小学生

2017年09月25日

小学校って行く価値がある場所だなと思う

「学校って、行かなくてもよくない?」って思ったこともあるけれど、実際息子を小学校に入れて1年半も経つと、すごく行く意味のある場所だなと感じる。

もちろん、本当に学校が合わない子もいるから全ての人にとって行く意味があるとは思っていない。

ただ、息子のように学校を楽しめないタイプの子でも行く価値が十分にあるなと1年半通ってみて改めて思った。
その理由は下記。


■人間関係に関して

・先生(学校)の目のある中、凶暴な子の暴力がもれなく受けられる
・先生(学校)の目のある中、嫌なことをされる
・先生(学校)の目のある中、いろんな子と出会い、関われる


■学習面に関して

・ある程度得意なものは1年経つと「得意」と認識できるようになり、自信がつく
・苦手なものがわかってくるので努力しなければいけないという焦りが生まれる


人間関係に関してだが、保育園は20人程度のクラス。
しかも小さい時から知っている友達ばかり。
ところが小学校になると得体の知れない子がたくさんいる。

小学生男子は幼稚なのでやはり凶暴。
今まで叩かれたこともあまりなかった息子が叩かれたり、嫌なこと(いたずらレベル)をされたりするのが日常茶飯事だ。
息子は嫌な事があると私に逐一愚痴るので良いのかもしれないが、大体やられた時は先生が見ていてくれ話し合いの場を持ってくれ、暴力は良くないと暴力を振るった方は確実に注意される。

まあ、息子が正論を言って相手を傷つけて暴力を振るわれるという事がきっと多いのだろうけど。(笑)
息子はやり返さないので(やり返すことを幼稚であると思っているため)、私が
「やり返せばいいじゃん!」と言ってもそんな事はしたくないという。
(やり返すはいいことではないけど、本当に困ったら見せつけないといけない場面もあるでしょう)

何か先生が見落としていた怪我などがあっても、連絡帳に「ご相談」という形で、
「こんなことがあったと聞いたのですが。息子からの話も事実とは限らないのでご確認いただけますでしょうか。」
と事実確認をお願いし、
「息子に非があればご指導お願いいたします」
とも伝えておく。

するときちんと先生が話し合いの場を設けて解決してくれる。
他のクラスや学年の子の場合もきちんと指導してくれる。

学校によって違うのかもしれないが、うちの公立小学校はそういうところが徹底している。
保護者会でも
「何でもすぐに聞いてください!」
というオープンな姿勢で、更に
「担任に相談できないことであれば他の先生にでも構いません」
と学年の保護者会でも言われている。

学校によってはここまでしてくれない閉鎖的なところもあるかもしれないのでそこは何とも言えないが、うちの小学校はそういう面で非常にありがたい。

学校という場があるからいろんな人がいる事を知れる。子供だけでなく先生に関しても。
やはり社会を学べるという場所だなと思うのだ。


もし、息子が学校に行っていなかったら本当に「井の中の蛙大海を知らず」だ。
子供というものが幼稚で暴力を振るう事も知らなかっただろうし、自分の正論が人を傷つけているということも知らなかっただろう。

そんな状態でいざ子供だけの遊びなどをした場合、大きなトラブルが起こるに違いない。

もちろん、そこにいた子が全て落ち着いた子や理性の働く子ならそんなこと起こらないのだけれど。
子供なだけにまだそこの発達状況は個人差がある。

やはり、学校は社会に出る前の練習の場というか、当然人を傷つけ傷つけられが日常的に発生する。
それは小さい頃に経験する方がいいに決まっているわけで、先生の目があり、何かあれば第三者である先生に確認出来る状況というのは素晴らしい場だと思う。



次は学習面に関して。

入学当初は良く分からなかった周りの子達と自分の能力の差、1年も経つと大体わかってくるものだ。
コツコツやるべき事をやっていた子は自分の優位性を知り自信に繋げられる。
また、他の人よりできない事は顕著に分かり始める。できない事に関してはもちろんケアしていかないといけないのだが、「やらなくてもいいんだ」と思っていた子も「このままではまずいんだ」という気持ちに変わるのが良い。

