2017年08月25日

夏休みの宿題 2年目にして、親の管理が本当に大事だと思い知らされる 来年への反省と対策

夏休みの宿題は親が手伝わないと終わらないようなものが多いのです。
そもそもどうしてそのようなものを出すのかもわからないないのですが。。。

今回は夏休みの宿題に対する反省です。来年以降いかに楽に終わらせるか&子供のためになるような宿題にするか?というところがポイントです。

まずうちの場合の宿題は下記でした。
 
①夏休みのワーク(算数、国語)
②自由研究
③読書10冊
④ミニトマトの観察 2枚
⑤絵日記 2枚
⑥道徳の教科書 1ページ 親のコメントもあり
⑦東京防災ノート 2ページ 親と話し合って書く
⑧俳句 2句
⑨毎日日記(1行日記)


と、宿題がありました。

ワークは薄かったので、初日1時間くらいで終わりました。
そこからが大変です。

俳句もすぐに終わりそうなのですぐに終わらせたのですが、ミニトマトの観察は実がならないとできない。しかも、実の観察と、実を食べた感想という2枚はどうしても夏休み後半になってしまいます。

それから、大変なものがもう一つ。
絵日記です。
これも何が大変かといえば、夏休み後半にならないと書くネタが定まらないからです。
にもかかわらずかなりヘヴィーです。
絵を描くの嫌いな子や文を書くのが嫌いな子にはたまりません。

うちは文は一瞬で書けましたが、絵がなかなか終わりませんでした。
「一人ではできないからとどうすればいい?」
と聞いてきます。ああだこうだここで口論になるわけです。

息子は絵を描くのが嫌いなので、最初からイライラしています。

自由研究も元々は息子の知りたい分野に関して調べようと考えてましたが、まだ2年生なので1から調べ方なども教える必要があり、大変です。それで、息子手動でできる紙粘土で作りたいものを作らせました。


■親が関わるものと後半にならないとできないものを考えてスケジューリングする

夏休みの宿題はが関わらないといけないもの後半にならないとできないものが多い気がしました。
この辺が非常にネックです。

そう考えると、いかに親が最初にスケジューリングをするか?というところがポイントだと思いました。

親が関わるものは後回しにしてしまったのが少し痛かったです。
絶対に後半にしかできないもの(絵日記等思い出が必要になるもの)以外は最初の週に終わらせてしまいたいものです。

今回ピアノの発表会が夏休み入って1週間後の日曜日にありましたので、1週目はピアノの発表会の練習にかなり時間を取られてしまいました。
というより、それが頭にあったため、思考停止になっていたわけです。

ピアノの発表会は毎年この時期にあります。
ですので、最初の週、いかにピアノの練習と親が関わる宿題を終わらせるか?が課題だと感じました。

親が関わる宿題で教科書や問題集ベースのものは1時間を見ておけば終わるということがわかりました。
ですので、必ず親とやる時間を1つにつき1時間夏休み初期の段階で確保することが大事だと思いました。

絵日記に関しては文章は2つとも一瞬で終わりました。
これは息子が文章を書くのは苦手でないのですぐに終わらせられたのですが、問題は絵です。
絵は1つにつき、2時間はかかりました。絵が苦手なのである程度指示して、一つ一つ見てあげないと終わらないのです。「自分一人ではできない」というのでかなり残念な感じです。

これは私が作文が書けなかったのともしかしたらある意味同じかもしれないので、絵日記の絵の書き方は教えないといけない気がしています。(絵日記に限らず絵です。構図はたくさん見ておかないとわからないものですね。)

自由研究は紙粘土を選んだので、乾かす時間が必要でした。
息子は一人でおばあちゃんの家1週間ずつ行っていたので結構着色までに日が空きました。
私の絵の具等の買い出しが遅くなったのも遅延の原因です。

もう少し、宿題の優先順位をあげるべきでした。


■そして、最後は必殺技で

絵日記、ミニトマトの観察、道徳、東京防災、読書残り3冊が後半残っていました。
これらを終わらせるために必要だったのは、
「ゲーム、動画、ベイブレード、漫画禁止令」
でした。

これらの娯楽禁止令を出さないといつまで経っても進みが悪いということを残り1週間くらいのタイミングで気づいたのです。
私が甘すぎたのだなと思いました。

今まで、その日にやる事をやれば娯楽はやれていました。
ところが夏休みの宿題は時間が読めない事もあり、一つ終わらせたらもう一つという進め方をしており計画もなかなか立てらません。
そのせいで、一つ終わって、時間があるからもう一つやらせようとすると
「エーーー。もう疲れたよ〜。やりたくない!」
と反抗されるわけです。

このやり取りに正直かなり疲れました。
じゃあ、夏休みの宿題やらないで出せばいいと言いましたが、「それは嫌だ」というのです。
これは困ったものです。
「もうお母さんは管理したくないんだからしないからね!」
とも言いましたが、小2の子に一人ですべてやらせるのは難しいようでした。

他のお母さんとも話をしましたが、
「危機感がない」
「指示待ち人間」
「自分からやらない」
というのが普通の小2だなと感じました。

そりゃそうです。
0からスケジューリングしてという事に慣れていないのでやり方も知らないですし。
私も多分親が管理していました。

来年はもう少し危機感を感じられるようにしてあげようと思うわけでもありますが、一つにかかる時間が想像できないのと、1日の持ち時間が把握できていないのでスケジューリングができないということでもあります。その辺をどう理解させるか?がポイントです。

それで、残りの時間が少ない事を理解させ、娯楽禁止令を出したところ、納得してどんどんやり始めました。今までは私が声をかけていたのですが向こうから「この宿題、次なにやればいい?」と聞いてくるようになりました。これでこそです。

今までこちらが非常に疲れていたのは「今やらないと時間がないよ」と言っているのに反抗されてという不毛なやりとりが原因です。
向こうから「やるから教えて!」と言ってくれば別にこちらもそこまで疲れません。

うちの場合、こういう風に促すためには娯楽禁止にしなければいけなかったという事が今回十分わかりました。
息子自身も納得していました。禁止にされた方が集中できると。
なので、宿題終わるまで娯楽禁止令は来年もやろうねと親子で決めました。

来年は私も初期にいかにスケジューリングと準備をするか?頑張ります。

それから、冬休みも宿題が出ます。
これは夏ほど特殊な宿題はなく、漢字や計算に縄跳びなど毎日コツコツやるものだと思うのでそこまで心配していませんが、逆に時間もあるのでそれ以外に何かさせる事を計画しておこうと今から考えたいなと思いました。

とにかく夏休みの宿題は親が大変です。



 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!


人気ブログランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 07:20│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文