2016年09月08日

2桁-2桁の繰り下がり引き算



2桁-2桁の繰り下がり引き算、9日目にしてようやく全問正解。

とは言え、今まで間違えたのは全て、1の位。2桁-2桁のやり方は十分に理解していて、10の位は間違えないのに、基本的な暗記がしっかりできていないから1の位を間違える。

まあ、1の位を完璧にするためにこれをやらせているわけだから良いかなと思っているけど。

因みに15-8等の基本の繰り下がり引き算のみの問題はプライドが許さないようでやりたがらない。

朝、基本の繰り下がり引き算の式と答えを写させていたが、すごく嫌だったようで毎回怒り、やるのをやめることにした。

とは言え、朝晩繰り下がりの引き算はやらせたいのでどうしようかなと。
夜やっているこの2桁-2桁の計算プリントを少なめにやらせるのはどうか?と思い、本人に確認すると「いいよ」との事。

最初のうちはミスをするたびに自分が許せないようでかなり切れていたが、毎日やって随分慣れたようだ。
それもあり、そこまで嫌がりもせずやっていた。

本人が嫌がらずやれるものが一番良い。
多少背伸びしていたとしても、慣れてくればなんとかなる。とりあえず、毎日毎日これを当分は続けたいものだ。

四則計算は本人のやりたいやり方で沢山やらせるのが良い。
「嫌だ」と言われたら、やり方を変えてみる。
ただひたすら、無理やり覚えさせようとやらせても良い結果は出せるものではない。

覚えるためには何回も反復しなきゃならない。反復は大変な作業だから、本人が一番嫌がらないやり方を見つけるのが大事だなと思った。

ノートに写す。
暗記カードを使う。
音読する。
アプリでやる。
問題を解かせる。

パッと思い浮んだものだけでもこれだけ方法はある。

更にうちの子のように、プライドが高い場合は難易度をあげて、基本的な暗記ができるようなものを用意する。

簡単なものの方がやりやすい場合は簡単なものを出題する。
最終的に覚えればよい。

そう考えると、頭の柔らかい4歳、5歳くらいのうちに繰り上がり繰り下がりの基本の計算36パターンまではやっておいても良いかもしれない。

2桁-2桁以上は頭が論理的にならないと難しいので。

自分の子供に教えて初めていろんな事がわかり面白いものだ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文