7歳

2017年04月11日

暗算が楽な子には筆算をやる意味を教えないと筆算をしてくれない!

あれだけ繰り上がり繰り下がりの計算が苦手だった息子は滅多に計算ミスをしなくなりました。

更に頭の中で2桁同士の計算は割とできるようです。

息子に合ったやり方で沢山練習できたからだと思っています。


ところが、暗算ができると筆算が始まった時に筆算をする意味が理解できないようなのです。
特にうちの息子のように、屁理屈っぽい子はやる意味を受け入れないとやろうとしません。

まだ学校では始まっていないのですが、チャレンジタッチに出てくると言うので、一緒に見てあげました。

確かに暗算でいいよねと言う問題です。
でも、隣に筆算の式を書かせる欄があります。ここへの書き方と、計算の仕方はわたしが説明しました。

それから、やはり筆算をする意味がわからないとのことなので、
「今後3桁4桁5桁の計算をする事もでてくる。大きな数同士の計算は筆算の方がやりやすい。その時に筆算に慣れていると早く間違えずに計算ができるから、今のうちに書き方とやり方だけ慣らす為に練習すると考えるんだよ。」と伝えました。

本人も納得したようで、それでやると思えたようでした。
よくわからないけど、書かなきゃいけない事、やらなきゃならない作業。 

そこが腑に落ちないと気持ち悪い事、算数・数学ではいっぱいある。

線分図とかも、内容が難しくなるまでは必要性を感じないので「なんでこんなの書かなきゃいけないの?頭の中でわかるよね?」と私も昔思っていました。

でも、今は線分図があった方が早いのがわかります。それは、線分図を使わないとわかりにくい問題を解くようになった経験からがあるからです。

その為の練習と言っても中々子供は納得いかないかもしれません。

必要性に気づいてからでも遅くないとは思います。
ただ、遅れを取り戻すのが苦手なタイプならやはり先に納得しておく必要があるのかなと思います。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 09:39|PermalinkComments(0)

2017年02月01日

子供がいちゃもんをつけてきたら、落書きするというのも有り!おふざけ、お下品なんでもありかと

「歌で覚える」というのをお風呂タイムにやっている。
(過去記事参照: 百人一首には学びのネタがいっぱい!
それで、歌だけだとわからない聞き取れないところもあるので、歌詞も一日一回ほど読ませている。
今、都道府県を覚える歌(ロックンロール県庁所在地)を読ませているのだが、5,6歳を超えると歌がキモいだとかでいちゃもんをつけてくるのだ。

この歌詞を読むだけでも気持ち悪くて嫌だという。
いつもは私が帰ってくる前に読み終えているので文句も言わないが、今日は私が帰ってきてからやることになり文句を色々と言われてしまった。

で、これに描かれている女の子の絵にまでいちゃもんをつけてきたので、

「これはチャンス!」


と思い、女の子に落書きをし始めた私。


「こんなの落書きしちゃえばいいじゃん!」
と、女の子の鼻を豚の鼻に変えた。
さらに、眉毛を太くして、目も大きくして。。。と色々楽しく落書きし始めたら、息子も笑い始めて勝手にどんどん書き足し始めた。

ツノに頭にうんち。そして手錠。(わけわからん)
私が「おならさせちゃいなよ」と言うとおならの音と絵を書き足した。

「名前もつけたら?」と提案し、「ぶたこ」と命名された。
それから、歌詞の余分なキモい部分を黒く塗りつぶし、さらにキモい部分(Wow! Hu!など)は私がぶたこになりきって言ってみる。「これはぶた子の台詞ね!」と。
それで、(ぶた子)と書き足した。

これで、息子にとってキモくて嫌だったものが、爆笑ものの勉強道具に変わった。


FullSizeRender 12


低学年の男の子なんて、こんなレベルで喜んでくれる。
嫌だった歌詞カードは面白歌詞カードに様変わり。

見るたびに笑えるおかしい楽しいものに変身した。
さすがに学校の先生はこんな事やれないと思うけど、親はこんな風に下品な事やふざけた事を駆使して
子供が嫌がらないような工夫をすればいいよな、といつも思う。

