文字の読み

2017年06月24日

難易度と子どものモチベーション 古文の音読

最近息子音読の宿題に飽きています。
というのも、「スイミー」をかれこれ10日間以上音読 の宿題にされており、スイミーは保育園の時のお遊戯会でもやったので、内容はかなり理解しています。基本的に真面目な性格なので、宿題はやる子なのですが、さすがに10日以上同じ文章を読み続けるにはこの内容だと飽きてしまいますね。途中、声を変えたりノリノリにやっていた時期もあったのですけれど。

毎日音読をする事は大事ですが、さすがに5日を越える頃には面白みがなくなってくる感じがします。
かといって、サボってしまうのも色んな意味でよくないので、うちでは別のものを音読させようかなと思いつきました。
(そもそも、毎日教科書を音読する宿題がではじめたのはいつなんでしょうか?私が子供の頃は音読なんて宿題で出ませんでした。音読を毎日宿題でやってきた代はそれをやらなかった代に比べて何か大きく能力が伸びているのか?気になりますね。逆に黙読をしてきていないのに音読をすると弊害がある気がします。読むスピードが伸びないという意見をweb上で幾つか見ました。黙読と音読は併用してこそという感じがしますね。)

学校の宿題はあくまで集団に向けてであり、一人一人にカスタマイズされてはいません。
なので、スイスイできるレベルなら他の事をやらせてもいいかなと思いました。

それで、息子の場合、上級生がやるようなものをやるとすごくモチベーションが上がるタイプです。
例えば、それが算数だったらまだ計算間違いも多々あるので絶対にやらせないところですが、国語の場合、

・高学年が読む本も読める 
・6年生の読解問題を親と一緒ではあるが読めるし解ける
・小学生の漢字も7割は読める

なので、学校の音読で同じ単元が長く続く場合、ちょっと難しい事をそこでやらせるのも有りかなと思いました。

その時に使おうと思ったのが、陰山メソッド徹底反復「音読プリント」 です。
これは小さい子から使えるものなのですが、上級ともなると古文が入ってきます。
(年長の頃、上級の手前まで使っていましたが、あまり小さい子に上級やらせる意味もわからなかったのでそのまま使わなくなりました。)

正直音読に古文をやらせる事にどう言うメリットがあるのか?わかりません。
色んな方が「古文の音読をやらせるのは良い」と書いておりますがしっくりきません。

ただ、古文は中学で暗唱させられたり、言葉が違う事を学べるので(「いとをかし」とか)
そういう意味で早くから知っておくのは良いかなと思いました。
でも、もし息子が日本語の読みや文章読解がままならないくらいなら、「古文の音読が良い」と言われていても私はやらせないですけれども。

息子の場合は、元々言葉に強くてやっても苦にならないだろうし、寧ろ現代の言葉と比較して考えられそうなタイプなのでやらせてもいいのかなと考えいました。
「中学校でやるものを今やる」ということが何より本人にとってのモチベーションになるので、それはそれで良いかなと思いました。

有名な古文は私も暗唱してきたし、内容もしっかり理解してきたので、ただ読ませるだけではなく、 内容や言葉の使い方についても理解させながら使っていけたら楽しそうだなと思いました。 


学校の宿題に関してはカスタマイズされていない以上、出来る子に関しては本人が希望するなら、より発展的な事をやらせてもいいと思いますし、逆についていけない子は量を調節してもらって、先生に相談して、出来るレベルでというので良いかなと考えています。ついていけない子に関しては学校は居残りをさせてくれて細かく見ているという印象ですし。(学校の先生は本当大変そうです!)

ただ、進むことに関しては本人の希望が第一だと思います。
本人がやりたがっていないのに上の学年のものをやらせても嫌いになってしまう危険性があります。

その辺はきちんと本人の意思を尊重する事が大事です。


 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 06:50|PermalinkComments(0)

2016年07月22日

漢字の読み強化のために作ったプリント 「う◯ち」がどんどん増えて行く?