特に「やらなくてもいいじゃん」と思っていた事が「やらなければならない事」だとわかる事は大きいと思う。親の力じゃどうにもならない事もあるわけで、学校の協力があるのとないのとでは違ってくる。

嫌な事からひたすら逃げようとする子がいる。
嫌な事と言っても他の子にとっては普通である授業だったり。
我慢が全くできない子がいる。
それは息子からの話と学校公開を合わせてみれば一目瞭然だ。

こういう子が生まれたのは先天的な要素からか後天的な要素からかはわからないのだが、もはや親がどうにかできるものでもなくなりつつある。
親が先生と協力してどうにかするしかない。

そういう場合も学校という場所は価値のある場所だなと思う。

これからの社会、好きなことだけしていれば生きていけるという話もあるけれどそれが実現できるのはほんの一握り。最低限の知識やルールや姿勢は身につけていかないとやはり人生失敗すると思う。

だって、大人になってお金を稼ぐ場合、基本的にはお客様や雇い主ありきなのだから。
相手も人間なのだから、人間社会の基本がわからなければ疎外される。

中学校から登校拒否だので学校へ行かなくなるのはまだ分かるのだが、小学校は本当に最低限のことを学ぶところだからせめて最初の3年間くらいは行く方が良さそうだなと私は考える。
高学年になると、今度は大人の介入できないトラブルなども発生するし嫉妬や恨みなど複雑な感情が発生するので、一概に行った方がいいとも言い切れない。

まあ、できる事ならそこで人間の醜い感情、醜い行動を自分自身から出るものも含めて経験しておく方が後々の人間性にプラスになると思うけれど。
そこは耐えられるレベルまでかなとも思う。

そこで人生ダメにするくらいなら行かない方がいいかとは思う。

というわけで、小学校へ行くこと(特に低学年)は価値があると思っている。


人気ブログランキング

 ★この記事をご覧になった方は下記の記事にも興味を持ってくださっております。

→ 漢字の読みを覚えるのに有効です!


→ 「うちの子本を読まなくて本当困っている」という方にオススメです!


ピアノの練習嫌いな子への効率的なピアノの練習 流れ 苦潰し ピアノ歴1年以上
→ ピアノの練習嫌いな子への処方箋です!是非ご一読を!!ピアノ練習記事は他にもあります!


◆計算カテゴリ 一覧◆
→ 繰り上がりの計算が苦手だった小1の息子が計算得意になるまで試行錯誤を記録


普段から世の中の事を話してあげたり、ニュース番組を見せながら解説するとおのずと覚える国のトップの名前
→ 息子の社会への興味はすごいです!知識もすごく増えつつあります。特別な学習はさせていません。テレビ、本、親の話の活用だけです!どなたでもすぐにできます!!
 「社会」カテゴリーに沢山記事あります!


数字に強い子も強くない子も、使い方次第でとても使える学習漫画「数字に強くなる」
→ ml、時間などの単位の学習のヒントがあります!


自然体験に興味なくても理科好きになれる?「目は2個あるのになんで物は1つしか見えないの?」という子供の疑問に答える為にコレが使えた!
→ 登園途中に咲いている草木から、学べることは多いです。草木だけでなく、影とか月とか。そういうお話をしてあげれば子供は自ずと科学に興味を持っていきます
 
 
反復演習といえば公文式。でも公文式にお任せするなら推奨しない。
→ 安易に公文式をやれば「できるようになる!」とお考えの方、一度お読みいただければと思います! 

