親子で学ぶ

2016年06月02日

「自分からどんどん勉強する子になる方法」杉渕 鐵良

自分からどんどん勉強する子になる方法




を数ヶ月前読んだのだが、改めて読み返してみた。
数ヶ月前に読んだ時は息子が年長だったので、共感して終わりだったが、小学校が始まってから改めて読むと「そうそう!」と更に納得する事が多い。

この本の一番共感できるのはやはり「楽しくないと勉強はできない」「親が一緒に子供と勉強する」「親が勉強を楽しむ」というところ。
私が考えていることと同じだった。
なので、改めて「親も見ているだけではなくて、子供が勉強している間、競争したりするのがいいな」と実践し始めた。

とにかく勉強は楽しくない、辛いというのが一番良くないことだ。
この著者は学校の先生にもかかわらず、自分の子が学校の宿題でやりたがらないので、一問だけはやらせて、他は親である自分がやってあげたことが何度もあったそうだ。イヤイヤやって勉強嫌いになるくらいなら親がやってあげたほうがよっぽどいいと。
共感する。

また、「苦手は早めに克服しておいたほうがいい」というのも共感。
「苦手なことよりも得意なものを伸ばせ」と一般的に言うけれど、小学生のうちは苦手を作っちゃダメだと私は考えている。それは小学生の勉強はすべての基礎だから。
ここで、つまづくと次に進めないし、その分野を捨てるということになりかねない。

苦手なものはゆっくり無理せず苦しくならないように克服する。
そのためにはやはり予習までとは言わなくとも少しだけ早くやらせてみて苦手そうなら早いうちから負荷がかからないように早いうちに手を打つ。

苦手な事を何十分も何時間もやらないといけないのは辛すぎて苦手なものがますます嫌いになる。
授業でわからないとわからないので集中力が持たなくなる。そしてやらなくなりますます苦手になる。
悪循環だ。

受験を控えた1年間など、点数を伸ばす必要のある時期であれば「苦手なものより得意なものをやる」というのがいいと思う。「苦手なもの」と「得意なもの」どっちを取るかはその時々によるので、一概にどちらを優先すべきとは言い難い。
中学校などの定期テストの場合は、得意なものはやるとしても苦手なものを集中的にやったほうが5教科の合計点は上がるだろうし。その辺はその時々だろう。

この本はkindle版だと605円(2016年6月現在)でかなり安く買えることもあるしおすすめ。
ターゲットは
・勉強嫌いになっている子の親
・子供が低学年の親
・子供が中学生くらいで、勉強離れしてしまい半ば手遅れみたいになっている親

あたりかなと考えている。
きっちりやることができている親子には物足りないかもしれない。

後、私がこの手の本を読んで意識しているのは書いた人がどこよりか?だ。
大体は、学校の先生、子育てに成功したお母さん、塾の先生と3パターンなのだが、それぞれ目線が違うのでそれを意識する必要がある。

特に学校の先生や塾の先生がこれらの家庭での取り組みに対して述べている場合、それを家でできるか?と言うと、親子の関係が良くないと難しかったり、親の言う事を聞かない子だと効果がなかったりする。著者のやり方には一理あるのだが、そこに向かわせるまでが親だと難しい場合もある。

書いている事をやらせる事がまず難しいので、そこは別に考えていく必要がある。

その面に関しては成功したお母さんの本を参考にするのもよいだろう。
ただ、これも鵜呑みにはできない。子供の性格や旦那さんの協力や世帯収入など色々違うので、参考にならない事もある。

結局、自分の家でもできそうで続けられそうなものをやっていくのが大変なのだ。そこをなんとかしていく仕組みがあればなあと思う。


◆関連記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 01:35|PermalinkComments(0)

2016年05月30日

親も一緒に取り組む① 今日の一文

親も一緒に取り組む①

今日の一文。

同じダイアリーを使用し、書く内容は息子が読みたくなるような内容を漢字を使って書く。
そして、一緒に読む。

書く内容として選んだのは、息子と娘の昨日頑張った事、よかった事。
これなら息子も読みたくなるだろうし、褒められてやる気も出るだろう。
 
今日は意識しなかったが、明日からはきちんとした日本語の文章になるよう意識しようと思う。
 




一緒にやる事で、つまらなくなるのを防止する。むしろ楽しくやるための取り組み。
最近改めて読んだ本の影響で「親も一緒にやるのが良い」というのを実践する。
自分自身もそう前から思っていたし、やるようにしてきたけど、最近子供が一人でやれるからとまかせてしまっていた。これは良くないなと思って早速実行。

ちなみに今日の一文というのは、年長の8月ごろからやらせている、日記かやりたい事、他書きたい事を毎日書かせているもの。

続ける事で、文章を書くのに慣れさせる目的がある。 
最初は「何書いていいかわからない」と困っており、しかもこだわりの強い子なので私が「こういうのは?」と提案しても「いやだ」となかなか受け入れてくれなかった。
それで時間もかかったし、大変だったが、今はすぐに何かを書く。

うんちの絵を描いて終わりの時もあるし、そういう下品な事を書く日もある。
真面目にいやだった事を書くこともあるし、食べたいものを書いたりすることもある。
とにかく最近は一瞬で思いついた事を書けるようになったので毎日続けて本当に良かったと思っている。

自分が文章を書くのが子供の頃は本当に苦手だったので息子がそうならないようにと書かせることにした。なぜ文章が書けないか?色んな理由の子がいると思うが、私は単に「恥ずかしかったから」だ。
「下手くそ」と思われるのが怖かったし(特に母親に)、だから小4くらいまでは母親に作文は泣きながら書いてもらっていた。

作文は他の人のを読めないので自分は自分の文章に勝手に劣等感を持っていたのだが、本当に作文が苦手な男子の作文を小5くらいの時に読んでしまった時、衝撃を受けた。
「あ、私そこまで作文下手じゃないかも。」と。
それで何かがきっかけで自力である時からは書くようになった。

とにかく、作文はまずは適当でも嘘でも何でもいいから自然に思ったことを書けるようにするのが大事だと思う。それを思って生まれた毎日の息子の日課だ。


 ◆関連記事


 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:17|PermalinkComments(0)
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文