1年生の漢字の読みは大体できるようになったので、難しい読み方や普段はあまり使わない読み方ができるようにプリントを作った。(エクセルで)

ぷりんときっず(http://print-kids.net)で無料ダウンロードした問題をやらせ、読めなかった熟語だけピックアップし、その熟語を組み合わせて文章を私が作ったというもの。

26


18問×12枚と結構な量で、突然このぷりんときっずの読み問題をテストした時には息子はカンカンに怒っていたけれども、とりあえずなんとか判別チェックは終了。 
できない問題が、58個。それをとりあえずエクセルにどんどん入力。

  54

=MID($A3,COLUMN(A3),1) など関数を使い、1文字ずつバラバラに。(C列〜K列)

バラバラにしたものを組み合わせて、文章を適当に作る。
(M列〜)

04
縦と横(行と列)を入れ替え貼り付け、 ふりがなを入れる列を追加。

こんな感じでまともに作ったのだけど、初日、朝不機嫌だった息子に
「こんなに字が小さいとできない!」
だとか文句を散々言われて、改良することに。

そして、
 

なんか、無理やりの文章もあるのだが。。。
そして、DAIGOも出てきます。息子が知っている唯一の芸能人なので。(サボさんのみいつけたによく出てきたので)しかも「竹下」じゃないんだって知る。(笑)

さて、「う◯ち」は何個あるでしょうか?

これを読んだ息子は大喜び。
「もっと『う◯ち』入れて!」
とのこと。

「これ以上は難しいよ。文章に綺麗に入らない。」というのが本音。

とはいえ、やはり子供の好きなものをたくさん入れてあげるのは大事なこと。
これは毎朝音読させるために作ったものなので、楽しく読んでほしい。
最初の真面目バージョンの時と、この「う◯ち」バージョンでは息子のノリが違う。
毎日毎日読むので、楽しいほうがいいに決まっている。

 以前の記事
人に教えたくない、漢字学習書  「リズムでおぼえる漢字学習」
 
で紹介したこの本と同様に漢字の読みは何度も読んで覚えるのが良いなと思っている。

だから、とりあえず、この小学1年生難易度高の漢字読み自作プリントは 1ヶ月毎日読んで、途中からはバラバラにして文章から外しても読めるようにしようと考えている。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 20:00|PermalinkComments(0)

2013年12月28日

字の読み

子どもが文字が読めるようになるというのは嬉しいものだし、面白いし、助かる。

息子はまだ夜のオムツが取れない。まあ、それはさておき夜のオムツはオヤスミマンというものを利用している。

今日「オヤスミマン買うよ」とスーパーで言ったら、
息子が「オヤスミマンじゃない。オヤスニマンだよ」と言う。つまり「ミ」ではなく、「ニ」だと言う。私は
「違う!オヤスミマンだよ。家帰ってオムツの袋読んでみな!」
と言って家に帰ったら「オヤスミマン」と書いてあるんだろうがロゴの字は写真でもわかるが「オヤスニマン」に見える。息子に
「これ読んでオヤスニマンだって思ったの?」と聞いたら
「そうだよ。」
と言われた。
そういわれてしまうと困るけど、子どもは素直に字を読んでいる気がした。

他にも、トランスフォーマーのおもちゃを最近買ったら息子が箱の字を読んで、
「トランフォーマーだったんだね。トランスコーマーだと思っていた」
と自分の間違いを発見!
その中にいるキャラクターに「アーシー」がいるのだがそれも字を読んで
「アージーじゃなくてアーシーなんだ!」と自分で自分の間違いに気付いていたのが面白かった。
人から注意されるより、自分で気付くのが一番よい。

逆に私も息子が病院でもらってくる皮膚の保湿クリームを
「ヒルドイド」と読んでいて私は「ヒルロイド」だ3年くらい勘違いして覚えていたので、それを聞いて字を読んだ時にびっくりした。3年も間違って覚えていたのは恥ずかしい。。。でも息子に気付かされて良かった。。。

そして、今日は台所にあった写真の「白いブラックサンダー」を漢字から読んでおり、ちゃんと教えた漢字も覚えて読んでいる事に満足したのだった。

息子はなんでも読もうとするので、漢字まで読めた方が息子にとってもストレスが少なくいい事だなあとつくづく思った。
もし、こんなに文字を読まない子だったら私も漢字まで今の段階で読ませようとは思わなかっただろう。もっと基礎的なものからやらせていたに違いない。

字の練習はまさにそういう感じだけど。

o0800060012915525837
o0800056512915526499
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:30|PermalinkComments(0)