英語の早期教育について思う事
→ 0歳6か月から英会話に通わせてます。「日本語がしっかりする前に英語をやるなんてどうなの?」というご意見に対して思う事を書いてます。

◆目次ページ◆ はこちらになります!!
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 12:56|PermalinkComments(0)

2017年01月19日

「あれ、俺、勉強好きかも?!」6年生くらいでそんな自分に気づいてしまう為の仕込み

「あれ、俺、勉強好きかも?!」
6年生くらいでそんな自分に気づいてしまう息子をイメージして、私は今色々な施策を講じている。
第一の大きな目標はこれだ。

勉強が楽しくないと勉強は義務になってしまう。
高校受験の為に勉強する、大学受験の為に勉強するは必要かもしれないが、勉強が好きでもないのに頑張りすぎると折れてしまい、入学後、就職後、勉強をやめてしまう危険性がある。

大学に入ってからこそ、勉強していくべきだと思うし、働き始めてからも勉強は大事だと思う。
自分の母親は「大学は入ってしまえば自由に遊べるところ」みたいに私を洗脳してしまったので、当然私は勉強はしなかったわけだが、すごく今後悔している。

というか、そもそも美術大学で勉強しておけばよかったというよりも、更に遡るが、もし私が高校時代勉強を好きだったら普通の大学を目指していただろうなと思っているので、そこからやり直したいのが正直なところだ。そして普通の大学に入学したらとにかく勉強しておけばよかったと。

よく、勉強好きの人は「あの時こういう先生と出会えていたから、こういう学問に興味を持った」とかそういう話を聞くが、高校に入った時点ですでに勉強する気が無かった自分が悪かったとも思うけど、そういう出会いが私には無かった。

だが、最近思うのはそういう出会いがある人というのは、そもそも何か家庭環境なのか?幼い頃にすでにあった出会いだったり、そういうのを与えられており、そういう人が高校くらいで機会を得られるのかなと思ったりする。

最近読んでいる佐藤優氏の君たちが知っておくべきこと: 未来のエリートとの対話 と言う本があるのだが、これの冒頭部分に佐藤氏が灘高校卒の、高校でも教わらないような素晴らしい面白い授業をする塾の先生との出会いの話があり、私は非常に興味を持った。

というのも、この先生の授業を同じ塾の生徒らは批判し、「もっと(地区で1番の)高校に受かる勉強にしてください」との訴えがあった。それを多数決を取る事で、今後の授業の方針を決めることとなる。

佐藤氏以外は「もっと高校に受かる勉強にしてください」という事を望んでいたのがわかり、受験用の授業だけになってしまったという事だった。
(その後佐藤氏のみ、その先生の特別授業を先生の下宿先で受けられる事となるのだが)

こういう話を聞いた時に、素晴らしい先生に出会う機会があっても、それに気づけない人の方が多いのかもしれないと改めて思ったのだった。
結局のところ、本人が知的好奇心をくすぐる高度な話に興味を示せないと、目の前の素晴らしいチャンスに気づけないということだ。
そして、佐藤氏の通っていた塾生は皆地元のトップ高校を目指すだけの成績にもかかわらず、こんな風に知的好奇心をくすぐる高度な話に興味を示さなかったという事。

つまり、勉強できるかできないか?が、その先の人生でも勉強を自発的に続けていくかどうかには直結しないという事だ。

今は成績を上げるだけなら、お金をかけるか?情報を得られればできてしまう時代だ。


勉強に限らずこれは何に対しても言える事だが。

そう思った時に、やはり、「勉強好きかも?!」と小6くらいで思えるくらいになっていると、それからの人生、勉強が楽しいから苦しむ事もないだろうし、良いチャンスにも恵まれる機会が増えるだろうと思うのだ。

今私はその仕込みを息子にしていると思っている。
だから「勉強つまんない」「勉強嫌い」と言われても
「今に見ていろ!『ざまあみろ!』って息子に言ってやる日が来る」
とそれを夢見て、楽しみながら色々仕込んでいるのだ。

例えば、字だらけの本を読むことにしても息子はなんだかんだ私にうまく乗せられて、
「俺、絵本嫌いだったんだけど、本読むの楽しいわ」
と気づいてしまった瞬間があったのだ。

