2017年03月25日

「ちょっと難しい1000ことば マンガでクイズ」はやっぱりいい!

「ちょっと難しい1000ことば マンガでクイズ」という本を持っていた事をふと思い出す。
年中の頃、息子に与えて結構はまっていたが、あくまで直感で選択していたくらいだった。
もうすぐ2年生なので、これは結構息子も確信を持って選択できるくらいになったかなと思うので久々に渡した。



これはとにかく表裏の2コマ漫画になっているので、楽しい楽しい。
しかも2コマ目にはオチも用意されている。 
いつもなら夕食後、動画を見ている息子もこの本に夢中になり1冊最後まで問題を解いていた。
こういう楽しい勉強はいいよね♪と思う。

それから、これを一緒にやっていると息子のわからない言葉がわかったり、こういう言葉を普段から使っていればいいのか?というのがわかる。本当にちょっとした言葉で「ありきたりの」とかそういうのがわからなかったりしたことも収穫だった。

ただ、間違えても2択なので、その際に覚えられるメリットがある。
 読みながら覚えていけばそれでいいじゃないか!と思える1冊だ。

一般的に、インプットするのにはアウトプットが一番効率的と言われているけれども、最初から無味乾燥な問題集をやるのは気持ちが乗らないのでその方法は推奨したくない。
本当に時間がなくて、その時間内で覚えなきゃいけない時だけ問題集から取り組むスタイルを取る。
時間に余裕がある時は楽しい読み物から知る方が定着する。
楽しい読み物から得た知識は後々覚えた後忘れにくい。
だからこの本はとても良い作りになっていると思う。

この本はアウトプット型ではあるが、読み物として楽しめる。
無味乾燥なアウトプット型ではない。
そういう意味で非常に素晴らしいと思う。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 02:32│Comments(0)言葉の意味 | オススメの本

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文