2016年09月06日

留守番中にピアノや音読などをやらせる場合の便利道具

留守番中にピアノや音読などをやらせないといけない場合、ちゃんとやるかが心配だ。

特に、「終わったらゲームやっていてもいいよ!」など条件をつけた場合、やる気にはなるがちゃんとやるかが?かなり怪しい。

そういう場合うちでは録音することにした。これは良かった。今は録音なんてタブレットやパソコンですぐにできる。

うちはiPadに録音アプリを入れて録音した。
これはなかなか良かった。


途中、息子が面白半分に奇声をあげるのが録音されていたが、ピアノも音読も一通りやっており、こちらが疑う必要がなくなる。

それから、難しい問題の時に文句を言っているのが録音されている。
そういう息子の状態も把握できるのは良い。

ちなみに、この録音は夕食準備中などに再生し、「ちゃんと聞いているんだよ」とアピールしておく。

そうすることで、監視されているという緊張感と、見ててくれているという安心感をもたらす。

そして、親が録音を止めないかぎり、どのタイミングで勉強が終わり、いつからゲームを始めたのかもわかるので、管理するにも良い。

録画も使えなくないが、容量を考えると録音で事足りると思う。

録音はピアノの練習で本人に聞かせるのにも使えるし、子供と約束をするときに
も証拠になるので良い。活用幅が色々ある。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文