これは面白かった。
こういう事が息子に関しては多い。

今のコツコツゆる勉をとにかく続けるのが秘策かなと思っている。
それから、ニュースを通して時事問題などを知り、興味を抱かせるのが大事だとも思っている。

また、大体興味関心のアンテナの高い人というのは親か祖父母などの影響が大きい物だなとよく思う。(そうじゃない方もいるとは思うが)
歴史が好きな人というのは祖父が歴史についてたくさん教えてくれたとかよく聞く。
歴史に関して言えば、漫画禁止の家で唯一読ませてもらえた漫画が歴史漫画だったというのもよく聞く。(ただし、歴史漫画を前情報も解説もなく楽しく読める子というのは本が好きだったり、国語が得意な子が多い気もしている)

と、とにかく勉強が楽しいものだったと気づかせる事、勉強が意外と好きだったと気づかせる事、そんな事を長期的な目標として考えている。勉強が好きなら、楽しいなら後からいくらでも追いつける追い越せる。逆に勉強が嫌いなら、大学まで一流のところへ行けたとしても全く別の世界を選ばない限り先は明るくないと私は思っている。

子供の成績に一喜一憂する必要はない。
できないところがあれば年単位で解決していけばいいし、最終的に勉強が楽しいと気づいてもらえればそれでいいと思う。 

そのためには、理科社会的な知識を知る楽しさに気づかせる事。
+ 苦手分野は極限に減らしてあげ、勉強に対するストレスをなくす事。
ストレスさえなければ、コツコツゆる勉する事でレベルは着実に上がる。
レベルが上がれば得意分野が出てくるので、とにかくコツコツゆる勉。

試験の前だけやるというのは、精神的に負荷をかけすぎるので勉強嫌いにしてしまう可能性が高い。
日頃から淡々と少量をこなすゆる勉継続が大事だと考えている。

人気ブログランキング
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 23:23|PermalinkComments(0)

2016年08月20日

絵日記、作文の「どう思ったか?」は「ポジティブな事を書かなくても良いんだよ」と教えたい!

息子の小一夏休みの宿題を見ていて思った。
宿題はドリル以外が7つもあり、そのうち半分くらいが文章を書かせるものだった。

A.絵日記(2枚)
B.お手伝いをやってどう思ったか?(道徳の教科書内)
C.朝顔の花、実の観察
D.読書カード 心に残る場面の絵と文を書く。(文章は本から抜き出す) 

AとBは出来事や事実だけでなく、思った事を書かなければならない。
宿題はさっさと終わらせたかったし、まだ1年生で管理能力もない息子なので、これらの宿題はつきっきりで見てあげた。

1年生から放置でできるならそうしたいが、こう言った内容を出されるとなかなか本人に任せるわけにもいかない。「どうやっていいのか?わからない」と言われてしまうものだ。
見るまでは結構嫌々だった私だが、やはり見てみると色々思わさせられることもあった。
夏休みの宿題は学校で教えて貰えない事を家で教えられる絶好の機会だとある意味思えたのだ。

ただし、親がきちんと見れる場合に限ってだが。

で、私は作文の書けない子でとても苦労したから子供にはそういう思いをさせたくないと思っている。
とはいえ、作文が苦手だったのは小学生の間だけで、中学校に入ってから一気に文章を書けるようになった経験があるので、自分なら子供にどうしたら作文が書けるようになれるか?幾つか伝えられる事がある。

作文がかけない理由
1.文章を書く力が足りない(語彙力含める)
2.何を書いていいのか?わからない。

大きくはこの二つに尽きるだろう。
私の場合、後からわかったが2だった。
文章を書く力が劣っていたわけではなかった。至って普通だった。
だが、「作文」となると何を書いていいか?わからず手が止まった。
授業中、書いているふりをしては消して、終わらないからと持って帰った。

そして、家で泣きついて親に文章を考えてもらう。
この繰り返しだった。

そして、親の前ではああだこうだ言われるのが怖くて、一文も書けなかった。
だから全部文章は親が考えて、それを書き取った。
自分はすごく苦手意識を持っていたからそうせざるをえなかった。
「書き方を教えてくれればよかったのに」とそう思う。

