4歳

2016年05月25日

時計の読みは「わかるタイミング」がある時期に突然くる

時計の読みを教えようと、確か4歳くらいからコツコツ教えていた覚えがある。
やはり、時間がわかった方が色々便利だからだ。

長い針に関しては5、10、15.....って覚えれば理解できるのだが、難しいのが短い針。
うちは長い針が読めるようになったら短い針の勉強用に100均で小さい目覚まし時計を購入し、それで時間を合わせて問題を出していた。1日3問出していた。

やはり、50分、55分あたりの時の短い針は読めなくて、外れてばかり。
その時は「長い針がこの辺の時には短い針が差している時間より1小さい時間なんだよ」と具体的に教えていた。後はゆっくり時間を進めて理論を説明したり。

でも、わかったと思っても忘れてしまう。間違えてしまうのだ。
ところが、年長になる前、ピタッと間違えることがなくなり、完全に理解した日が来たのだ。

子供の成長っていつも思うのだが、坂道みたいに「徐々に」ではなく、階段みたいに一気に「ドン!」ってくるのだ。これはいつも本当に不思議でならない。


友人の子供で早生まれの子がいる。
その子の住んでいる地域は入学前に算数セットを支給されるようで、それに入っていた算数セットの時計を使って遊んでいたら時計を急に理解するようになったとのことだった。 ( くもんのNEWくるくるレッスン のような時計だと思われる)
その子は早生まれなので、入学が6歳前後だ。うちの息子も年長になる前、つまり6歳前に一気にわかるようになったことを考えるとやはり、6歳前後というのが一気に時計を理解する脳に成長するタイミングなのかもしれない。

確か、すでにやめていたが進研ゼミも6歳前あたりに読めるようにするための時計が付録で付いていた気がする。

もしかすると、焦って早めに読めるように訓練する必要はなかったのかもしれない。

学校の授業での時計を読む単元は2年生。この頃には間違いなくアナログ時計を読めるだけの脳になっているだろう。もしできなくても、多少の時間をかければ理解出来る歳になっているのでそこまで焦る必要もなさそうだ。それに、さすがに2年生になると1年間も学校の授業を受けて、時間を意識していた訳なので、自然と読めるようになっているのかもしれない。

短い針は難しいが、長い針は5分単位でなら4歳でも覚えられる。なので、短い針を焦らずに、長い針中心に4歳のうちから始めるのも良いかもしれない。

今は「分」が書いてあるアナログ時計(SEIKO CLOCK (セイコークロック) 知育掛時計(白) KX617W  など)もあるので、それを活用するのも良いかと思う。

 
ちなみにうちでは5、10、15、と、5の倍数に関しては時計に入る前にくもんの磁石すうじ盤100 や100玉そろばん( 初めての100玉そろばん マニュアル )などを利用し、慣れ覚えさせた。それから100均で買った、学習するための紙でできた時計の数字のところに公文のすうじマグネットを置かせるゲームを何度もやった。

そうしていくうちに、2なら10、5なら25、8なら40と覚えていった。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 22:00|PermalinkComments(0)

2014年04月10日

「世界がわかる ちずのえほん 改訂版」 に興味をもつ息子

ピアノ教室に早く行き過ぎた待ち時間、絵本を息子は読みたがる。この「世界がわかるちずのえほん」(ちょっと古いのだが)をすごく気に入り、前回読んで、まだ途中だったので今日続きを読んだ。というか読んであげて一緒に見た。
嬉しかったのは息子が世界の事に興味を持ってくれてたこと。この本は例えば車の生産台数の第5位までが絵でわかりやすく書いてあったり、バナナの生産第5位までが書いてあったりと所謂「子ども向けのデータブック」的な部分もある。個々の国のページはこれから先に読むのでどんな内容なのかよくわからないが、これらの情報に息子が興味を持って楽しく読んでいた事が嬉しかった。

ただ、それに気付けたのは、ピアノ教室の受付の女性が「ちずの本なんて読んでいてすごいね~!私全然わからないので教えて~!」と息子を褒めてくれた。褒められたのは親としても嬉しい事だが、自分自身は今こういう世界のデータに関心があるし、経済等を勉強していくうちにすごくこういうのを見るのが好きになっていた。だから息子が興味を持って読んでいた事に気付けていなかったのだ。当然この本は面白いくらいにしか思っていなかった。それを他の人の視点から言ってもらう事で「息子はちず(世界の事)に興味を持っているのか!」と気付けたのだ。

私も息子に読んであげながらその国の事とかを補足程度に話してあげている。
息子は米の生産量等が中国が1位なのを見て
「ずるい!日本が負けて悔しい!」
と怒っていた。
それを私は
「中国にはいっぱいいっぱい人が住んでいるから沢山ご飯が必要なんだよ」
とかちょっと言ってあげられる。それも私自身がそれを話してあげたくて楽しく話している。

大体食料の生産量が日本より上の国は人口もそれなりに多い。
そういう単純なものから始まり、色々話してあげられるのが楽しく嬉しい。

都度私がそういう事を話したりしていた事が息子を「社会科」好きにさせているとしたらそれはとても嬉しい事だ。息子。



世界がわかる ちずのえほん 改訂版 (キッズ・えほんシリーズKid’s MAP)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:05|Permalink

