2017年07月08日

ご褒美制にしてもやりたがらない理由

「ご褒美制にしてもやらない」
と言う話をよく耳にします。

これには理由があります。
単に
ご褒美  <  やるのが辛い

からなんです。

やるのが楽な事、なんとかやれそうな事ならやりますが、手も足も出ないような事をなら大人でもやらないですよね?


■レベルと量の調整が大事!

ご褒美制を取り入れる場合、その子のレベルに合わせてその子がなんとかできるレベルと量に設定してあげないと嫌がります。

折角ご褒美を提示してあげているのに意味がありませんね。

なので、ご褒美制を取り入れる場合は必ずレベルと量の調整が必要です。

できるのにちょっと面倒(他の理由も)でやろうとしない。でも、やってほしい事はご褒美制にすると効果を発揮します。


■ご褒美をあげているうちに、それの楽しさややる意味を見出させてあげることが大事

ご褒美制が批判されるのはご褒美をあげなくなったらやらなくなるからだと言われています。

であれば、ご褒美をあげているうちにそのものを得意にしてあげて、それ自体の楽しさに気づかさせてあげる必要があります。(もしくはそれをやる意味などをわかってもらう)

これをやっておかないとご褒美がなくなった時点でやらなくなります。

そもそもご褒美が通用するのも中学生くらいまでだと思いますし。
高校生になるとバイトでお金を稼げるのでご褒美はあまり使えなくなります。

そう考えた時、いかにご褒美の効果がある小さいうちにご褒美がなくなってからもそれを続けられるように、そのものを好きにさせてあげるか?が大事だと言うこととなります。

誰でも最低限覚えなきゃいけない四則計算やひらがなカタカナ、小学生の漢字に関してはご褒美が効果を発揮する小学生のうちにしっかり身につけさせるのが大事だなと思います。


  ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
人気ブログランキング




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文