2017年07月06日

小6の文章読解問題を小2が解く上で気づいたこと

小6の文章読解を小2の息子が解く上で気づきがありました。
陰山先生の朝5分ドリルと言うもので、量が少ないのが特徴で、難易度も高くはありません。
小学校高学年くらいが普通に読むだろう小説を読んでいるような子ですと、日常的な言葉はかなり知っているので、小6の読解文と言えどもだいたい漢字は読めます

漢字が読めなくてもニュアンスは理解できるようです。

ただし、説明文になってくると、固有名詞が多くなるので親が読んであげないと読めない漢字が多いです。

又、知らない言葉についての説明もしてあげる必要があります
ただ、知らない言葉については意味を説明してあげると、問題は大概簡単に解けます。
それは文章の内容を理解しているからです。

この朝5分ドリルは大概が文章の中から探す問題なので、内容を理解していれば解けます。
言葉を言い換えて設問内に入れ、その事と同じ意味を表す言葉を文章中から抜き出す問題も多々あります。

初めて知る言葉が少なければ少ない程、文章は読みやすいし解きやすいです。
なので、文章読解をガンガンやらせたいのならまずはいろんな分野の知識が必要なのだなと思いました。

そこまで深く知る必要はありません。
例えば、「出島」の話があるのですが、「徳川幕府」「ポルトガル人」「キリスト教」「オランダ人」「中国人」「貿易」などという言葉が出てきます。
息子はどれも元々聞いたことのある言葉や知っている言葉なので読みにくいだろう文章も抵抗なく読めました。

「貿易」という言葉の意味はわからなかったようなのですが、
「輸入とか輸出 外国との商品の売り買いのことだよ」
と言えばすぐに理解しました。
「輸入」「輸出」は日常的に池上彰等の番組を見て聞いていますし、私も説明していますので、具体的な事柄から意味を知っています。

「キリスト教」についても、同様に世界を知る番組で知っています。トランプ政権誕生前後はよく出てきた言葉ですし、何年も前から、イスラム教、キリスト教、ヒンズー教、仏教のことは私が説明しています。何度も理解しては忘れているかもしれませんが、何度も理解しては忘れるを繰り返しているうちにあるタイミングで記憶が定着します。

世界情勢の事や歴史のことなどは読解文を読むのにも知っていた方が得です。


それから、文章読解には理科要素も満載です。「酸素」「星座」色々出てきます。
これらも息子は聞いたことがある言葉なので抵抗がありませんでした。
概念もなんとなく知っているので、概念と言葉を結びつけてやればすぐに理解しました。

息子は文章読解が元々得意なので、こう言った専門的な単語のない、日常的な文章は瞬殺です。
でも、「難しいだろうな」と思える内容も、「知っているからわかる」でカバーできるのです。

幅広い興味ってすごく大事だなと改めて思いました。

他のお宅の事情はそれぞれ違うと思いますが、例えば中学受験をするなら6年生の時に沢山文章読解をやることになると思います。高校受験なら中学3年生です。
大体がそのどちらかで文章読解をやらざるをえないわけです。
そのタイミングでいかに苦しまずに練習できるか?を考えると

・文章を読みなれていて読むのが好きになっている
幅広い知識を身につけており、どんなジャンルの文章が出てきてもへっちゃらになっている


この二つが大事だと思います。

文章読解自体はテクニックだとも思いますので、ルールに従って練習していくのが一番の近道だと思います。でも、

・文章を読むのが嫌い。
・興味が狭すぎて知識がなさすぎる。知らない言葉が多すぎる。


こういう場合、練習するのが苦痛です。
ちょっと練習すればできるようになるかもしれないものを、その機会を逃してしまう危険性があります。

そういう意味で文章を読むのが好きになっておく事と、幅広い知識というのは非常に大事だと思います。

幅広い知識は漫画でもある程度は身につける事が可能です。
むしろ、絵の付いている漫画の方がイメージ力アップにつながるかもしれません。

今はいろんな学習漫画などがあります。
昔とは違います。

知識の基礎は学習漫画等で身につければいいのです。
でも、漫画ですら読みたがらない場合は学習漫画にたどり着けませんので、漫画だけでも読むのを嫌がらないようにしてあげるのは大事なことかなと思います。

活字が苦手な子というのはとことん苦手です。
活字に自ら近づきたがりません。それが例え楽しい漫画であっても。

ですので、ここに関しては少し親御さんが介入して読むのが楽しいとわかるように仕向けたり、社会科、理科の事柄を話してあげたり、そういう番組を見せてあげたりしていくのが良いかと思います。読むのが好きで学習漫画ですでに学んでいける子はそれをどんどんやればいいと思います。

小6か中3、どちらかで必ずこういう問題を解く機会が出てきて、しかもそれが人生を左右するものとあるだけに早め早めに手を打っておきたいものです。
時代と共に少しずつ内容は変わっていくのかもしれませんが、文章読解のためにといって本好きにする事と興味の範囲を広げる事をするのは無駄にはならないと思います。


 
 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 14:24│Comments(0)文章読解 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文