よく、国語の教科書には「作文メモを書こう!」といったページがあるにもかかわらず、実戦では時間がの関係なのか作文メモを書く授業はほとんどなかった。いきなり原稿用紙を配られて書き終わった人からおしまい。これでは上達するわけもないし、できない子は途方に暮れるのみ。
やはり、書き方というのもはきちんと教えてあげたいなと思った。
だから、今回息子には5W1H的なものを質問して、メモがきを残した。これを見ながら文章にした。
とはいえ1年生の宿題レベルだと5W1Hで埋まってしまう感じだ。
なので難しいものはない。

ただ、最後に「どう思ったか?」などを書くのが醍醐味であるので、そこを息子に「どうだった?」と聞いてみると、

「え?これって『楽しかった』とか?そういうの書かないといけないんでしょ?」
と最初から嫌そうな顔をした。

息子は私が中学校の頃に持った疑問のような事をこの歳で突っ込んで聞いてくる。
自分の気持ちに素直な子なのだと思う。だから、きっと楽しくもないのに「楽しかった」と書く事に違和感を覚えるのだろう。だから嫌そうな顔で聞いてきたのだ。

私は
「いや、別に『楽しかった』とか書かなくていいよ。『暑くて喉が渇いた。』とか『疲れた』とかで」
と。
そしたら息子は素直に話を聞いて、そう言った類の感想を述べ、それを書く事になった。

息子のようにネガティブな気持ちばかり出てくる子や何も感じない子に無理に「楽しかった」とか書かせようとするので、作文が書きにくいと思う子が出てくるのだと思う。
もっと、見本の文章などに、こう言ったネガティブな気持ちが書かれているものや、何も思わなかったという感想が書かれている見本があればいいのになと思う。
そういうのがあれば、「こんな風に書いてもいいんだ」と普通に文章を書くことが嫌ではなくなる。

私もずーっと苦手意識があったのだが、それがなくなったのはこう言った類の経験があったからだ。
中1の国語の授業。教科書で「谷川俊太郎」を扱った。その際、若い女の国語の先生が谷川俊太郎の詩集を読んでくれた。そのある意味稚拙な内容の詩集に衝撃を受けた。

「へそのゴマ」

しかも、内容もなんてことない。
あの谷川俊太郎が書いているなんて思えない。
そんな素朴な詩がたくさん収められていた。

その時、
「私、文章書いていいんだ」と思ったのだった。
「こんなことでも書いていいんだ」と。

そして、ちょうどその頃、今までずーっと枯渇していた私の感情も溢れ始めて、家でもノートが手放せなくなった。今考えると、小6の頃からその予兆が出始めており、作文も少しは書けるようになったり、ある部分では先生に褒められるようになっていたりしていたので丁度良いタイミングだったのかもしれない。

小学生のうちは文章の基本と、どんな感情でも素直に表現できるようにする事が大事なのではないかなと思う。先生に気に入られるような模範的な文章を書けるようになる必要はないと思うのだ。
第一、国語の教科書に載っているような文章は完璧すぎる。作り話にも程があるなと思う。起承転結がかなり綺麗に出来ており、だいたい、斜めな感情で入った「私」が「転」で、衝撃を受け、ポジティブになるというような話。現実はそんな面白く出来ていない。(私が子供の頃の教科書の話。現在の教科書については知らない)

だったら、描写に力を入れるとか、ひたすら描写。とことん描写。それで400字埋める。
または、とにかく「やりたくない気持ち」をいろんな角度から書いてみたり、「やりたくない理由」をひたすら掘り下げてみるとか。途中から空想の世界に入ってしまってもいいと思う。
あとは、何もそのテーマについて思い浮かばない今の自分についてひたすら書いてみるとか。

そういうのをやりまくっているうちに、きっと上手な締め方がわかってきたりするものだ。
最初から綺麗にまとめようとか思わなくていいと思うのだ。

ただ、やはり大人のアドバイスがあったりする事で、いろんな締め方を知ってみたりして、文章の向上は続けて欲しいものだ。
そうやって、文章を書く楽しさを知ったり、自分なりのスタイルを追求してみたりに繋がっていけば面白いのではないかと思う。

