2017年05月14日

プログラミングを早くからやってはいけない子がいる事に気付いてしまった!

息子のプログラミングスクールに通わせ始めて3回目。
少しずつ難易度が上がって本格的になっていく過程で私は気付いてしまった。
プログラミングを早くからやってはいけない子がいる事」に…。

それは一体どんな子か?
一言で言うと、細かい作業を嫌う大雑把な子だ。


今、「絶対座標」と「相対座標」というのを学んでいる。 
こうやって横文字にすると難しいイメージだが、単に 
絶対座標の場合、x=5 y=4 の場合、今いる位置から(5,4)のところへ向かうという指示を出すもの。
相対座標の場合は、 x=5 y=4なら、今いるところから x=5、y=4動かすというもの。
 

こういうざっくりした概念を学ぶのは全員早い時期からやっていいと思う。 
ただ、今息子がやり始めたものは相対座標で、画面上の定規で測って、いくつ動かせばいいのか?を自分で調べなければならない。
動かしたいものの中心に定規の0を当てて、そこから向かいたいところまでの距離を測る。

これって、細かい作業嫌いな子にとっては酷じゃないか???と思った。

ちなみに息子の場合、きっちり細かいタイプなので、この作業は一つ一つ当然のようにやる。
やる事に何の不満も起きない。
ところが、同じ教室のある男の子は測ることが嫌なようで、適当に数字を入れて何となくやっているらしいが、やはりプログラミングというのはきちんと細かい数値まで指示するのが基本だからか、そこの教室独自の検定では測らないでやると適当に当たって砕けろでは時間が足りなくなるらしい。

息子が大人になる頃、どんなプログラミング言語が主流になっているのか?はわからない。
細かい作業はAIだとかが行ってくれたりして、もしかして人間がやらなくても良くなるかもしれない。
正直どうなるかはわからない。

そして、私が思うにはプログラミングが必要になってくる理由は、自分が考えているものを具現化するツールとして最低限必要な気がしているからだ。
皆がプログラマーになる為に身につけるのではない。

だから、早くからプログラミングをやる事で、「プログラミングって辛い」とか「きつい」とかそういう気持ちになってしまったら勿体ないなと思った。緻密な部分が多かれ少なかれあるわけで、そして、それは基本的には基礎の部分だ。そこから入っていかないといけない場合、プログラミングって嫌だなという気持ちにさせてしまう危険性もある。そうなってしまうと今後絶対に最低限身につけていきたいスキルであるのに残念だ。


小学校でプログラミングが必修化するからといって、焦って小さいうちから始めるべきでもないと思う。
興味があって、向いている子はやればいいと思うがそうでもない人は安易に手を出す必要もないかなと思っている。無料体験的なものは沢山参加すればいい。(これからますます増えていくだろうし)

又、スクラッチ(子供用のプログラミングアプリケーション)は家で親が教える事も不可能ではないと思うので、そういうものでとりあえず簡単なアニメーションを作って遊べるくらいできればいいのでないか?と思ったりもする。


最後に、プログラミングをやっていて良いなと思う事の1つに、早くから座標を学べるという事がある。
中学の数学まで、縦軸と横軸がある座標に出会う事はなかなかない。(理科や社会のグラフではあるかもしれないが)そういう意味で、プログラミングを早くからやって座標の概念を理解していると中学の数学の関数は有利になるのでは?と思っている。








人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:43│Comments(0)プログラミング 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文