5歳

2017年07月14日

年長さん 小学校入学前までに何をできるようにしておくべき??

「小学校に入学する前から何もやらせなくていい」という意見は「1聞けば10わかるお子さん」ならではの話だと思います。
ですので、何もやらせないよりはある一定のレベルまではできるようにしておいた方が学校の授業を意欲的に取り組めます。
 
でも、小学校入学前から完璧にする必要はないんです。

・ひらがなの読みは9割以上。
・ひらがなの書きは6、7割。
・カタカナの読みは8割以上。
・カタカナの書きは5割。

・足し算引き算の概念の理解はしたほうがいい。
・足し算引き算の繰り上がり下がりなしは8割程度
・足し算引き算の繰り下がり下がりありは5割程度

この割合は私の主観であり、何の裏づけもないですが、実際に小1を終えた息子を見てそう思ったり、小学校に上がって他のお子さんを見てそう思ったりして出てきた一つの私の仮説です。
あとは「教えてgoo!」などの質問サイトを見ていても、何もやらせず入学して大変な事になっているという書き込みを多々拝見しました。


■息子が入学してから徐々になんとなくの仮説(今でも仮説でしかないですが)私の中の確信に変割った事 焦らなくても良かった事、やっておけば良かったと思う事

実際息子が小学校に上がるまでは本当ここまで確信を持って言うことはできませんでした。
「入学前から勉強しなくても大丈夫じゃないかな?」とか少し思っていました。
私の場合は不安だったのでやらせておいたというのもありますし、息子の性格を考えると周りよりできていた方がやる気が出るタイプだったのでうちはやらせた方がいいと考えてやらせていましたが、他の方にそれを勧めようとは思いませんでした

また、無駄だったところもあったと入学してわかりました。
年長の夏休みくらいに自分の母親(息子にとってのおばあちゃん)に
「〇〇君(息子のこと)は幾つかひらがな書けなかったよ。」(かけるようにしておかないとまずいんじゃないか?)的な事を言われました。すごく嫌な気持ちでしたし、入学前に完璧にしておく必要があるのか?と懐疑的でした。

私や妹は入学前には書けていたのでしょう。だから気になったのだと思います。
でも、そんな事を母から言われたので少し焦りましたが、その焦りは不要だったと入学後わかりました。
完璧にできていなくてもある程度書けるようになっていれば入学すると毎日沢山書くので覚えてきます


逆に、足し算の繰り上がり繰り下がりは幼児の頃に覚えておけばもっと楽だっただろうなと少しだけ後悔しています。あれは暗記なので。
論理的になっちゃうと覚えたがらないんですよ。頭の中の指で数えるんです。
すると永遠に覚えてくれないんです。それでうちは大変苦労しました。
論理的な子ほど、こういう単純な暗記を馬鹿にして覚えてくれませんので。

折角論理的で数学が向いているのに、これを覚えないと数学に行き着けません。
そういう意味で基本の計算の暗記は早めにさせておいた方がいいと思っています。

◆計算カテゴリ 一覧◆ こちらに苦労の末やってきた克服方法などを書いています )


■入学前からやっておいた方がいいのは特にお母さんが働いている場合

保育園から聞いた話なのでどこまでが本当か?わかりませんが、うちの近くの学校側は何も知らない状態できてほしいという希望を持っているようでした。保育園でやらせないでくださいと言われたそうです。
でも、入学してからだと正直時間が足りなさすぎです。

なので、入学前からこれらはできたほうが楽です。
でも、100%にするのは学校に入ってでよくて、学校でしっかりやって定着させれればいいのです。
最初の方にも書きましたが、入学前から100%は目指す必要ありません。

この辺って加減がわからないと思うんですよ。
でも入学前に完璧にしなきゃという妙な焦りは不要です。 
小学校で毎日書いていればひらがなも覚えますので。

子供は使わないと忘れてしまいます
いくら早くから覚えても書かなければ忘れます。
覚えるのが早ければ忘れるのも早いんです。

ですから、テストとかしてまで無理やり100%にする必要はないなと思います。
1つ、2つ忘れる字があっても大丈夫です。
なので、上記に挙げた私の仮説のクリア率をあくまで参考程度にできるようにしておけばOKだと思います。 

逆に、何もやっておらず、すべて小学校入ってからだとかなり親子で大変です。
そもそも学校に行くこと自体が大変ですし。
親御さんの方に覚悟が必要となります。すごく優秀なお子さんだったら別だと思いますが、ほとんどの場合は疲れてしまいます。
それで勉強が嫌いになるお子さんもいます。

お母さんが専業主婦の場合まだ良いのですが、仕事をされている場合、短期間でフォローする時間は取れませんので、働いているお母さんの場合は早めに少しずつゆっくり取り組んだ方が後々楽です。

そういう意味で、短期間ではなく、1年くらいのスパンで年長になったら少しずつ読み書き計算をできるようにしていくといいなと今になると思います。


■読みは書きと違って早くからできても損はない!