目的は毎日これを読ませる事。
だったら、子供が嫌いだといちゃもんをつけてくるところは消す。
消すだけじゃなく、いたずらがきまでもする。
それが下品であろうとふざけていようといいじゃないかと。

真面目にやる事が目的ではない。
なんでもそうだが、真面目な親御さんほど、「きちんとやらなきゃ」とか「ふざけちゃダメ」だとかと気を張って疲れてしまっている気がしている。

勉強を子供にやらせる時、勉強させる目的は成績を上げる事だとか勉強が楽しくなる事だと思うので、それに反する事は、たとえ一般論だろうがなんだろうがそれに沿ってやらなくていいと思う。
「育児書を鵜呑みにするな」というのと似ている気がする。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 22:40|PermalinkComments(0)

2017年01月19日

「勉強する意味」 自分の中で納得し始めた小1の息子 洗脳より引き出す方が開ける気がしている

「勉強する意味」を自分の中で納得し始めた小1の息子。
というと大袈裟なのだが、ある事をしてあげた事で少しだけ息子の中に芽生えた「勉強する意味」。

何をしたかというと、「世界の貧しい子供達をテーマにしたTV番組を見せた」というところだ。
これは効果があると思って年中の頃から意識して都度それ関連の写真付きの本を借りて見せたり、 経済番組などで取り上げられていたらそれについて話してきたりはした。もちろん忘れてしまうが。

しかし、今回は意図的にその内容があるからその番組を見せようと思っていたわけではなかった。
たまたまで、「これでわかった!世界の今」というNHKで2015年から放送している番組の録画を久々に見せていたら、メインの話が終わった後、インドの元ストリートチルドレンがストリートチルドレンの現状について知ってもらうための新聞を作っているという話がやっていたのだ。

IMG_6733
IMG_6734


「これは!」と思い、息子に難しい言葉は解説してあげ、説明した。
一日中働かさせられる子供達。危険な場所で働かさせられる子供達。
同じ小学生くらいの子達が辛い思いをしているその光景を映像を通して知る。
暖かい部屋で好きなお菓子を食べて、好きなことをして遊んでいる息子はやはりショックを受ける。
「あの子たちはなんで働かさせられているのか?」
色々気になっているので説明してあげた。

「まずい」と言って残していた夕食のパスタも、
「ご飯も満足に食べられない子もいるのだから食べなさい!」と言うとあっという間に食べた。

それから、貧困がある限り、戦争や殺し合いや悪い事に手を染めないといけない人達がなくならないという事も話してあげた。
普段からテロや戦争を恐れている息子。
それらの原因の多くはやはり貧困で、「貧困をどうなくすか?」を考えて実行していかないとそれらは無くならないんだということを教えた。

息子達がたくさん勉強したりして学んで、大人になった時にすごい発明をしたり、すごい仕組みを考えたりしていけばそういうかわいそうな子達はいなくなる日が来るかもしれないよと。
いろんなやり方はあるので、もちろん勉強だけではないのだけど。

息子も納得しており、「だから勉強するんだな」と言っていた。
そして、「こう言うのは社会科なんだけど」と私が言いかけたところで息子は
「社会の事をわかるためには国語できなきゃいけないんだよね」とか「理科では◯△×‥」
と自分なりに説明していた。話の内容は正確ではなかったから多少突っ込んであげたけど。
(理科社会は3年生からかな?息子はそれらを楽しみにしている)

自分なりに納得して、それを言葉にして伝えていたのは親ながら感心した。
勉強する意味を小さいながら見出せたのは大きな一歩だと思う。

特に息子は気難しい性格な故、ある時期になったら絶対に
「何のために勉強するの?」
と考え込んで動けなくなってしまうと思うので。

自分が中学生の頃そうだったからわかるのだが、息子はそれよりもっと早いかもしれない。
その「何のため」があった方が勉強は頑張れるものだ。(勉強に限らずだが)

それから、例えば貧困をなくすためにやれる事と言っても色んなやり方があるものだ。
科学の力でなのか、政治の力でなのか、他にも色々あるだろう。

どんな問題を解決したくて(どんな目的を達成したくて)、それをどんな自分の力(得意分野)で解決(達成)するのか?
という、この二つの「どんな」に何かが入ってくれば、やる事が決まるので進むしかなくなる。