2014年04月08日

字の上達「ね」編

あれだけ難しかった「ね」という字が見なくても結構上手にかけるようになってきた。やはりコツコツ練習するというのはそれなりの成果を生み出す。

最初は「ね」が「る」にしかならなかったのに。見本を見ながらでも上手く書けない。沢山練習はしたけど、「ね」を書く機会がなくなると忘れてしまったり。

今はひらがなを見なくても全部書けるようになったけど、また書かないと忘れそうなので妖怪ウォッチお手製教材を毎日1ページ(5妖怪)書かせている。

これをやっている時はいかに息子が嫌な気分にならないか気を使ったりもして面倒くさいのだが。息子の性格を考えたら仕方ない。字が「きれいに」かけないときっと勉強も嫌いになってしまうだろう。ポイントは「きれいに」という事。

息子の性格上きれいに書けないとゆるせないのだ。なので失敗したら消しゴムで消してやり直す。その繰り返し。時間かかってこっちも大変だが息子の性格上しかたないだろう。この性格である以上トコトンそこはつき合わないといけない。

これは逆に息子の長所でもあるのかもしれない。高い完成度を求めてやる事は決して悪いことではない。美大受験の時それを痛感した。一度長い時間をかけて完成度の高い絵が書ければ、その完成度を目指して短い時間でもなんとかしようと言う気になる。完成度の高い絵を描いた事のない人は短い時間で完成度の高い絵を描く事は不可能に近い。これは絵に限らず言える事だ。つまるところ、「やり込まない事には上手に手抜きもできない」と言う事だ。

親的には大変だが字は目に見えて結果がわかるものだからこちらもモチベーションを維持できるのだろう。
本当よく親子で頑張ったね。
息子よ。


ね01
ね02
ね03






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 22:58|Permalink

2013年12月28日

字の読み

子どもが文字が読めるようになるというのは嬉しいものだし、面白いし、助かる。

息子はまだ夜のオムツが取れない。まあ、それはさておき夜のオムツはオヤスミマンというものを利用している。

今日「オヤスミマン買うよ」とスーパーで言ったら、
息子が「オヤスミマンじゃない。オヤスニマンだよ」と言う。つまり「ミ」ではなく、「ニ」だと言う。私は
「違う!オヤスミマンだよ。家帰ってオムツの袋読んでみな!」
と言って家に帰ったら「オヤスミマン」と書いてあるんだろうがロゴの字は写真でもわかるが「オヤスニマン」に見える。息子に
「これ読んでオヤスニマンだって思ったの?」と聞いたら
「そうだよ。」
と言われた。
そういわれてしまうと困るけど、子どもは素直に字を読んでいる気がした。

他にも、トランスフォーマーのおもちゃを最近買ったら息子が箱の字を読んで、
「トランフォーマーだったんだね。トランスコーマーだと思っていた」
と自分の間違いを発見!
その中にいるキャラクターに「アーシー」がいるのだがそれも字を読んで
「アージーじゃなくてアーシーなんだ!」と自分で自分の間違いに気付いていたのが面白かった。
人から注意されるより、自分で気付くのが一番よい。

逆に私も息子が病院でもらってくる皮膚の保湿クリームを
「ヒルドイド」と読んでいて私は「ヒルロイド」だ3年くらい勘違いして覚えていたので、それを聞いて字を読んだ時にびっくりした。3年も間違って覚えていたのは恥ずかしい。。。でも息子に気付かされて良かった。。。

そして、今日は台所にあった写真の「白いブラックサンダー」を漢字から読んでおり、ちゃんと教えた漢字も覚えて読んでいる事に満足したのだった。

息子はなんでも読もうとするので、漢字まで読めた方が息子にとってもストレスが少なくいい事だなあとつくづく思った。
もし、こんなに文字を読まない子だったら私も漢字まで今の段階で読ませようとは思わなかっただろう。もっと基礎的なものからやらせていたに違いない。

字の練習はまさにそういう感じだけど。

o0800060012915525837
o0800056512915526499
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:30|PermalinkComments(0)

2013年12月25日

1000~9999までの数の読み

今日はチラシを使って1000~9999までの数を読めるように遊びました。

100から1000までの数は数が少ないからA4の紙に300ずつエクセルで作って、それを全部読み上げさせた後に、クイズとして10問くらいずつ毎日「これはいくつ?」とやっていました。そしたら1000までの数は読めるようになっていました。

子どもって、本当大人がみるとびっくりするくらい頭が悪いと言うか、わかりが悪い物で、(うちの子だけ??)最初から器用にできるなんてことはほぼなくて、100までは読めるのに100からは読めないとかどうしてそうなのか?謎すぎるけど、そこに規則性がある事をうまく飲み込めないようです。

それで、1000までは読めるんだけど、1000からは読めなくて、それを読めるようにするためにチラシを使いました。
このホームセンターのチラシが1000円から9999円までのものが結構載っていて使えた。
それで、最初は数字だけ読ませようと思ったんだけど集中しないので
「じゃあ、このお掃除用具ほしいんですけど、いくらなんですか?」
とか聞いたら楽しんで読もうとしてくれました。徐々に当たりが出てくるようになり、最後は9999円までのものはほぼ100%的中といったところです。
お買い物ごっこ的な感覚でできるし、机の上でこのチラシを広げ、商品名を読み上げて「これいくらですか?」と聞けば答えてくれる。なんていい遊びなんだろうと考えた自分に自画自賛です。

1000円までしかないようなスーパーや薬局のチラシはいらないので新聞入れに捨てて、このビバホームのチラシやヨーカドーのチラシ、三越のチラシは残しておきました。10000円を越えるものになると限られるので貴重なチラシです。
内容的にはこのビバホームのチラシが面白くていい。売っている物がバラエティに富んでいるし。

10000~10万円まで読めるようになったら、お金のおもちゃや電卓を使おうと思います。


チラシ
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:24|PermalinkComments(0)
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文