ただ、読みに関しては早いに越した事はありません
4歳くらいになるとひらがなは読めるようになります。(ひらがなは自然に覚えることもあります)
5歳くらいになるとカタカナは読めるようになります。(覚えさせればです。全部は自然に覚えるのは難しいです。日常的に使わないので)

このくらいからひらがなカタカナが読めると字で書かれているものに対する興味が広がりますので読めるようになっておくのは良い事だなと私は思います。
「あの漢字はなんて書いてあるんだろう?」と想像したりする事へもつながります。

 
■三角鉛筆を勧めます!
 
それから、鉛筆の持ちかたの変な癖はなかなか直らないと聞きます。
三角鉛筆がオススメです。自然と綺麗な形の持ちかたになりますので。
小さい子用に太い6Bの書き方三角鉛筆もあります。うちもこれをしばらく使っていました。
これがいいのか?悪いのか?よくわかりませんが、自然と持ち方が綺麗になるので良いのかなと思っています。


トンボ鉛筆 鉛筆 Yo-i おけいこセット 6B MY-PBE-6B







三菱鉛筆 かきかた鉛筆 ユニパレット 三角軸 2B 青 1ダース K48252B


↑うちは未だにこれを使っています。






女の子カラーはこっちですね!


201905追記:三角鉛筆の効果は絶大だった!

息子が小3の時に、久々に鉛筆の持ち方を確認してみました。
息子は元々鉛筆はきちんと持ててはいたけれど、どうしても90度近くまで鉛筆が上を向いてしまって書きにくそうでした。

それが、変わっていたんです。
60度くらいまで下がっていました!
持ち方が自然と良くなっていったのは三角鉛筆を使ったおかげだと思っております。

多分ですが、息子は手の筋肉がしっかりついておらず器用に鉛筆を持てなかったんです。
そういう子って結構自己流のヘンテコな持ち方に移行してしまうのですが、そうならなかったのは鉛筆が三角だったからだと思います。

綺麗な見本のような持ち方になっていて感動しましたね。

持ち方って、一見どうでもいいような気もしますがそんなことはありません。
正しい持ち方だと、長く疲れないように持てます。

漢字の宿題など小学校へ上がるととにかく書く事が沢山あります。
書くのが疲れてしまうと勉強そのものが嫌になってしまいます。

そんな事のないように鉛筆の持ち方はできるだけ正しい持ち方にしてあげたいものです。




 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!



人気ブログランキング


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 11:02|PermalinkComments(0)

2016年03月17日

「読み」「語彙力」がつく!幼児にRPGはおすすめ

一般的にゲームはあまりさせたくないと言われることが多いが、私はRPG系なら早くからやってもメリットがあると思っている。

というのは、RPGはアクションゲームと違い、手が小さくても、手の力がなくても、指がうまく動かなくてもできるので幼児でもできるし、文字をたくさん読まないと進めないので文字を読むトレーニングになると思っている。

息子は5歳頃から妖怪ウォッチやポケモンのRPGゲームを始めた。
長い話はやはり飛ばしてしまう事も多かったが、肝腎な箇所は赤い字で書いてあったりするので、進めるのにはさほど困らない。又、このくらいの歳というのは「ひらがな」「カタカナ」が読めるようになってというレベルで、まだ長文を読むのは苦労する年齢だ。 RPGには敵がたくさん出てきたり、特に妖怪ウォッチやポケモンは敵を仲間にする要素があり、単語(キャラクターの名前)を読む機会が非常に多い。
そこで息子はかなり文字を読む事が鍛えられたと思っている。
(息子がひらがなが読めるようになったのは4歳。カタカナは4歳半。)
 
また、当然の事ながら頭も使う。

そして、お金を手に入れて、使うという行為をここで覚える。
そこで、安いものはたくさん買え、高いものはお金を貯めないと買えないという事を覚える。
10万くらいまでの桁の数ならすぐに読めるようになる。
4歳の終わりにチラシを使って、4桁、5桁の数を読めるようにしてあげたが、継続していなかったので覚えていたかは定かではない。ただ、RPGをやり始めてからは特にこちらは教えてもいないのに、大きな数もすらすら読めるようになっていた。
やはりゲーム内で覚えられる事は結構ある。

言葉に関してはこの間外を歩いている時に突然
「木を伐採している」というので見てみると、取り壊すアパートの横の植木を業者が切り倒していた。
そんな難しい言葉をどこで知ったのか?聞いてみたら
「電波人間だよ(3DSの無料でダウンロードできるPRG)」
たしかに、大木のボスみたいのがいた章があった気がする。
他のゲームでもRPGではたくさん言葉は覚えている。

