2017年01月25日

あの時自分に知識があったらもっと真剣に将来の事を考えられていたのにという思いと、それと変わらない若者達を見て思うのだ

知らないことでみんながみんな不幸になっていく。
企業で働いていると、採用の現実を知りそういう気持ちが強くなっていく。

今も10数年前の私の時代も学生達はあまり変わらない気がしている。
勿論、一部は変わっているけれども、就職難の学生は今もたくさんいて、皆名だたる大企業にこぞって応募する。

しっかり調べて対策して通過する者だってたくさんいるだろう。
でも、落ちる人は落ち続け、内定する者は何社も内定をもらい続ける。

私の勤める社員数約1,000人の中小企業にはなかなか人が集まらない。
これはうちの会社に限らず中小企業は一部を除いてはどこもこんな感じのようだ。 
(当然のことながら、人を選んでいるから取れないというのもある。業種柄理系を採用というのもあるし)

何も知識がなければ将来安泰の企業や福利厚生が充実していたり、働きやすい企業を選ぶしかない。
だから、大企業に人が群がるのは納得がいく。

それから、すでに企業で働いている人たちに関しても同様のことを感じる。
新しいスキルをつけて、次のステップ(転職だったり、転勤だったり) をしていくのがこれからの時代は自分の将来を安全にするものだと最近は思うのだけど、そういう風に考えている人って少ないんだなと。(育児や介護、持病等で難しい方を除いて)

これだけ「大企業にいるからといって一生安泰とは言えない」などと言われ始めてから時間も経っているのに。。。。

元リクルート、元杉並区和田中学校校長の藤原和博氏が良く書いたり話したりしている
「レアカードになれ!」という話がある。
3つの分野をそれぞれ10000時間ずつやり続けてマスターすれば、100分の1×100分の1×100分の1の人材になれるという話だ。
(藤原氏の最近の本には結構載っています。 参照:  http://logmi.jp/94488

私はこの考え方にはかなり共感しており、これから先はこうやって生きていかないと生き残れないとさえ正直思っている。それで、自分自身もあるタイミングと重なり今の仕事を辞める事になったのだが。

こういう考えはまだまだ主流ではないので、現状維持を望む人たちが多いと感じる。
実力もないのに、運良く大企業に入れてしまった人たちがしがみつくのは仕方ないと思うし、家族がいたら守るために安定を望むのは仕方ないと思う(その他、子育て中の育児をメインにしながら働く人、介護も同じ)。でも、せめて社内で違う部署で違うスキルを上げてこようとか、場合によっては新しい何かを得るために転勤を希望するとか駐在を希望するとかでもいいと思う。身軽な人なら尚更そうする方がいいと思う。 

学生においては「これから先の事が想像できないからとりあえず条件のいい会社に就職したいと思う」のには本当に残念と思う。自分もそうだったから特に思う。 
もっと、あの時自分に知識があれば就職活動も行き当たりばったりにはならなかっただろうなと思うのだ。

私は子供が生まれて初めてちゃんと経済や政治の事を知ろうと本を読んだりし始めた訳だが、そう言う知識がある今だと、その時と見えるものが違う。
例えばわかりやすい話にすると、7年前、夫がもし中国やインドに駐在になったら「絶対嫌だ!」と思っただろう。
でも、今は知識があるので「それはチャンスだ!」と思えるもの。
(ここ数年は更にグローバル化が加速しているので、あまりこの例は適切ではないかもしれないが)


知っていれば、チャンスに変えられた事を、知らない事で逃す事になるという恐ろしい現実がある。
わかっていれば、今の少しの苦を選択する事で未来に見返りがあったりするのに。
(やりたい事が決まっていて、その道を極めたかったりするのならまた話は別なのだが)

知識のない就活中の学生にしても、社会の事に興味がない社会人も損をしているとしか思えないし、そういう人たちを使って企業を成長させたい経営側の苦悩も残念すぎる。
そう思うと、社会人になる前に社会のいろんな知識はあるに越したことがないと思う。

ただ、やはり、学ぶという事は楽なことばかりではないので、無理矢理やると辛いもの。
大学生になって急に始めるというのは非常にストレスがかかるし、我慢してやると嫌いになる。
そう思うと、「小さい頃から学ぶことが楽しいと思えるようになって欲しい」
又、社会の事(経済、政治、他)を早くから知る事は大事」と私は強く思うのだ。自分も小さい頃から学ぶことが楽しかったら人生変わっていたと思うし。

最近「英才教育」や「幼少教育」についての著書を読んだりするのだが、「私がやりたいのはこれじゃないな」という事がわかってきた。そういう本を読んでいて違和感を覚えてようやくわかってきたのが、今回ここで話している事なのだ。

前々からなんとなくずっと思って来たが、英才教育とやらでいくら天才になっても、その分野のニーズがなければ仕事はないだろうし、仕事がなければ食っていけない。逆に英才教育なんて受けなくても、知識が多く、そこから予測できれば道は開けるものだったりする。

やりたいことが小さい頃から決まっている人は関係ないが、決まってない人の方が多いだろう。

その時に、こう行った社会が必要としている仕事で、且つ、これから先伸びそうな分野だったり、欲しがられる技術やノウハウというのを身につける事が先程の藤原氏の「レアカード」への道となるのだ。

この「レアカード」になる為には、やはり社会の事を知る必要がある。

逆に、社会の事を知って先を読んで、その道で最先端をやっている企業で働き技術を身につければ、欲しがる企業は多いので、より「レアカード」になれるチャンスはある。

エンジニアが多い会社にいるだけに、技術者の人こそ、こういった「社会でこれから必要とされる技術」について意識した方が良いのでは?と思っている。

なので、就活するよりもずっと早くから社会の事を知って意識した方が社会に出る時に困る事がないのは勿論の事、寧ろ社会で挑戦したいなと思えるベースが作れるのではないかと、思う。

又、知る事学ぶ事を楽しいと思えるベースを作っておければ、将来どんな仕事に都合が突き詰められるのかなと思う。

という訳で、私は幼少時の英才教育などより①社会を知る事 ②学ぶ楽しさを知る事を大事にしたいなと思っている。


人気ブログランキング

 



 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文