2017年06月22日

息子の算数プリントミスチェック ついつい「こんなの何で間違えたの?」という気持ちになるもの

いつも間違わない子が間違えると正直びっくりします。
何を間違えたのか?見てみます。
今回は算数の両面のテストみたいなプリントで合わせて3問間違えていてちょっとびっくりしています。


FullSizeRender 51


まずこれ、アイスクリームは50円で、ガムは27円だから50 - 23にはなリマセン。
なので、どうしてこっちに丸をしたのか色々聞いてみたところ、
りょう君が話しているセリフの細かいところに引っかかったらしいのです。

"あめを1つ買って50円玉を出しました。
おつりは何円ですか?"

この「あめを1つ買って」という文章に疑問を抱いたとのことです。
普通、あめを買うタイミングでお金を払う。お金を払って買ったことになる。
だから、最初に買ってと言われると、既にあめを買った後にというような解釈をしてしまったそうです。

大人や問題慣れしている人が見たらそんな疑問は湧きませんが、日本語だけ見ると確かに
「あめを1つ買う為に50円玉を出しました」が正しいですね。

以前にもこういう事があるのですが、文章を細かく読み取ろうとするタイプなのでこういうおかしな事が起こってしまいます。
こういうのは問題慣れしていくしかない気がします。

国語でも理由を探す問題で、「だから」がないよというのです。
たまたまその文章は「だから」などの接続詞が省略されていたので
息子にどこに理由が書いてあるか?意味的に確認したらその場所をすぐに言い当てました。
でも、「だから」がないから答えにはならないと思い込んでいたそうなのです。
これには驚きました。

「だから」を省略する事もあるんだよとその時説明してあげました。
それでようやく納得しておりました。

 
このプリントでもう一つ重大なことがわかりました。
FullSizeRender 50
IMG_7553


計算ミスです。
しかも2つの計算ミスは種類が違います。

最初の方は繰り下がりに慣れていないミスです。(10の位から1を引き忘れる)
このプリントは2年生になって最初の頃にやったとのことでしたので、慣れていないというのは納得です。


でも、2つ目の計算ミス。
70 - 63 = 8

子供にとってはどちらも計算ミスでしょうが、これはちょっと致命的です。
明らかに繰り下がりの練習が足りていない。
10 - 3 = 8 となってしまう瞬間があるということです。これはあってはならない事ですね。
息子に言わせると「わかっていたのに間違えた」なんです。
でも、「わかっていたのに間違えた」というのは「できていない」ということなんです。
これは基本の基本でこれを間違えると今後の算数数学のすべてに影響します。

徹底的に脳の中に10 - 3 = 7の回路を作るしかありません。
最近朝計算プリントを切らして、面倒で計算をやらせていなかった自分に腹が立ちました。
私のせいだなと。

自分は公文式をかなりやらされていて、得意だった事を考えると、10と3を見るだけで勝手に7が出てくるような頭になっていました。だから何も考えなくなってしまっていたのでそれは良くもないのすが、逆に言うとそんな基本の計算ミスは一切しませんでした。

そう思うと、繰り上がり繰り下がりの基本の計算は徹底して脳の回路を作ってやらなきゃなと思いました。それで、100マス計算のプリントを無料プリントサイトからダウンロードして印刷しました。
これに関しては徹底的にやらないとなと思いました。
まあ、100マス計算って簡単なので頑張ればすぐに終わります。
だから、やたら面倒な計算をやるのと違って、そこまで苦にならないはずです。


で、私ももっと冷静になればよかったのですが、今までこんなにいくつも間違えて来たことがなかっただけにびっくりして(いつもできていなかったらそこまでびっくりしなかったのですが)、更に自分の子だとやはり冷静になれず、ケアレスミスを2つも出した事については腹が立ち、
「ケアレスミスなんで出したかわかる?練習不足だからだよ。もっと練習しなきゃね」
と言ってしまい、朝から子供を嫌な気持ちにさせてしまいました。。。


「まずいことしてしまった!」と思ったので、「なんでケアレスミスがいけない」のか、息子が納得する形で話しました。


「〇〇(息子)君は文章題とか頭を使った問題は解けるよね。だけど、こういう計算ミスで85点になってしまった時に、いつも自慢してくるA君が90点を取って『〇〇は85点なの〜〜!?俺90点!』と自慢されたら嫌でしょ? 更に、難しい問題は自分はあっていて、A君は難しい問題はできていなかったら尚更嫌な気持ちになるんじゃない?」

「マジでそれは嫌だ。腹が立つ。」
(息子は自慢されるのがとにかく嫌い。。。)


「そうだよね。はらわたが煮えくりかえる思いだよね。でもね、現実はこれが正しくて、いくら難しい問題できても点数というものがすべての結果だから、普段〇〇君の方が理解していたとしても、A君の方が実力が上と評価されるんだよ。」
と話しました。

この話をしたら納得していました。
ケアレスミスを軽く見てはいけない、チェックは必要だと思ったようです。
それからそんな嫌な気持ちは絶対に味わいたくないと思ったようです。

2020年大学入試が変わるという事もありますが、これは勉強だけに言えることではありません。
仕事も同じです。

いくら難しい事を仕事でやれる人であっても、ケアレスミス出すような人には仕事を任せられません。
普段から意識的に間違っていないか?確認して、ケアレスミスを出さないような人にならないと仮に希望の大学は入れたとしても仕事に就けたとしても、そこからが長いわけでそこから苦労するわけです。

そう考えると、一つのケアレスミスも色んな事を教えてくれます。

  • 繰り上がり、繰り下がりの基本(1の位)は反復して正しい回路を作って、壊れた計算機みたいな答えを出さないようにする。
  • 10の位の1の引き忘れに気をつける。反復させる。
  • 必ずチェックする習慣をつけさせる。1問の重みを実感させる。

「ケアレスミスだからいいや」と思わず、それが何が原因で間違っているのか?一度見てあげることをお勧めします!
チェックする習慣をつけられなかったとしても、1の位の計算の正確さと、10のくらいの1の引き忘れだけで計算ミスは防げます。

私自身チェックなんてしてこない性格でしたが、公文式で作られた強靭な計算回路で計算ロボット化し、何も考えてないけれど間違えることはありませんでしたから。
脳に正しい回路を作ってあげる事が大事です。

そのためには、一番単純な状態の問題を繰り返してあげます。
100マス計算で1の位のミスは減ります。
10の位の計算ミスは簡単な筆算を毎日コツコツやらせれば間違わなくなると思います。

ケアレスミスを無くすためにチェックする癖は重要ですが、小学生の場合性格的なものが大きく影響するのでそれを徹底することはできません。
なので、大事だということは伝えていくけれども、できなくても意識させていればいいのではないでしょうか。





 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!

人気ブログランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 08:41│Comments(0)計算 | 算数

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文