2017年03月29日

1L=10dl=1000mlの関係 実物のイメージを持つこと

という記事で紹介したが、上の子は年長の頃からお風呂でmlやLについて遊びながら体感してきた。

今は1Lは 1000mlということを理解しており、
「2Lのペットボトルは何ml?」
と聞くと
「2000ml」
と答える。

mlとLの関係や変換はできるようになっているので、学校で出てくる普段使うことのないdl(デシリットル)をそろそろ教えようかなと思った。
確か、2年生でこれをやるのでもうそろそろ学んでもいいかなと、そんな感じだ。

息子には
「1Lさんには10人弟子(デシ)がいる。つまり1Lには1dlが10個入っているということね。」
という教え方をした。

すると、息子は
「あ、じゃあ1dlは100mlってこと?」
と、質問もしていないし、教えてもいないのに計算して出してきた。
これには関心した。

「では、2Lさんにはデシは何人いるの?」
と聞いてみたり。
「20人!」
正解!!


息子は頭の中にイメージが出来上がっているのだろう。
dlという名前は初めて聞いたけど、
「1L=10dl=1000ml」という内容を数字上だけでなく、実物としてイメージしているのだろう。
だから容易に変換できたのだ。

「1L=10dl=1000ml」を数字だけで理解できる子もいると思うが(私はそうだった)、冷静に考えるとこの関係を実物を見ずにイメージして変換するのは、苦手な子には難しいということだ。

Lやml、dlの関係を学ぶのにももちろん良いが、子供というのは器の底の大きさを考慮せず、入っている水位だけで量を判断しようとするので、実際量を計ってみての驚きは大事だと思う。

また、桶に何L入るか?入れて計ってみたところ、意外な展開だった。
2L入れた時、後500mlくらいしか入らないだろうなと私も息子も思っていた。
ところが1L入ってしまったのだ。これにはとても驚いた。全部で3Lも入った事が衝撃的だった。
実際入れていないとわからないもの。

こういった実体験も楽しいし、子供が興味を持ってくれるのでとてもおすすめ。

また、
1Lが牛乳パック1本
2Lが大きな水のペットボトル
500mlはジュース等のペットボトル
350mlはビールの缶

こんな風にいつも具体例を出したりしている。

親野智可等さんの本で以前見た気がするのだが、
牛乳パックの底を1dl分に切って、それを使って水を入れさせたりすることで
1dlをつかむというのが良いとのこと。

100均などで、100mLのカップを買うのもいいかもしれないなと思う。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 07:34│Comments(0)算数 | 楽しく学ぶ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文