文章を書くのが楽しくなるようにしてあげたいなと思うところだ。
その為にはやはり、みんなが「先生に怒られるからやらない」と思っているようなものを先生が提示してみるというのが効果的かなと思う。
それは難しいと思うので、まずは親が無理してポジティブな事を書かなくていい事を伝えてあげるのがいいと思う。
また、思い浮かばないのなら、「興味がないから思い浮かばない」とかそういう展開に文章にできるように、語彙力や表現力を上げてあげたりするのが良いのではないか?と思う。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 00:07|PermalinkComments(0)

2016年06月12日

はだしのゲンの紙芝居

今日は図書館ではだしのゲンを息子に読んであげた。
前に下の子と図書館に来た時から気になっていて、息子に読んであげたいなと思っていたのだ。

私の一方的な押しつけにより、紙芝居を見せられた息子だったが、1巻が終わったら「2巻も見る」と自分から探しに紙芝居を探しに行った。
全5巻なのだが、妹のぐずりが限界でなくなく4巻までで今日は終了。また来週、図書館には来る予定があるのでその時に読むことにした。



絵も内容も怖いので息子は怖がるかと思ったが、すごい興味を持っていた。
焼け焦げた人が沢山死んでいる絵があったり、皮膚がただれてゾンビみたいになっている人の絵があったり、絵だからまだ見ていられるといったところだった。

広島に原爆が落ちるのは3巻あたりで、それまではゲンのお父さんが戦争に反対していることで家族全員が周りの人達から嫌がらせを受けたり、兵器工場で働く兄が父が戦争に反対しているため、「非国民」と呼ばれるのが嫌で、家族がいじめを受けるのが嫌で、自ら兵隊になって戦いに行くと覚悟を決めたり、ご飯がないからイナゴを取って食べたり等戦時中の生活がリアルに描かれている。

作者は左翼思想の人だから、行きすぎた表現がないかには注意が必要だが、それでもこれらの話は普通にあった話なんだなと、過去の戦争を自分たちが知るためにも子供に伝えるにはとても良い話だなと思う。

原爆が落ちてからは黒い雨が降ったり、被曝の話が出てくる。日本では東日本大震災の原発のおそろしい事故があった事もあるし、放射能が具体的にどんな影響を及ぼすのか?も分かって良い。

とにかく、小学生くらいになったら一度はこの話を漫画でもアニメでもいいので見るのが良いかと思う。
平和な日本に暮らしていると、戦争の話は非現実的な話なのだが、それが本当にあった話だとわかると大きなショックを受ける。自分も本は嫌いだったけど、戦争の話はもっと知りたいなと思っていた。幼少期に知ると、結構ショックだし、でも、それが世界を知りたいという興味にもつなげられる。

私自身はその先につなげてくれる何かと出会うことがなかったから残念としか言うまでもないのだが、さらにそこから何かにつなげてくれるものと出会うと、もっと知りたいと思い、知への探求へとつながるのだ。そういうものへ導くものの一つとして「戦争」を知る事は有益でもある。

 
小学校教育 ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
educa MaMa saya at 18:15|PermalinkComments(0)
■プロフィール
saya
2児の母、教育ママ、
ワーキングマザー
家事嫌い、改善好き

よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキング


◆目次ページ◆
 
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
ギャラリー
  • 1歳、2歳の子が机に向かって先生の話を聞いてる座ってる衝撃
  • 小学生(4年生)でも1人でできるオンライン英会話(dmm英会話)のやり方 その2
  • 作文力アップのための書き写し 陰山先生のドリルが丁度いい!
  • チャレンジイングリッシュ 一人でできるものが増えてきた
  • 探していたイメージの漢字テストを発見!! 小学漢字1006の書き取りテスト (漢字パーフェクトシリーズ)
  • 小学校の授業だけだと理解するのは大変なのもわかる気がした 理解力のある子以外は予習が肝心!
QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文