今回は「貧困をなくすために」というところに息子の心を引き込んでみたが、その種類はたくさんあっていいと思う。たくさんの中から大きくなる間に「これだ!」というものを選べばいい。

親が出来る事はこう言う子供の心が動くような現実をたくさん見せてあげることなのかなと思う。


人気ブログランキング




  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 00:22|PermalinkComments(0)

2017年01月11日

経済、時事の知識は日常的に話していれば勝手に身についていく!そして憶測できるようになる

息子に訪日外国人数が多い国クイズをした。

今日、夕刊に「2016年の訪日外国人数」の記事があった。
(夕刊は気まぐれでしか読んでいない) 



で、「内訳ってどうなっているのかな?1位は中国かな?韓国かな?」と思って
調べてみたら、中国が1位だった。

JNTO参照
http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_tourists.pdf

(というか、この表すごく面白い。2003年〜2016年と13年間も見ていくと中国人の伸びがわかる 。
そして、長らく韓国が1位だったのにも驚く。)
 
それで、息子にクイズを出してみた。
「日本に旅行などで来ている外国人はどこの国の人が一番多いでしょうか?
①韓国 ②中国 ③アメリカ 」

息子「韓国!」
私「残念、中国でした。 韓国は2位
韓国と日本は近いからか?元々は1位だったけど
最近はやたら中国人が増えているよね。」

私「じゃあ、3位の国はどこでしょうか?
①アメリカ ②シンガポール ③台湾」

息子「台湾!」

私「よくわかったね!なんでわかったの?」
息子「台湾の人は日本が好きだからそうかなと思った。」

台湾と中国の関係は私が都度話すこともあり覚えているようだ。
更に、お友達にママが台湾人の子がいるので台湾には息子も興味を持っている。
普段からこう言う話をしてあげていると、そこから憶測ができるようになる。

以前日経TESTを私は受けていたのだが、その問題も知識が増えれば増えるほど、憶測ができて解ける問題が多かった。知識が増えるとこの憶測ができるから楽しいなと私はよく思っている。


それから、先日図書館で借りてきた松下幸之助の伝記マンガを息子とパラパラっと見た。
(まだちゃんと読んでいない)

子供の頃の話があり、お父さんが米相場で失敗して一気に貧しくなったということが書いてあった。

「米相場」なんて言われても息子はよくわからないだろう。
息子が「米相場って何?」と聞いてきたので、
「お米の値段が高くなるか?安くなるか?を当てるもので、予想した金額より高くなったら儲かるし、安くなったら損をする(お金が減る)ものなんだよ。きっと、松下幸之助のお父さんは家のお金をかなりこれにつぎ込んで、予想が外れて持っているお金が減っちゃったんじゃない?」
そんな説明をした。
(当時の米相場って正直細かいところまでわからないのと、先物取引や株の基本の概念さえ教えられたらそれでいいと思ったので細かく調べて説明してません)

すると息子は納得したようで、
「お米は沢山できて、とれすぎると値段が下がるとか、とれなすぎたら値段が上がるって事?」
と聞いてきた。
「そうそう!まさにそれ!」

2年くらい前から、都度、需要と供給の関係については子供のわかる話でしてきた。
野菜がとれすぎたりすると値段が下がるから捨てられたりするという話もしてきた。
そういう話を都度してきたので、息子の頭の中には需要と供給の仕組みの基礎のイメージが完全ではないけれど出来上がっているのだと思った。

何度も何度も需要と供給の話はしてきている。
息子が年中の頃は妖怪ウォッチの腕時計の供給数が少なくて、値上がりしていて定価で買える店を探したり、一昨年のクリスマスシーズンはスプラトゥーンのamiiboが普通の値段で買えなくなっていたことでサンタにもらえなかったり、というリアルな現象を体験しているので、より具体的にイメージできるのだと思う。

