2017年08月16日

チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた

小2息子のチャレンジイングリッシュ。
一人でできるものが増えてきました。
そして、息子の精神年齢も上がったからか、一人でも一生懸命正解しようとする意気込みに変わりました。その甲斐あって効果が出てきた気がします。
最近よく返事するときに「Yes, I do.」とか「Yes, I can.」って言ったりしていてびっくりしました。
英会話も習っていますが、しばらくそのフレーズはやっていないのを見るとチャレンジイングリッシュの影響だなと感じています。
 

■放置していたチャレンジイングリッシュ

昨年10月くらいから私の仕事が忙しく見れないのでずーっと放置してしまい、 そのまま落ち着く今年の6月くらいまで完全に放置。半年以上放置したわけです。

でも、「やめる」という選択肢は浮かびませんでした。
コンテンツが悪くないのと、もう一度仕切り直せばなんとかなるかなと思ったからです。
これが、紙のコンテンツだったらもうやる気失せていましたね。(笑)
捨てるかやるか悩んでいたと思います。


■仕切り直して、チャレンジイングリッシュも計画表に

ちなみにチャレンジタッチの方(国語算数)は月の計画だけ息子と一緒に立てて、あとはほぼ完全放置です。(笑)
これは子供の性格によると思いますが、「全部終わらせたい」「全部はなまるにしたい」性格の息子はきちんと毎日やる量をこなしています。

漢字の書き取りで2回も×になるとかなり切れるので、
「2回間違えたらママがやるから持ってきてね」
と言ってあります。

最近はすぐに直しは終わらせたほうが楽だという事に気づいたようのでその日に直しています。
きちんとやっている事もあり、学校のテストはほとんど100点です。
(きっちりした細かい性格だから100点取れるというのもあります。)


それで、チャレンジイングリッシュもチャレンジタッチの計画表に組み込む事にしました。
IMG_7913

黄緑と薄紫のがチャレンジイングリッシュのマグネットです。(黄緑足りなかった。追加したいです。)
青が国語算数のバッチリ問題、赤ががんばり問題①、黄色ががんばり問題②
これに関しては別の記事に書いています。すごい管理しやすいですよ。おすすめ〜。




これで、あとは一人でできないところだけ私がちゃんと付き合ってあげれば1か月で終了するなと。
もう、正直親がダメダメだったなと。。。
計画さえしておけばきちんとやるタイプの子なので計画が本当に肝心だなと思いました。
私、頑張れ。

小2で計画まで一人でできる子はなかなかいないと思います。
丸投げは危険すぎですね。

そして、ずーっと放置していたオンライントークチャレンジイングリッシュ オンライントーク(フィリピン人英会話) についての記事 なぜかこのブログ内で一番検索されています)もちゃんとやろうと思ったわけです。
めちゃくちゃお金は無駄にしていましたが、仕事で忙しすぎるとそんな事考える余裕なんてないわけです。もともとスケジューリングとかも苦手で好きじゃない母ですので、そんな事までできないよ〜!って。(笑)




■一人でできるコンテンツと見てあげるのが必要なコンテンツ


ただ、息子は元々割と一人でできたコンテンツ(呼び名は私が適当につけていてめちゃくちゃです)もあります。

詳細はこちらにありました。公式ページに飛びます!
http://sho.benesse.co.jp/challenge_english/kyouzai/#pad


話す(会話) フレディ (アルパカのフレディの物語映像を見ながら、フレーズを真似する)
 チャレンジイングリッシュ 変な生き物「フレディ」の動画コンテンツにはまる!
 過去記事です。ご参考に。

話す(会話) ウィンデル (おじさんの質問に対する答えの選択肢を好きに選んで、そのフレーズを言うがメイン)
アルファベット アリー (アルファベットを書く めちゃくちゃに書いても丸になるのでちゃんとやっていなかった)
フォニックス 卵おじさん (フォニックスの問題 初期は簡単だったが最近は少し難しい)

これだけだったのですが、それに加えて、
単語 ヒゲじい (単語の音と絵を一致させる問題)

ができるようになったので随分違います。
ヒゲじいの問題は大人なら簡単にわかる単語なのですが、小1でやり始めた時はその場で覚えられなくてできないものもありました。完璧主義の息子は間違えるのがすごく嫌で、間違えると切れたり、最初からやり直したりだったので私がつきっきりで見ていました。

最近は、最初の音の確認をするところで何度も音を聞いて、覚えてそれから挑んで正解し続けています。
たくましくなったなと思います。
やっぱり2年生にもなるとそういうところが一気にレベルアップするんだなというか、ちょっと頑張って覚えてみて挑戦するというのができるようになりました。自信もついたのだろうなと思います。


未だに一人でできないものは下記の2つ
聞く リサ (リスニング問題。二人の会話を聞いて、下の絵から適切なものを選ぶ。正直私もリスニング大の苦手ので私も必死に聞いたり、何度も聞かないと正解できません。しかもハメ問題もありますので簡単に全問正解できない。)


話す(発音) DJ  (出てくる単語を発音するだけなのですが、判定が厳しいことがあり、私が注意事項にかかれているように発音しても×になることがあります。とにかく正解するのが難しく息子はくじけてしまいますので一緒にやらざるをえない)


読み書き文法はまだそのレベルに到達していないのでコンテンツがまだないです。



■息子の意欲

この影響かはわかりませんが、最近「早くローマ字とかアルファベットとか覚えたい!」と意欲的です。
答えてあげねば。。。

ちなみに、年中の頃、ローマ字はカードを作って一度覚えさせたのですが、使わないから忘れてしまいました。(笑)
子供は覚えるのも早いけど、忘れるのも早いって本当だなと思いました。
それからはもう、学校で習う少し前までに覚えておけばいいなという軽い気持ちでおります。


本人が覚えたいという今が一番タイミング的に良いタイミングだとも思います。
私も年長の頃に、どうしてもローマ字がかっこいいから持っているぬいぐるみ達の名前をローマ字で書きたくて、おばあちゃんに教えてもらいました。
私は20個くらいあったぬいぐるみの名簿を作りたくて、漢字も漢字辞典を使って当て字でつけていました。ぬいぐるみ遊び大好きでしたんで。






 
 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!


人気ブログランキング







 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文