が劣っていたわけではなかった。至って普通だった。
だが、「作文」となると何を書いていいか?わからず手が止まった。
授業中、書いているふりをしては消して、終わらないからと持って帰った。

そして、家で泣きついて親に文章を考えてもらう。
この繰り返しだった。

そして、親の前ではああだこうだ言われるのが怖くて、一文も書けなかった。
だから全部文章は親が考えて、それを書き取った。
自分はすごく苦手意識を持っていたからそうせざるをえなかった。
「書き方を教えてくれればよかったのに」とそう思う。

よく、国語の教科書には「作文メモを書こう!」といったページがあるにもかかわらず、実戦では時間がの関係なのか作文メモを書く授業はほとんどなかった。いきなり原稿用紙を配られて書き終わった人からおしまい。これでは上達するわけもないし、できない子は途方に暮れるのみ。
やはり、書き方というのもはきちんと教えてあげたいなと思った。
だから、今回息子には5W1H的なものを質問して、メモがきを残した。これを見ながら文章にした。
とはいえ1年生の宿題レベルだと5W1Hで埋まってしまう感じだ。
なので難しいものはない。

ただ、最後に「どう思ったか?」などを書くのが醍醐味であるので、そこを息子に「どうだった?」と聞いてみると、

「え?これって『楽しかった』とか?そういうの書かないといけないんでしょ?」
と最初から嫌そうな顔をした。

息子は私が中学校の頃に持った疑問のような事をこの歳で突っ込んで聞いてくる。
自分の気持ちに素直な子なのだと思う。だから、きっと楽しくもないのに「楽しかった」と書く事に違和感を覚えるのだろう。だから嫌そうな顔で聞いてきたのだ。

私は
「いや、別に『楽しかった』とか書かなくていいよ。『暑くて喉が渇いた。』とか『疲れた』とかで」
と。
そしたら息子は素直に話を聞いて、そう言った類の感想を述べ、それを書く事になった。

息子のようにネガティブな気持ちばかり出てくる子や何も感じない子に無理に「楽しかった」とか書かせようとするので、作文が書きにくいと思う子が出てくるのだと思う。
もっと、見本の文章などに、こう言ったネガティブな気持ちが書かれているものや、何も思わなかったという感想が書かれている見本があればいいのになと思う。
そういうのがあれば、「こんな風に書いてもいいんだ」と普通に文章を書くことが嫌ではなくなる。

私もずーっと苦手意識があったのだが、それがなくなったのはこう言った類の経験があったからだ。
中1の国語の授業。教科書で「谷川俊太郎」を扱った。その際、若い女の国語の先生が谷川俊太郎の詩集を読んでくれた。そのある意味稚拙な内容の詩集に衝撃を受けた。

「へそのゴマ」

しかも、内容もなんてことない。
あの谷川俊太郎が書いているなんて思えない。
そんな素朴な詩がたくさん収められていた。

その時、
「私、文章書いていいんだ」と思ったのだった。
「こんなことでも書いていいんだ」と。

そして、ちょうどその頃、今までずーっと枯渇していた私の感情も溢れ始めて、家でもノートが手放せなくなった。今考えると、小6の頃からその予兆が出始めており、作文も少しは書けるようになったり、ある部分では先生に褒められるようになっていたりしていたので丁度良いタイミングだったのかもしれない。

小学生のうちは文章の基本と、どんな感情でも素直に表現できるようにする事が大事なのではないかなと思う。先生に気に入られるような模範的な文章を書けるようになる必要はないと思うのだ。
第一、国語の教科書に載っているような文章は完璧すぎる。作り話にも程があるなと思う。起承転結がかなり綺麗に出来ており、だいたい、斜めな感情で入った「私」が「転」で、衝撃を受け、ポジティブになるというような話。現実はそんな面白く出来ていない。(私が子供の頃の教科書の話。現在の教科書については知らない)

だったら、描写に力を入れるとか、ひたすら描写。とことん描写。それで400字埋める。
または、とにかく「やりたくない気持ち」をいろんな角度から書いてみたり、「やりたくない理由」をひたすら掘り下げてみるとか。途中から空想の世界に入ってしまってもいいと思う。
あとは、何もそのテーマについて思い浮かばない今の自分についてひたすら書いてみるとか。

そういうのをやりまくっているうちに、きっと上手な締め方がわかってきたりするものだ。
最初から綺麗にまとめようとか思わなくていいと思うのだ。

ただ、やはり大人のアドバイスがあったりする事で、いろんな締め方を知ってみたりして、文章の向上は続けて欲しいものだ。
そうやって、文章を書く楽しさを知ったり、自分なりのスタイルを追求してみたりに繋がっていけば面白いのではないかと思う。

文章を書くのが楽しくなるようにしてあげたいなと思うところだ。
その為にはやはり、みんなが「先生に怒られるからやらない」と思っているようなものを先生が提示してみるというのが効果的かなと思う。
それは難しいと思うので、まずは親が無理してポジティブな事を書かなくていい事を伝えてあげるのがいいと思う。
また、思い浮かばないのなら、「興味がないから思い浮かばない」とかそういう展開に文章にできるように、語彙力や表現力を上げてあげたりするのが良いのではないか?と思う。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 00:07│Comments(0)文章の練習 | 小学生

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文