それから、「攻略本」。
これは買ってあげると、自分から調べられるようになり、「調べる」という行為を覚えられるのが良い。
字もたくさんあるので読まないといけないし、攻略本の使い方はゲームによっても違うのだが、そこは親があらかじめ使い方を確認して教える事が大事だと思う。
使い方さえわかれば、自分でそのページを開いて、どうすればいいか?見つけられる。
大体はふりがながふってあるのでひらがなカタカナが読めれば困らない。

息子は5歳の間、続けて音読等をさせていないが、RPGをたくさんやる事で日本語をかなり読んだ。
それが、文章を読むのに必要なスタート地点に立てる事につながった。

6歳4ヶ月頃になってからは漫画の単行本が1冊1時間ほどで読めるようになっていた。
たくさん文字を読んでいたので、「読みたい!」と思った時に読めたのだろう。
その詳細に関しては
漫画は多読の訓練に使える
に書いてあるので合わせて読んでいただけると嬉しい。


最後に、ゲームについてはメリットだけではなく、デメリットもあるので
その辺については別の機会に話したいと思う。
それでも、私はメリットが大きいと思うのでやらせている。






 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 21:00|PermalinkComments(0)

2015年01月18日

文章の練習のために

妖怪ウォッチのダイアリーを今年は買ってあげた。

ブロックタイプなので、毎日ゲーム日記をつけさせる事にした。

幅が小さく、字は上手に書けないが、目的は文章を書かせる事。

昨日は助詞を入れさせるのを忘れてしまったが、今日は「を」を入れさせた。

はにをへを学んで欲しい。

それ以上に、文章を書く事に子供の頃から抵抗を持たないようにしたいのが目的かな。

私は子供の頃、文章を全く書けなくて小学生の頃、先生あのねに始まり、作文に苦労したので。

息子は喋りは巧みなので、文章も慣れれば苦にならず書けるはず。 妖怪ダイアリー



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:49|PermalinkComments(0)

2014年05月16日

カタカナの練習 オリジナル教材

今日から息子はカタカナの書き練習。
カタカナはポケモンの17キャラで又々自前教材を作った。

50音全て盛り込み、且つ、なるべくキャラを少なくするのは結構大変だった。

エクセルの関数を使ったりしながらとにかくキャラ数を減らして、でも50音全部いれこんだ。(ヲは除く)

で、実際息子の反応はといえば…。意外にもすんなりやってくれたのでびっくり!

ひらがなの妖怪ウォッチ17妖怪の時のように5つ書くのに30分以上かかるかと覚悟していたのだけど、毎日5妖怪ずつひらがな練習をしていた事が功を奏したのか、初めてに近いカタカナ練習なのに文句も言わずあっという間に書いてしまった!これには驚いた。

息子自信が字を書くことに抵抗がなくなっているのだと感じた。これは嬉しい限り。

しかも11月くらいにヘロヘロのおばけみたい字のカタカナを一度練習で書いていたのに、随分しっかりした字を手本をみながら書き、母は嬉しかった!

こう言うのって本当積み重ねだなあって思った。
字を書くのが本当嫌いで、正直本当下手くそだった子が、すんなり字を書くようになり、書いた物もしっかりかけるようになっているなんて。

一年前、担任の先生との個人面談で
「翔ちゃんはお絵かきとか制作が好きじゃないみたいですね。」と言われ、絵が得意で好きだった自分はショックを受け、なんとか苦手意識だけは植え付けたくないと鉛筆をもたせるところから始めたんだった。

同じクラスには鉛筆をしっかり持って書ける子がいたりもしたけど息子は全くやりたがらなかった。

うんぴつだとか迷路だとかとにかくやらせ、ひらがなを書き始めてからも中々上達もしないし、文句を沢山言われたり苦手意識から大泣きされたりしながらそれでも私は諦めずがんばった。
正直息子より私を褒めて欲しいくらいだ。笑

一年後にはクラスで一番字が上手になろうねと息子に伝え、とにかくコツコツがんばった。

一番上手くなくても私的には構わないのだが、息子は一番になりたいからそういう目標を共有した。
そんな目標忘れてしまっていたけど、こんな風に字を書くのが苦じゃなくなってくれただけでも本当良かったという感じ。字は一生使う物だし、書くのが嫌だと勉強も嫌いになるかと思ったから字だけはと毎日(もちろんサボる日忘れる日もあるが)続けられたことが私の自信につながった。


10473518_651811781566292_6333830961409510873_n

カタカナ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:14|Permalink
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文