2017年04月24日

反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。

漢字、計算といえば公文式を思い浮かべますが、自分自身が年中から小3まで公文式をやっており、よくない面ばかりが思い浮かぶので公文式はお任せするなら推奨しません。(主体的に活用できるなら悪くないと思います)

理由は
 どんどん進んでいくので学校の授業と乖離する。
ということです。

・計算だけ進みすぎてもいいことがない。
・学校の進度プラスαくらいを保てるならやるのは良い。
・桁の多い数同士の計算などが1枚にぎっしり。多すぎる。計算ミスが増え、計算が嫌いになる。

難しくなると時間も結構かかります。
今の公文式はどうなのか?正直わかりませんが、私の時代の話をします。
だいたい最初は毎日10枚とか(それ以上)だと思いますが、難しくなって5枚に減らされます。それでも多いです。
小3の時、中1の正の数負の数をやり始めた時はすごい簡単で嬉しかったですが(簡単な計算しかなかったので)、それまでの地獄のような大きな桁同士の計算は勉強嫌いを作る事まちがいないです。

あんなにケタ数の多い計算は1日10問ですら多いです。3枚はやっていたと思うので、1日何十題やっていたのだろうと思うと昔の私が可哀想です。

それから、計算が普通よりできてもあまり意味がないです。
息子の小1の学校の算数プリントを一年間見ていて思ったのが、計算だけの問題というのが少ない事。
半分以上が文章問題、その他でした。

計算は普通レベルで、計算があまり好きじゃないから算数に苦手意識さえ持っていた息子ですが、読むのが得意で文章問題が得意な息子は通知表の算数の成績がすごく良かったのです。正直これには驚きました。
「計算だけできても意味ないんじゃん!」と。

そういう事から考えても、計算は「普通にできるレベルまでやる」でいいと確信しました。
時間がもったいないです。
公文式で進みすぎて、難しい計算問題を毎日何十問も解いて時間を何十分も使うのであれば、他の楽しい勉強に時間を充てた方が間違いなく勉強好きになります。

計算は最低限レベルのものを着実に定着させればそれ以上やる必要はありません。
そういう事を頭に入れて、公文式を活用するならそれはいいと思います。
先生からこのくらいやってくださいと宿題を出されても、親が子供の様子を見ながら少なめに調整したりする事ができるならいいと思います。
進度に関しても進みすぎているのをストップさせるくらいの意思があればいいと思います。
公文の先生は人それぞれの考え方があると聞くので、受け入れてもらえるかはわかりませんが。。。
公文式自体にも自分の学年より幾つ以上進む事が目標みたいのがあるようですし。

「どんどん進んで欲しい」と親なら思うと思いますが、本当に進む事が本人にとっていいことなのか?きちんと判断しないと勉強嫌いをあっという間に作り出します。
我慢強い子だった場合、嫌だとか言わないでやるかもしれませんが、それにかかる時間や直しの量がはんぱなくなってきたらまずいと思ってください。
私は小2の頃、進みすぎているが為、直しが大量にあり、みんなと同じ時間に公文式に行っているのに、帰るのは18時の閉まる時間でした。当然私以外誰も残っていません。
暗い道を一人寂しく帰る火曜日と金曜日はとても憂鬱な日でした。

また、それによって得たものは正直あまりありませんでした。
小4まではまだ恩恵はあったと思います。
でも、小5くらいからは割合など頭を使うものが算数に入ってきて、一気に自信をなくしました。
中2の秋、進学塾に通うまでは数学は好きにはなれませんでしたし。(何とか学校では良い成績を出してましたが、本質的に理解できずもどかしかったです)
 計算だけできても意味ないなとすごく感じました。

中2の秋から進学塾に通うようになってからは数学が一気にわかるようになりました。
そしたら面白い事。
あのまま数学苦手にならず良かったです。

中学の数学も計算はあるし、できないと確かに困りますので最低限はできた方がいいです。
でも、周りより進みすぎている事はあまり優位にならないので だったら私は陰山先生の考え方を推奨します。陰山先生は基本的な事を定着させるために、計算をやらせています。土台を作るという意味での計算なのです。考え方は公文式と違うなと感じます。子供が小学生になる前は正直陰山先生も公文式も計算だからと100マス計算も意味ないなと思っていましたが、そこは同じ計算でもずいぶん違うという事を子供が小学生になってわかりました。

陰山先生の場合、実際どうかわかりませんが、どちらかというと苦手をなくす為に基礎を克服するイメージです。陰山先生の前倒し学習は公文式の先取りとは違います。陰山先生の場合の前倒し学習は1、2歩先、さらに目的は反復回数を増やすためだそうです。だから効果的だと思います。

一言に計算と言っても、やる量や進度、難易度そういったものを鑑みないと本人にとって一番良い結果をもたらせるかは変わってきます。


(最近、陰山先生のツイートを読んで、多々共感してます!)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 22:10│Comments(0)計算 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文