その辺の話と、農作物の収穫量の話がきちんと結びついているのは面白いなと思う。
都度、説明してあげていれば子供もいつの間にか理解できるようになっていくものだ。
ある日教科書に、「株式とは」とか「米相場とは」と出てきても一瞬で忘れてしまうかもしれないが、日頃からそういう話をしてあげていれば、概念を自然に理解できるし、この概念を理解していれば、さらなる想像に繋げられるのではないかと考えている。

実際、息子の頭の中に、いい感じで流れが出来上がってきている。
一度話したから覚えているという事は少ないので、何度も何度も初めて話すかのように話してあげるのが良いだろう。


人気ブログランキング
よろしくお願いします!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 01:31|PermalinkComments(0)

2017年01月07日

塗り絵の好きな息子に塗り絵のテクニックを伝授



塗り絵好きな息子に、上手に塗っているように見えるテクニックを教えた。
この上のウサぴょんはその塗り方で塗らせた。(まだ途中だが)






ちなみにこの上の写真のエモンガとジバニャンはもともと息子が学童で塗ったもの。
独特な色合いで塗ったり、不思議なところで色を切り替えたりするのが好きなよう。
私は紫色が好きなのでこの色の組み合わせは嬉しいもの。(笑)
だが、なんか勿体ない感じがするのだ。綺麗に塗っているのに。。。





今回教えたテクニックは単純にテクニックと言っても上記のように縁取りを強くするだけ。
こんな事ある時期になったら女の子は普通にやっている塗り方だ。

でも、これをやるだけで絵がうまく見えるから不思議。 
意外と色塗りにしてもお絵描きにしてもコツを掴んでいればうまくできるもの。

息子のお絵描きはまだそのまま放置しているが、本人が描くのが好きでうまくなりたいという要望があればいつでも応えようと思っている。塗り絵は本人が塗るのが好きで、綺麗に塗るという事がある程度できて、やり方を教えたら一気にうまく見せられそうと思ったのでテクニックを教えた。
お絵描きはまだその域にまで到達していないので、あまり口出しはしないようにしている。(うまくないのだが)

私は美大卒なのだが、元々子供の頃から絵を描くのが好きだった。
写生はうまかったのだが、色塗りがずーっとイマイチだった。
小4の担任の先生がすごい先生で、運動音痴だった私が逆上がり、二重跳びなどどんどんできるようにしてくれ、さらに絵の指導も良かったので、塗り方や物の色を見る見方を教えてくれた。
そこで初めて私の色塗りのレベルが上がったのだった。

自分の親にはいつも
「あんたは、描くのは上手いのに色塗りがね〜」とダメな部分だけ強調されていた気がする。
今になると、「じゃあ、綺麗にうまく見える方法を教えてくれ!」と思うわけだ。

それで、自分の子供には本人が望むなら早くからコツを教えてあげたほうが塗る楽しさをもっと知れるだろうと思い早々と塗り方を伝授した。
と言っても、まだ1段階目。これが完成したら、グラデーション塗りや重ね塗りなど教えてあげようと思っている。

いい絵を描く方法は教えられるかわからないけど、うまく描くコツなら教えられる自信がある。
息子が中学生くらいになって、その時美術の内申点とかが仮に必要で本人も望んでいるならば、絵をうまく描くための指導をしようかと思っている。

絵にはコツがあるので、単に「うまく」描かせようという指導をすれば、うまく描かせる自信が自分にはある。デッサンの仕方、塗り方(色鉛筆、クレヨン、水彩、油)、構図など私が子供の頃から好きで研究してきたところと、美大受験で学んだことを合わせると(特に構図や遠近感など)知っていれば「上手な絵」は描かせること可能だろう。特に美大受験は短時間で仕上げるという厳しい条件があるので、効率的にならざるをえない。私は効率化が好きなので道具の特質などを理解してそれを使い分ける事で短時間で手数がたくさん入っているように見せる方法などを取るようにしていた。

そういう目で見ると、息子の塗り絵は惜しいなと思わされるものだったんだろう。

ちなみに子供の頃は漫画絵を描いていたので、デッサンとかにとらわれず、漫画絵をうまく描きたいという要望があるならそれに対する指導はできるなと思っている。(笑)


人気ブログランキング
こちらもお願い致します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 09:18|PermalinkComments(0)
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文