2013年12月25日

1000~9999までの数の読み

今日はチラシを使って1000~9999までの数を読めるように遊びました。

100から1000までの数は数が少ないからA4の紙に300ずつエクセルで作って、それを全部読み上げさせた後に、クイズとして10問くらいずつ毎日「これはいくつ?」とやっていました。そしたら1000までの数は読めるようになっていました。

子どもって、本当大人がみるとびっくりするくらい頭が悪いと言うか、わかりが悪い物で、(うちの子だけ??)最初から器用にできるなんてことはほぼなくて、100までは読めるのに100からは読めないとかどうしてそうなのか?謎すぎるけど、そこに規則性がある事をうまく飲み込めないようです。

それで、1000までは読めるんだけど、1000からは読めなくて、それを読めるようにするためにチラシを使いました。
このホームセンターのチラシが1000円から9999円までのものが結構載っていて使えた。
それで、最初は数字だけ読ませようと思ったんだけど集中しないので
「じゃあ、このお掃除用具ほしいんですけど、いくらなんですか?」
とか聞いたら楽しんで読もうとしてくれました。徐々に当たりが出てくるようになり、最後は9999円までのものはほぼ100%的中といったところです。
お買い物ごっこ的な感覚でできるし、机の上でこのチラシを広げ、商品名を読み上げて「これいくらですか?」と聞けば答えてくれる。なんていい遊びなんだろうと考えた自分に自画自賛です。

1000円までしかないようなスーパーや薬局のチラシはいらないので新聞入れに捨てて、このビバホームのチラシやヨーカドーのチラシ、三越のチラシは残しておきました。10000円を越えるものになると限られるので貴重なチラシです。
内容的にはこのビバホームのチラシが面白くていい。売っている物がバラエティに富んでいるし。

10000~10万円まで読めるようになったら、お金のおもちゃや電卓を使おうと思います。


チラシ
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:24|PermalinkComments(0)

2013年12月16日

漢字読み

息子に漢字を覚えさせている。とにかく読むのが好きなので小1の漢字は半分以上覚えた。外へ行くとどんどん看板等を読む。この間は「中央改札」の「中」を指差して「なか」と読んだり、地下鉄の電光掲示板で「新富町」とありそれを指差し「まち」と読んだり、一番ビックリしたのが家の近くの小さい古い居酒屋「山本」の看板を見て「やまもと」と読んだ事だ。二つの文字がくっついていたのに「やまほん」ではなく「やまもと」と読めた事。同じクラスに「川本」君がいたからかもしれないけど。居酒屋の看板を読んだのには意表をつかれたが。

ただ、小1の漢字って「これだけ?」っていうくらいしかない。というか例えば「黒」とか「多」とか普通に使うだろう文字は1年生にはなくて2年生のようだ。
2年生は大体息子の語彙量でなんとか覚えられるレベルだが、3年になると少し言葉の意味を知らないものが入ってくる。「期」とかがそうだ。小学校へ上がっていないので「1学期」だとか「期末テスト」とか普段使わない。

4年以上になると、言葉の意味を知らないと漢字を覚えるのが辛くなってくる。
私の実体験でそれは痛感している。小1か2年ころ、くもん式で小5、6の漢字をやっていたが、意味が理解できない漢字ばかりですごく辛かった。「議会」とか「義理」だとか漢字は似ているし、意味もよくわからなかった。

そう思うと、小3までの漢字はある程度暗記ゲームでなんとかなるが、小4以降の漢字は覚える前にある程度語彙力をあげなければいけない。
普段から小4以上の漢字がでてくる言葉を使ってあげたり説明したり、慣らしておく必要がある。そうしないと漢字は辛くなる。

中学や高校で習う漢字は尚その傾向が強い。難しい本を読んでいるような人なら覚えるだけだけど、その言葉の意味も使い方もなれない場合は本当に漢字は覚えるのが大変だ。根性で中高は漢字テストを乗り切っていたので読み方はなんとかわかるのだが、最近になってようやく新聞で出くわす様な言葉等もそこには結構ある。

やはり、中高では新聞を読んだり、私のようにpodcastで聴く日経を聞いたりして耳を慣らしておく必要があると思った。新聞だけでなく、文学だとか色々あるだろうが。先に言葉を知っていれば漢字を覚えるだけなのでそこまで苦にはならないだろう。

中高の事は結構先だが、語彙力をあげるよう何かしたいなあと思う今日この頃。
というか、さっき小3の漢字を見てそう思った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:27|PermalinkComments(0)
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文